原作・脚本・監督 西川美和
出演 笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 井川遥 香川照之 八千草薫
配給 エンジンフィルム+アトミックエース(2009/日本/127分/カラー)

医者がいなかった村へ呼ばれてやってきた伊野(笑福亭鶴瓶)は
村のみんなに感謝され、なくてはならない存在だった。
しかしそんな彼が急に失踪し・・・
一つの嘘、そしてずっといえずにいたもう一つの嘘。
その嘘は罪ですか・・・?

伊野と看護士大竹(余貴美子)は毎日診療所にやってくる
患者の治療に加え往診にも行くという忙しい日々を送っていた。
そんな診療所にやってきた研修医・相馬(瑛太)は
次第にそんな伊野に共感を覚え始める。
そんなある日、未亡人の鳥飼かづ子(八千草薫)が
畑で貧血を起こす。どうやら胃を悪くしているらしい。
その夜、伊野はかづ子の家を訪ねる。

かづ子の娘は東京で医者をしており、忙しく
彼女は一人暮らしだ。
そして、夫を亡くした時、娘に負担をかけたことを負い目に思っている。
そんな彼女は娘に病気のことを話さないようにと
伊野に頼む。
「・・・ひきうけた」
「でも、僕には、おなか、見せてもらえませんかね」
そして出た検査の結果から、伊野はひとつの嘘を
つきとおすことを決心する。
しかし、その嘘から、もうひとつの大きな嘘が
発覚することとなり…

偽医者だった伊野。
そんなことは知らず、娘の勧めで入院したかづ子に
刑事は尋ねる。
「彼はあなたに、なにかしてくれたんですか」
何も知らないかづ子がにっこりほほえんで
「いいえ、なあんにも」というシーンが
わたしにとっては非常に印象的でした。
そして、失踪前に、伊野はかづ子に会いに行きます。
田んぼの仕事をしているかづ子に大きく手を振り、
白衣を投げ捨てるシーンが非常にきれいです。 
棚田の緑が鮮やかで、心に残ります。

伊野の理解者である製薬会社の斎門(香川照之)の
セリフがすごく好きでした。
刑事が言います。
「なぜ伊野は医者になり済まし続けたんですかね?
愛、ですか?」
その問いに答えることなく斎門は椅子から転げ落ちます。
思わず手を貸す刑事。
「今助けてくれたのは、愛、ですか、刑事さん。
伊野がやっていたのも、そんな気持ちからだと思いますよ」
(セリフは正確ではありません、ごめんなさい)

伊野が使っていたペンライトは医者だった父のものでした。
失踪先で、伊野はすでに認知症となり
彼のことがわからなくなっている父に電話をします。
「俺や。治や」
「そう・・・ですかあ」
「父さんのペンライト、なくしてしもた。ごめんな」
「そう・・・ですかあ」
そのシーンも心に残りました。

前作「ゆれる」、前々作「蛇イチゴ」では
家族の葛藤を描いた西川美和でしたが、
今回の作品は全編に温かいまなざしが満ちており
希望が感じられました。
八千草薫さんの笑顔が心に残る、美しい物語です。

(9月5日、ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞)

http://deardoctor.jp/ 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!