寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

2006年07月

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

唐茄子屋

新宿、夜席。
寄り道したので、今日も途中から入場。

Dー51:コント「お芝居婆さん」
平治:馬のす
柳桜:粗忽長屋
健二郎:太神楽
楽輔:風呂敷
夢太朗:目黒のさんま
小天華:奇術
歌春:鮑のし
遊三:たがや
中入り
柳好:看板のピン
ひでや・やすこ:漫才(夫婦がお互いにほめ合う話)
左円馬:青菜
栄馬:茄子娘
うめ吉:俗曲
    踊り「潮来出島」
小柳枝:唐茄子屋

たがや、青菜、茄子娘、唐茄子屋と夏の噺が続き、今日は外が暑かったからだろうか、物凄く清涼感が漂う寄席だった。帰り道、清々しくて、しかも暫く「とぉなすや、とぉなす~」という売り声が頭から消えなかった。
入場直後は、このところの鬱悪化の影響から、予定通りぼ~っとして聴いていたのだが、次第にのめり込めるようになり、歌春さんの「鮑のし」の頃にはすっかりケラケラ笑えるようになっていた。
そして、終わった後の清涼感。聴きに行って良かった、とつくづく思った。また来月行けるといいな。
それにしても。左円馬さんが年中花粉症で高座にトイレットペーパーを持って来ていたのにはびっくり。大変だなあ。

室内履き五日目


ストラップとボタンをつけました。
出来上がりです

参考文献『小さな編み物レッスン』

次は何を編もうかな。

室内履き四日目


両方の底と甲、ストラップが編めました
あとはストラップを縫いつけて、ボタンをつければ出来上がりです
やはり糸がかなり余りました
にしようっと

室内履き三日目


もう片方の底と甲につけるストラップを編みました
明日は残りの甲を編みます。私のは小さいので、糸が結構余る気がします

反対俥

「笑いが一番」を見た。寄席で見たことがあるコントDー51さんや瀧川鯉朝さんが出ていた。
Dー51さんは「お芝居婆さん」。リフォーム業者さんのやつは私は初めて見た。何故か私が見るときはお巡りさんとか郵便屋さんとか…ううむ、リフォーム業者とは 他にもバリエーションありそう。お婆さんのカツラについてた髪飾りがまた…仕様かなあ
鯉朝さんは「反対俥」。この間の彦いちさんの二台目の俥も凄かったが、鯉朝さんの俥も…横向きになったり後ろ向きになったり一周したり。何でも膝を痛めたとか、あわや新宿を出入り禁止になりかけたとか。出入り禁止はともかく、膝は痛めるだろうな、と思った でも見ているこっちは楽しい サゲも今まで私が聴いたことのないものだった。
今度は誰の「反対俥」が見られるかな

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ