寝たり起きたり

ぼーっと生きてます。

編み物三昧

寝て、起きて。できるだけ、やれるだけ。でも呑気にいきたい。

ケース。

手帳が交付されたので、ケースを編んでみました。
私の住んでいる街を走るバスは、手帳を提示すると運賃が半額になるのです。
(都営の交通機関は、ICカードのパスを貰ったのでタダです)

でも。
障害の種類によってカバーの色は違いますし、何というか……堂々と見せられないんですよね、色々あって。
なので、つくりました。
材料は、家にあった、100円ショップのレース編みの糸です。
かぎ針を使って鎖編みと細編みと長編みで。

IMG_20180425_195823

バスの運転士さんには、開いて中を見せます。

IMG_20180425_195854

本来の手帳のカバーはどうも外してはいけないようなので、カバーをしたまま入るサイズに仕上げました。
上のポケットには、都営の交通機関のパスを入れています。
下につけた花は、ボタンの方がいいかなあ。
その方が、滑りがいいから、取り外しがしやすいかも。

暫く、このケースで、手帳を持ち歩きます。





モヘアのセーター、その2。

今季二枚目は、この前編んだ糸と色違いの茶色を用いて、太い針でざっくりと編みました。
大晦日の夕方から編み始め、10日くらいで水通しまで終わりました。
もう一枚、編みたいけど……多分今季は無理だな。

DSC_0316



参考文献:『DARUMA PATTERN BOOK 1』横田株式会社,2016年,44―45頁,52頁。

モヘアのセーター。

冬から編んでいて、夏の間中断していたセーターが編み上がりました。
モヘアなので、軽いです。
流行遅れな形かもしれないけど、まあいいか。

[画像:37c3ea75-s.jpg]

参考文献:michiyo『michiyoの編み物ワークショップ』文化出版局,2014年,54―55頁。





麻の帽子。

以前、チェンマイのナイトバザールで購入した麻の中細糸で帽子を編みました。
途中で編むのが嫌になって1年くらい放置しましたが、何とか上がりました。






夏にぎりぎり間に合ったかな。





参考文献:michiyo『デイリーからおめかしまで 大人かわいいニットのふだん着』文化出版社,2014年,38頁。



アルパカのセーター。

カーディガンを編んだ直後から編み始めていたセーターがやっと出来上がりました。



数年前に閉店セールで格安で手に入れたアルパカ100%の並太の糸を9玉か10玉使っています。
もう3月も半ばですし、今シーズンはあんまり着ないうちに終わりそうです。
嗚呼、今月2回もあった〆切が恨めしい。
あれさえなければもっと早く出来ていたのに。



参考文献:michiyo『編みやすくて心地いい ニットのふだん着』文化出版局,2012年,42ー43頁。






月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ