初恋













監督・脚本 塙幸成
原作 中原みすず
出演 宮崎あおい 小出恵介 宮崎将 小嶺麗奈 青木崇高 柄本祐 松浦祐也 藤村俊二
配給:ギャガ(2006/日本/114/カラー)

あの三億円事件の実行犯は18歳の女子高校生だった

 
小さいころに父を亡くし、
母は兄だけをつれて蒸発してしまったため
叔父の家で孤独に生きてきた
女子高校生、みすず(宮崎あおい)。
誰にも心を閉ざし、人前で涙を見せることもない。

そんな彼女が新宿の繁華街にあるジャズバー
B」の前に 姿を見せるようになる。
実は、突然現れた兄、亮(宮崎将)が
何かあったら訪ねて来いと
その店のマッチを渡していたのだ。
セーラー服姿でいかにもその場にそぐわないみすずを
B」に引き入れるユカ(小嶺麗奈)。

そこをたまり場とする若者たちは
初めは美鈴を相手にしようとしないが、
「大人になんかなりたくない」
そんなみすずの言葉から、
みすずを仲間にすることにする。
 亮と兄妹ということは仲間には秘密だ。 

初めて「仲間」を見つけたみすず。
そんな中、みすずは東大生の岸(小出恵介)に
次第に心ひかれるようになる。
岸はなぜかみすずにオートバイの
乗り方を教えようとするのだった。 

ある日、体制に反逆する彼らは、
機動隊に痛めつけられ、
仲間の一人、ヤス(松浦裕也)は
一生歩けなくなる。
権力を強く憎む岸はみすずに言う。
 「俺は権力を憎んでいる。
だが、頭を使いたいんだ。
 お前が必要だ」
そして、現金輸送車から
三億円を強奪する計画を語り始めるのだった。

「勝負が終わったら、もう会えないの?」
そう尋ねるみすずに、
「帰ってくるよ」
そう答える岸。
そして決行の日がやってきた・・・。  

「三億円事件の犯人が女子高生」
という設定に惹かれて、
 前から観たいと思っていた作品。
この映画が描く1960年代に
私は生きていなかったけれど、
その時代性のような者の描き方は
弱いかなと思いました。
それだからか、
初めはそれほどひきつけられず観ていました。

しかし、終盤、
特に三億円事件のシーンが終わってから
ぐんぐんひきつけられました。
犯罪には時効はあるけれど、
みすずの傷ついた心には時効はない。
そんなセリフが心に残りました。
みすずにとって、
他の人にこんなにも必要とされたのは
初めてだったということ、
そんな孤独感を
宮崎あおいがうまく演じていました。
そして、愛しているからこそみすずのもとに帰れない
岸の気持ちも切なかったです。
小出恵介は好きな俳優ですが、
この作品でもよかったです。 

1960年代、体制に反逆しようとしていた若者は
今では十羽ひとからげで語られるけれど、
 実はみすずにも、岸にも、亮にも、ユカにも、ヤスにも、
そして他の仲間達にも
それぞれ自分の鮮烈な人生があったのだ、
そんなことも思いました。 
ただ、亮とみすずの関係が
あまり描かれておらず
そこが深まるともっと
いい作品になったかな、とも
思いました。 

宮崎あおいはこの映画の原作に心ひかれ、
自分から出演したいといったそうです。
この映画に描かれていることこそ真実だ、
そうも言っています。 

 誰にでも一回しかない初恋。
甘酸っぱい思い出になっても
いいはずだったのに、
そしてあの時代に生まれなければ
2人は幸せな恋人になったかも
しれないのに。
 それがみすずにとっては
あまりにも激しい恋になってしまった。
 そんなことを感じながらエンドロールを見ていました。
心に残る作品がまた一つできました。

http://www.hatsu-koi.jp/

DVDにて鑑賞)

初恋 プレミアム・エディション [DVD]初恋 プレミアム・エディション [DVD]
出演:中原みすず
販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006-11-24
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!