寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

2013年08月

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

近況。

年金、国保、各種会費……気がつくとお金の計算ばかりしています。
秋ぐらいまではひたすらあちこち払込み。
収入大幅減なのが影響しているのは間違いないけれど、去年まで何も考えずに払えていたのが逆に凄い。
今までだって収入が人並み外れて低かったのに。
10月まではあんまり貯金が出来ないけど我慢。
カフェにも殆ど入れないけど我慢。
そう自分に言い聞かせながら、図書館に通い、たまに映画を見に行ってます。
鉄道旅は来年に持ち越し……の予定が、どうやら秋に行くことになりそうです。廃線になる江差線と海峡線の竜飛海底駅が目当てなんですが。


畑仕事は週1日ペースです。
日曜日、朝4時半から作業し、朝食前には引き上げます。
改めて蒔いたダイズは今度はちゃんと発芽して、順調に育っています。
トマトは大量にとれるので、この前、ニンニクとバジルを入れてトマトソースを作りました。ソースは瓶に入れて冷蔵庫に保存。
農作業は腰が痛くなるのが困ります。ストレッチやってるのに。足りないのかなあ。


他県に住む友人と1年振りに会いました。
昼から喋り始めて、気がついたら日が沈んでいました。
「毎日楽しんでるんだね」
そう友人に言われて、はたと気づきました。
そうか、何やかんやあるけど、私は毎日楽しいのかも知れない。
収入は少ないけど。
人並みに仕事は出来ないけど。
持病もあるけど。
でも。

何だか嬉しくなりました。


傍観者・参:荒れ模様。

今月から新しい上司がやって来ました(奇跡的!)。
歳は私よりも少し下らしいですが、今まで同じような業界で働いて来られた方で、所帯持ち。
よくうちみたいな小さな組織に入ったもんだ。
でも、前の上司(今は名誉職)が引っ張って来たというのが引っかかりましたが(ことごとく衝突して辞めている)、何はともあれ、ちゃんとした管理職がいるのは助かります。
仕事の様子を見ていても何の問題もないようで、ありがたい実にありがたい、と思いました。
つつがなく初日が終わり――かけた、その日の夕方。
新しい上司の奥様がお子さんを連れてお見えになりました。
まだ業務は終わっておらず、お客もいます。
奥様、こちらに何も言わずにお子さんをスタッフルームに押し込んでお帰りになりました。
その場にいた人間はみなポカーン(゜_゜)
御主人たる上司が慌てて様子を見に行きました。
お陰で、お客はこちらに気をつかったのか早々と帰り(これはまずい)、しかもお客が帰る直前にスタッフルームから子供が出て来てしまいました。心細かったのでしょう。
で――その数分後。
お客がいなくなった瞬間に、子供は「パパ、これやっていい?」と職場の備品で遊び出したのです。
他のスタッフ、またもポカーン(゜д゜)
お父さんはというと。
「すいません、今日(奥様が)会議になったみたいで、学童終わっちゃって、それで連れて来たみたいで……」
子供が、「会議、会議」と囃し立てます。

……うん、キレそうだ。

でも、大人になった私は暴れもせず、淡々と業務をこなして帰りました。
子供とはあえて目を合わせませんでした。
他のスタッフで、うっかり相手をした為に遊び相手として認識された人間がいましたから。


で、1週間後。
奥様、またもや子供を放り込んでお帰りになりました。
毎週木曜日はこちらに子供を預ける日になったんだな、きっと。
先週よりは大人しかったけど。
私は相変わらず相手をしない方向でやっておりますが(でないと業務が進まない)、他のスタッフが(よせばいいのに)相手をしています。
私がちょっと注意したら「怒られちゃった?」とか言う奴までいるし。
いいけどさ、子供が大人の話に口をはさみたがるのにロクなことはないぞ。
そもそも、守秘義務がある職場に普通に子供を連れて来る親も親だけども。


心穏やかに仕事をする、という望みは贅沢なことなのかしら。



月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ