寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

2014年04月

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

脳味噌とその周辺。

薬を1つ切ってからまた起床時間がずれて来ました。急に寒くなったからかな。寝ても寝足りないのです。
就寝時間を前倒しにしているのですが。
寝る時間と起きる時間は一定に、規則正しい生活を心がけて下さい、と言われたけど。
これは根性で起きろってことだろうか。頑張れる……かなあ。
そして疲れ易いんだよなあ。頓服飲まずにやり過ごしてるけど。
動いたり休んだり(脳味噌も含む)の加減が難しいです。


今度のお医者さんは話をよく聞いて下さるのでありがたいのですが、職場での私の様子をやけに聞いて来る気がします。
問われた私としては、周囲にアンテナを張っているけど特にクレームは入って来ない、としか答えられず、正直困ってしまうのですが(自分がどんなかは自分ではよく分かりませんしね)、まあ仕事柄聞かなければならないんだろうなあ、と思ってみたり。
多分、私が前のお医者さんと話をしてなかったというだけの話で、本来精神科の診察はこんな感じなんでしょうね。ただ薬をくれるだけではないことに慣れないとね、私も。


職場で、空気読め!少しは自らを責めろ!やる気出せ!と上司に陰で言われている人を見ると、ちょっと同情します。
だって不器用なのは、情報をいっぺんに入れて瞬時に処理するのが苦手なのは、仕方ないじゃんねえ、自分なりには一生懸命にやってるのは見ていたら分かるしさあ、上司がやり方変えなきゃ駄目だよねえ。ギアチェンジしようにもギアがなくてこれから作らなきゃいけないんだから、とりあえず出来る人がギアチェンジしないとねえ、と腹の中で呟きながら、表面的には家政婦役の市原〇子のような態度をとってみる。

さて、どうなるか。




赤いブバリア。

いい加減スターチスから変えないと、と思いながらもなかなか花屋さんに行けずにいました。
否、入れずにいたのです。
というのも、店の前を通る度に、品数が少ないことを憂いていたからです。
今日は覚悟を決めて入店。
考えた挙句、ブバリアにしました。



まだ蕾だらけの小さな花。
満開になるのが楽しみです。



再診。

転院して2度目の通院。
初診は都合のいい時間に予約がとれなくて有休をとりましたが、2回目は夕方に予約がとれたので仕事帰りに病院に寄りました。
初診ほど長時間ではありませんが、どんな感じか話すことが出来ました。
寝つきが良くなったこと。
朝起きられるようになったこと。
急に掃除をし始めたこと。
今週入ったら悪夢のせいか寝足りないと感じるようになったこと。
昨日今日は色々やり過ぎて疲れたのか、短時間だが泣きそうになったこと。
まだ頓服には手をつけていないこと。
で、結果としては、SSRIと呼ばれる類いの薬を切ってみよう、ということになりました。
私の場合、その薬を飲んでも、気分の安定という観点からはあんまり効果を上げていない、それどころか波を大きくしている気がする、とのことで。

やった! 薬が1つ減った!

ずっと飲んでいた薬なので、切ることに不安と言えば不安ですけど。
大丈夫だといいな。



近況。

薬が効いているのか或いは単に調子がいいのか、日付が変わる前には眠り、遅くとも8時には起きて窓を開け、ジャズのCDをかけ、時間があれば布団を干したり掃除したり花の水を換えたりして、更に時間が余れば本を読んだり……といった実に健康的な生活を送っています。
朝に薬を飲むようになった為、朝御飯もきっちり食べています。(でも薬は飲み忘れる)
気分も上がり過ぎることもなく、フラットな感じです。
眠れなくて寝床でつい携帯やiPodを弄ったりすることもなくなりました。
寝る前にケイト・ブッシュを聴きながら次の日の準備をしたり図書館で借りた本(物語は読めないので実用書)を少し読んだり。布団をかぶって目を瞑っていれば気がついたら朝になっていて、しっかり眠った感覚もあります。
いや、実にありがたい。お陰で疲れも取れるってものです。
このまま穏やかに過ごせたらいいなあ。


老父が今度こそリタイアして帰国。2年振りに家に戻って参りました。
現在、トランクとその中身を客間にドバッと広げて、茶の間での私の定位置を奪い、妹君をパソコン部屋から追い出し、テレビを見ながら約20℃の気温差に身体が慣れずに寒い寒いと呟いております。
タイの食事は味が同じで飽きた、日本の飯はうまい、と言った為に母上だけは御機嫌です。
犬も父上のことを忘れていなかったようで、吠えもせず、少しだけ尻尾を振って即昼寝。
とりあえず、父上がいることに慣れないといけないんだよなあ、と私は溜息をついております。




転院。

持病の病院を変えました。
予約の電話を入れて1ヶ月後、やっと初診と相成りました。
今度のお医者さんは話をよく聞いて下さるタイプの方で、私の方も病歴や症状等を細かく言うことが出来ました。
で、結果としては病名が変わってしまいました。

双極性障害(躁鬱病)。
自閉症スペクトラム(そう診断するには及ばない程度だが)に属しているかも知れない。

躁鬱かあ……発達障害ってのも……そうかも。
ああやっぱりそうだったか、という感じでした。
で、薬が増えてしまった(笑)
でも、これで気分に左右される生活から少しでも平穏になれるなら、その方がいい。
親には、という訳だから私の結婚は諦めてくれ、と言ってしまいましたけど。(遺伝するので)


さて、明日は仕事。
頑張る。


(4/5 ちょっと訂正を入れました。)

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ