なかなか書く暇が出来ない・・
今週で最終回なのでなんとか書き終えたいんですが('д` ;)

パーツのある場所へと辿り着いたレン達3人組は
要塞の様な巨大な岩の塊が現れた。
スキャンをして中を探ってみると
炭素と純度100%の鉄で覆われた物体が
中にあることがわかった。
ホミは純鉄についての話をする。

エレメントハンター 1 (ジャンプコミックス)エレメントハンター 1 (ジャンプコミックス)
著者:中島 諭宇樹
販売元:集英社
発売日:2010-01-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

純鉄といえば漫画版にあったネタですが
最早懐かしいレベルですねw
ホミの台詞にしても。

入り口を見つけ中に入って行く3人。
空気のある場所へと辿り着いた彼らは
不思議な神殿の様な場所へ出てきた。
中の様子を探ろうとしてもエレバイルに
反応が戻ってこない。
純鉄のせいかもしれないと言うレン。

トムは三つ目のポータルの位置を
表す正三角形を地面に描いていた。
トムはやはり三つ目のポータルの存在について
感づいて居た様ですね。
天才と言うかユノの犠牲ェ・・('д` ;)

いったん思考のメドが立ったトムは
三つ目のポータルのことについて考えるのを止め
ハンナに近づいてゆく。

ホミが兄妹だった話をハンナに聞くトム。
素直に甘えてみたらトムはハンナに言うが
バッカじゃなかろうかと言って
冷たくあしらわれてしまった。

レン達三人組はパーツを使って
行き止まりの壁を開けどんどん先に進んでゆく。
最後の扉は三人で手を繋いで繋がると開いた。

その扉の奥に三つ目のパーツと思われる
物体を見つける。
レンがリアクターエッジでダイヤで包まれて
護られているパーツを叩くがダイヤは割れなかった。
しかし、ホミはダイヤの石目を見極めれば
硬いダイヤも割る事が出来ると
スキャンを始め調べる。

やはり、普通の子供とは違う頭の良さですねw
データー放送でホミのお婆さんが
将来エレメントハンターとしてホミが活動できるように
教育していたらしいですが、その賜物でしょうか。

ホミが石目を見極めリアクターエッジの一撃で
ダイヤから三つ目のパーツを取り出すことに成功した。
と、突然周囲の岩壁が崩壊を始め
急いで逃げ出す3人だったが、途中でキアラの
ブースターウェアのバッテリーが切れて
動けなくなってしまった。

海水も洞窟内に入ってきてしまい
レンのブースターウェアの
バッテリーまで切れてしまった。
海水に流されつつも
何とか外に脱出する事が出来た3人。
ロドニーは彼らを見つけたが
真っ先にキアラを助けに行く。

他2名眼中に無しですかww
ロドニー酷ぃ

浜辺に戻ってきたレン達は集まっていよいよ
三つのパーツを合わせてみる事にする。

レンは楽観的に3つが合わされば
元素消失も解決し元の世界に帰る事も
できると考えていた。

三つのパーツを合わせてみると
そこから少々グレードアップした
外見のユノが現れた。

予想はしていたけど・・
なんかえらく能天気な話方してますねw
前回の涙返せw

シェイプシフターのくれたパーツから
ユノが現れた事を不思議に思うレン達。
始めてユノを見るトムはやはりメカ好きなので
アンドロイドのユノに興味はありそう。

にしても、レン達の話は全く聞こえて
いない様子で勝手に話を続けてゆく
ユノのホログラム。

どうやら一方通行での情報伝達の様です。
にしても、トム何気にカー博士の事について
気にしてる発言が・・

同じ天才同士興味が有るのか

勝手に歌いだしていたユノも暖まってきたと
歌うのをやめ、ようやく重要な情報を伝えてくれると言う。

これ、歌情報削ってたらパーツは一個か二個くらいで
済んだのではないかと思うんですが・・

ユノが教えてくれるのは地球に戻る方法だった。
三つ目のポータルの位置の割り出し方を教え
皆にそこから再び地球に帰れると伝え消えていった。

にしても、もしかしてこれでユノの登場は
最後・・・?(´;ω;`)

ユノの子孫達はネガアース地殻内で生きているので
それがユノの代わりなんでしょうか・・

にしても、シェイプシフターは
生真面目な性格に変わってしまってますね。
もし、ユノの記憶がサブアトミックチップにも
刻まれてたらさぞかし愉快な生命体になっていたに
違いなさそうですが。

シェイプシフターユノは明らかにもう生命と言って
良さそうです。

しかし、元素消失の原因を調べてレン達に
地球に戻る方法も教え、
任務を終えたシェイプシフター達は
どうなっていくんでしょうか。

次回で言われてますが元々シェイプシフターは
ネガアースに居てユノのサブアトミックチップと
融合した的な感じで語られているので
純粋にユノの子孫と言う訳でもなさそうです。

突然シェイプシフターのパーツから現れたユノを
レン達は不思議に思いつつも
天才トム君が三つ目のポータルの位置を既に
割り出していた。

三つ目のポータルも無事見つかるが
ハンナだけは帰らないと言い張っていた
が、ロドニーが無理やりハンナも連れて帰る。
ポータルを見つけ戻ってきて出た場所は
どこかの山岳地帯の崖の上。
危うく落ちそうになったレンだがトムに
助けてもらった。

命は大切にというトム。
無事に戻った事がアリーのエレバイルの通信に
入ってくる。アリーは博士達にその事を伝えた。

珍しく感激し感情を露にするカー博士。
コンピューター内の人格だから感情が抑制されてるのか
と思ったのですが、一応感情的なものも
備わっているようですね。

にしても、ユノを犠牲にする時は割りと平気だったのに・・
なんか純粋にレン達が生きているのを
喜んでいるよりも
計画を続行できるという方向での
感動の涙なのかもしれないなぁと思ってたりしますw

カー博士と連絡をとり
コロニーへ向かう事になった6人。
初めてのコロニーで緊張するレン達。

早速コロニーに到着している6人ですが
割とぽんぽん話が進んでますね。

カー博士とコロニーが協力して元素消失の
原因を調べる事になったのを歓迎するキアラ。

だが、そこにロドニーが口出しをしてしまうが
思わずあの恥ずかしい告白を思い出し赤面する二人。

ここでこそ、バッカじゃなかろうか・・
もうヤダこの二人w(´∀`*)

ダークカワシマ長官と廊下ですれ違い緊張するハンナ。
副大統領直々に頼りにされていい調子のレン。
カー博士に協力してもらいパーツを解析していくという
副大統領の言葉にトムが
突然自分も解析に協力させて欲しいと志願する。

そういえば、石マニアでしたねこの人w
不思議な物質で出来た石の様な物体に興味があるのも
うなずけますが・・
密かにカー博士ターゲットしてるんだろうか。

相変らず悪の企みを進めるカワシマは
ハンナに麻酔銃を持たせて計画を妨害させようとする。

コロニーの一室でくつろぐレン達地球組は
アリーにシェイプシフターのパーツからユノが
出てきたことを話し、ユノはコロニーに来ていないのかと
アリーに尋ねる。
アリーはとうとうユノがレン達にポータルの位置を
教える為に犠牲になった事を伝えた。
その事を聞いて涙いてユノの死を悲しむレン達。

彼らはシェイプシフターが
何故レン達を選んだのかをようやく理解する。
途中でホミとハンナの二人を選んで捕らえてましたが
アレはDNAが似てたから、どっちかわからなかった的な
オチなんでしょうか。

そして、未来を向いていて欲しいと願いからあの
無駄な歌情報が・・w

にしても、三つ目のポータルは地中深くに
存在するという訳でも無かったし
ユノを犠牲にする前にに三つ目のポータルを探した
方が簡単そうだし良かったんじゃあ
ないかと思うんですがね・・

地球側のポータルもネガアースと同じように
2点の位置がわかっているので
計算できそうな感じですし。

カー博士的にはユノを使って4000万年間
調査をさせて元素消失の原因を探る
役割を負わせたかったのが本当の目的だったのかも
しれないですね。
ユノを地球中心核まで行かせるのはコロニー側の
協力や支援が必要ですし、
わざわざコロニーまで出向いたのも
演技だったっぽい気もしてきます。

で、可能性は低かったけれど
レン達が帰る=ユノの調査結果のデーターも
入手できるZE的な涙だったのかなぁw

ハンナはカワシマに命じられた命令を
受けて戻らなければ良かったと落ち込んでいた。

丁度ホミはレンに妹が居たらどうすると尋ねていた。
もちろん仲良くすると言うレン。
相手が嫌がったらと恐れるホミだったが
楽観的なレンは兄妹なんだから仲良くできると答えた。

レンの言葉に勇気づけられてホミはハンナに逢いに行く。
が、ハンナはカワシマの命令を受けてパーツを奪いに
行く途中に二人は出会ってしまった。
父親の命令には背けないように
訓練されていると言いハンナはホミに銃を向ける。

ホミは銃を向けるハンナを
恐れずに手を広げ彼女を優しく抱きしめた。

ハンナの幸せをあきらめたくは無いというホミの
優しい言葉に戸惑うハンナ。

ハンナの頭に
素直に甘えてみればと言うトムの言葉が浮かぶ。
ホミに頼ろうと一瞬考えるがそこに
カワシマの顔が浮かび上がり制止させてしまう。

70年代のアニメの悪党みたいですねカワシマww
カワシマの呪縛を解くことが出来ずに
ハンナはホミを突き飛ばしてしまった。

それが原因でホミは心臓の発作を起こし
倒れて救護室へ運ばれていってしまった。

ハンナはショックを受け廊下で立ちつくしてしまう。

相変らず兄妹で揉めてますが
昔のドラマの様な臭い展開を終盤に
繰り広げられるのは
どうなのかなぁと思いますが

いかにも韓国が作ったパートといった感じですね
日本人が悪役だしベッタベタやなぁとw

日韓合作なワリに相変らず相手側の国の人間を
悪役に持ってくるあたり
相変わらずの国だなぁと言った感じがします。

最終回に向け日本側スタッフの意向と
韓国側スタッフの意向が色々絡みあって
少々まとまりの無い内容になりつつある
気もしますが・・・