寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

ケース。

手帳が交付されたので、ケースを編んでみました。
私の住んでいる街を走るバスは、手帳を提示すると運賃が半額になるのです。
(都営の交通機関は、ICカードのパスを貰ったのでタダです)

でも。
障害の種類によってカバーの色は違いますし、何というか……堂々と見せられないんですよね、色々あって。
なので、つくりました。
材料は、家にあった、100円ショップのレース編みの糸です。
かぎ針を使って鎖編みと細編みと長編みで。

IMG_20180425_195823

バスの運転士さんには、開いて中を見せます。

IMG_20180425_195854

本来の手帳のカバーはどうも外してはいけないようなので、カバーをしたまま入るサイズに仕上げました。
上のポケットには、都営の交通機関のパスを入れています。
下につけた花は、ボタンの方がいいかなあ。
その方が、滑りがいいから、取り外しがしやすいかも。

暫く、このケースで、手帳を持ち歩きます。





交付。

昨日、ポストに手帳交付のお知らせが届いていました。
ああ、やはり交付されたか。
喜んでいいのか、悲しんでいいのか。
でも、使えるものは使わないと今後生きていけない。
そう思いながら、役所に行きました。

3級でした。

都の施設だとか交通機関だとかは無料になるのだとか。
でも、私が住んでいるのは郊外。
バス代が半額になるぐらいの恩恵しかありませんけれども。
それでも、半額になるのはありがたいです。

とりあえず、都心に出て、都の交通機関の恩恵を受けられるように、手続きをして来なくては。

近況。

ある日、上司Cから二時間近くにわたって叱責を受けました。
私も一応言い返しはいたしましたが、その日の夜から胸やけのような症状、フラッシュバック、朝起きたら白目の一部が出血していたり、散々でした。
翌日、定期通院でしたので、主治医にそのことを伝え、頓服薬を処方してもらいました。
そして、数日後。
色んな人が動いてくれて、これはパワハラである、ということになり、上の方がざわざわし始めました。
私の症状は相変わらずではありますが、何とか生きて仕事に行っております。
家では疲れはてて寝ていることも多いです。
辞めたいな、と思うことも多々ありますが、何と言っても飯のタネ。頑張るしかありません。

どうにかなるなら、どうにかしたい。
でも、どうしていいのか分からない。

何とか、いい方向に向かうといいなと思っています。

でもさ、何にもやる気が起きないんですよね。
好きな本も今は読めません。
雑誌もページめくるのが面倒で。


耐えるしかないよなー、これは。
手帳来たら、少しは状況変わるかな。


近況。

一月。

9月に太極拳を辞めて、習い事は今は和裁(行ったり行かなかったり)とピアノです。
体力は落ちているかも知れませんが、気持ちはだいぶ楽になりました。
「○○しなければならない」ものが1つ減ったのは大きかったです。
──とは、言うものの。
主治医が「低いよね」と言う程度には只今精神は低空飛行です。
それなのに乗り鉄ならぬ乗り飛行機に行ってしまって……更に同じ日にカラーボックスを2つ組み立てて、本の入れ替えと片付けをした結果。見事にズドンと落ちました。
仕事は「勝手知ったるなんとやら」なので、とりあえず、遅刻も欠勤もせずに行けております。起きるのは……難儀してるけど。


二月。

相変わらずの低空飛行。お薬調整。
でも来月初めに模造紙14枚のお絵描きの締切があります。
辛いです。終わるのかな、これ。
そして、メル○リ中毒になる。
手帳の申請を出しました。


三月。

イベント終わったら、また別のお絵描きの締切が迫ってきました。
その合間をぬって、ピアノの練習したり、伯父の葬儀関連に出たり、偉い人との飲み会に出たり。
10年以上買ってなかった服飾関係の雑誌を買ってみたり。靴やスカート(!)を買ってみたり。相変わらずメル○リ見てたり。
確定申告行ったり。
何と言うか、春眠の暁。
起きるのがとにかく大変。花粉もやって来ました。


とりあえず、生きてます。




モヘアのセーター、その2。

今季二枚目は、この前編んだ糸と色違いの茶色を用いて、太い針でざっくりと編みました。
大晦日の夕方から編み始め、10日くらいで水通しまで終わりました。
もう一枚、編みたいけど……多分今季は無理だな。

DSC_0316



参考文献:『DARUMA PATTERN BOOK 1』横田株式会社,2016年,44―45頁,52頁。
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ