寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

2010年05月

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

風邪っぴきな1週間。

1日目。

数日の間風邪を疑っていたところ、朝から喉の痛み。声が出ない。
次の週に出張を控えていたのもあって、とりあえず仕事を休む。
病院と接骨院をハシゴして家で寝て過ごす。

2日目。

マスクつけて仕事。
声は出るようになったが、時折咳。

3日目。

朝から何故か眼鏡を忘れ、午後から下す。
仕事帰りに鍼を打ったらあっさり発熱。咳が増える。
食欲なし。でも無理矢理食べる。
夜は頭痛で苦しむ。

4日目。

微熱。咳。
仕事を休んで寝る。
昼間は食欲なし。夕方くらいから食べたい気持ちが出て来る。

5日目。

平熱に戻る。
食欲も戻るが咳はそのまま。
休みなのをいいことに横になって過ごす。

6日目。

出勤途中、他人の整髪料だか香水だかの匂いに吐き気。
ついでに乗り物酔い。
慌てて電車は途中下車。
酔い止めを飲み、こまめに電車を降りながら必死に出勤。ギリギリ間に合う。

7日目。

前日の通勤で疲れ果て、仕事が午後からなのをいいことに午前中は寝る。
お陰で午後からは動けるようになる。

8日目。

出張。
咳は多少出るものの、至って普通に仕事をする。



で。
2週間近く経った今は洟が止まりません。

ティッシュとお友達。



雨が降る前に。

仕事で建築中の電波塔を見に行きました。


まずは川を挟んで対岸にあるお寺にお参り。



只今、本堂は改修工事の真っ只中。



お昼はカウンターだけの小さなステーキ屋さんでお勧めのオムライスを頂きました。
お味噌汁が牛肉入りでお肉の出汁がきいていて油膜で冷めにくく、いつまでも熱々。
美味でした。
散策がてら演芸場の近くで御煎餅を買ってから、いよいよ建築中の電波塔へ。



大きな通りをてくてく歩いて、暫くすると最早観光地と化した建築現場。
現在389m。




雨がぽつぽつ降ったり止んだりし始めたので、目の前の駅から電車に乗って帰りました。


舌は火傷したけれど、外は暑くもなく寒くもなく、雨にも降られず、歩くには丁度いい日でした。

数十年振りに滑り台で遊んでしまう程浮かれていたのは……ちょっとテンション上がり過ぎだったと反省しています。



ポスターカラー。

持ち帰り仕事で時々縫い物やお絵描きや工作のようなことをするのですが、その度に部屋がとっ散らかって泥棒も入るのを躊躇うのではないかと思うような状態になります。
で、一度部屋が荒れ狂うと掃除するのが嫌になって放置するのですが、昨夜、やっと重い腰を上げて片付けました。


さて、今回はお絵描きの残骸。



愛用しているのは主にター〇ーのポスターカラー。
足りない色はニッ〇ーで補っています。
(色を混ぜるのが面倒で……)
瓶で買えばいいのに、ついチューブばかり買ってしまいます。

上司にはアクリルを勧められるのですが、上司のお宅でカチンコチンに固まって痩せ細った使い古しの絵筆を見てから、アクリルは扱い辛そう……と思ってしまって、結局ポスターカラーばかり使ってます。

パレットは小学校時代のもの。
彩色筆は中学の時のもの。
平筆とバケツは10年選手です。

ちなみに、タ〇ナーのポスターカラーも中学の時に使っていたものを買い足して、今に至っています。
私が行く画材屋さんで一番安いのがター〇ーなので、タ〇ナーばっかりです。
(100円ショップの画材は怖い……)


画材達、来月まで暫しの休息。



睡眠時間。

先月、睡眠時間を記録するサイトに登録してみました。

仕事に行くのは昼間ですから寝るのは大概夜で、あとは通勤時間や帰宅後の昼寝で補うのですが、寝てる(と思う)割には眠いと感じるのは何故かと不思議に思ったからです。

早速記録してみました。
すると。
朝から仕事に行く日は大体4時間睡眠。
午後から仕事の日は10時間睡眠。
休みの日は8時間睡眠。

……そりゃ眠いわ。

4時間だと寝不足、10時間だと寝過ぎだもん。
寝不足の日は多分限られた時間内に睡眠をとらねばならないというストレスから眠れなくなってるのだろうとは以前から思っていた訳ですが。
これを休日や午後から仕事の日に寝溜めして補っているのではないかと。(少々寝過ぎな気がしますが)
何とも分かり易い結果が出てしまいました。

とにかく、出来るだけ早い時間に布団に入ろうと思います。




再開。

GW前、役所で受給者証再開の手続きに行って来ました。
医師の診断書と保険証のコピーを手に、課税証書を発行して貰って、いよいよ障害福祉課へ。
窓口は空いてました。
職員さんの指示に従って申請書に必要事項を書き込み、数分。
本物の受給者証は1ヶ月後に郵送ですが、控えはすぐに頂けます。
私の病院は控えがあれば受給者証と同じ金額で診察も薬も貰えます。
自立支援は1割負担。
国保は3割負担ですから、この差はかなり大きいです。
診断書料などすぐに取り返せます。
おそらく投薬はまた年単位になりますから、医療補助は受けられるに越したことはありません。



うう。

何で脳内物質少ないかなあ。

医者にかからない程度の量があればいいのになあ。



月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ