永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

邦画あ〜お

「インスタント沼」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
インスタント沼






監督・脚本 三木聡
出演 麻生久美子 風間杜夫 加瀬亮 松坂慶子 相田翔子 笹野高史 ふせえり 白石美穂 松岡俊介 温水洋一 宮藤官九郎 渡辺哲 村松利史 松重豊 森下能幸 岩松了
配給 アンプラグド/角川映画(2009/日本/120分/アメリカンビスタ)

ひらけ、ぬま!
現実主義の不幸なOLがひょんなことから新しい人生を見つけていく。

沈丁花ハナメ(麻生久美子)は
母親(松坂慶子)から「ありえないものをもっと見なさい」
と言われてしまうほど現実主義のOL。
唯一の楽しみは毎朝飲む「シオシオミロ」。
彼女独自の配合の、ドロドロの沼みたいなココアだ。
しかし彼女の人生はどうもうまくいかない。
担当する雑誌は廃刊になるし、
いい感じになった男性カメラマンはイタリアに行ってしまう。
また、父は8歳の時に女を作って失踪、
そのときに家のそばにあった沼に捨てた
父親から貰った黒い招き猫がいつまでも気にかかっている。
たった一人の友達はクロウサギの権三郎、
でも彼も行方不明になってしまう。
「私の人生ジリ貧・・・?」
そう考えたハナメは出版社をやめ人生をリセットしようとする。

そんなとき、ハナメに見せようと思ったのか
母親が河童を捕まえに。しかし池に落ちて意識不明の重体に。
そんなとき、母が書いた昔の手紙が出てくる。
宛先は沈丁花ノブロウ(風間杜夫)。
池にポストが落ちてしまい、届かずじまいだったのだ。
ハナメはその手紙を観て驚愕。
なんと、そのノブロウが本当の父親だというのだ。
ハナメは父親を訪ねる。

ノブロウは放浪の旅を終え、今は奇妙な骨董屋を営んでいるが、
言動も不可思議。店の名前から「電球」と呼ばれている。
また、彼の周りをうろうろするパンクロッカーで
電気屋のガス(加瀬亮)もなぜかハナメをいらいらさせる。
そして、自分が娘だと言い出せないまま時が過ぎる。

ある日、ノブロウはまた旅に出るという。
そして、沈丁花家に代々伝わる蔵の鍵をハナメに買ってほしいという。
中にお宝が潜んでいることを期待して
大喜びで100万円を払うハナメ。
そして、蔵の中にあったものは…?

自分の目で確かめられないものは信じない、
かたくなでどちらかというと感じの悪いOLだった
ハナメが、電球とガスに出会うことによって
新しい人生を歩み始める。
そんなハナメにも、大事にしているものがある。
子供の時に見つけたさびた折れ釘だ。
ハナメにとってはすばらしいものなのに、
友達は誰も理解してくれなかった。
しかし電球は「これこそ理想の折れ釘だ」と絶賛してくれる。
また、ハナメが落ち込んだ時に
「困った時は蛇口をひねれ!」という電球のエピソードが
いい。
電球と二人で蛇口をひねるハナメの笑顔は
子供に戻ったかのように邪気がない。
この映画で一番印象に残るシーンの一つだ。

なんだかんだいいながら一番常識派で心優しい
パンクロッカー「ガス」を加瀬亮が好演している。
「スーパーウルトラアウティメットに自分勝手」な
沈丁花親子を陰で支える。

ハナメは父が去ってから気づく。
自分の人生がジリ貧だったのは
意地を張ってたからだったんだ…。
なんで父親だっていえなかったんだろう…。
そんなハナメが愛しく見えてくるから不思議。

ハナメの仕事仲間のライターを演じるふせえりは
同監督の「亀は意外と速く泳ぐ」にも出演、
独特の雰囲気を醸し出す。
ハナメのマンションのまえをしょっちゅう通りかかる
サラリーマンに温水洋一、
母の事故を担当する刑事に宮藤官九郎を使うなど、
脇役陣も豪華。

三木聡ワールドは不条理だけれど
細かいところまで凝っていて、
完璧主義者なんだろうなと思う。
そんな三木聡の映画をこれからも追って行きたいし
まだ観ていないものも観ていきたいと思えた。

タイトルの「インスタント沼」の由来は
ここでは書かないでおく。
淡々とストーリーが進む中で、
ラストは意外にもドラマティックで予想不可能。
観ているわたしたちに元気を与えてくれる
ごきげんなラストだ。
ぜひ映画館でご覧ください!

http://instant-numa.jp/

(新宿テアトルにて鑑賞)



 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「赤い文化住宅の初子」5

初子






監督・脚本 タナダユキ
原作 松田洋子
出演 東亜優 塩谷瞬 佐野一真 坂井真紀 桐谷美令 鈴木慶一 鈴木砂羽 浅田美代子 大杉漣
配給:スローラーナー (2007/日本/100分/カラー)

父(大杉漣)は幼い頃蒸発、その借金を返すために
働いて母(鈴木砂羽)は亡くなり、
高校を中退して工場で働く兄(塩谷瞬)と二人で
文化住宅に住む宇野初子(東亜優)、中学3年生。
お互いにほのかな恋心を寄せ合う同級生
三島(佐野一真)には
進学校である東高に一緒に行こうと言われ
一生懸命勉強しているが、参考書どころか、
電気代も払う余裕がないほどの極貧生活。
クラスメイトにもなじめず、いつも無表情な初子の
微妙な心の移ろいを描いた作品。

「赤い文化住宅」とは、文化住宅自体が赤くもあるが、
彼女の母が大好きだった「赤毛のアン」とも重なってくる。
赤毛のアンはいつも夢想に耽っていて、癇癪持ち。
なのに、みんなから愛される。
そんなことあるわけない。
アンに反発を覚えながらもことがあるとその本の一節を
朗読してしまう初子。
初子自身もいつも夢想に耽り癇癪持ちでもある。
そんな自分と重ね合わせて、
本当はアンにあこがれていたのだ。
そのいじらしさが観る者の心を打つ。

風邪をひいた初子に赤いマフラーをくれる三島。
そのマフラーを二人で巻いておんぶをしてもらうシーン、
夜寒くなって赤いどてらとそのマフラーを巻くシーン、
そのマフラーがほつれてしまい、その毛糸で
兄とあやとりをするシーン…。
赤を象徴したそれぞれのシーンがどれも印象的。
そして、ラスト近くのシーンもまた赤を象徴する。

無表情ながらも初子の微妙な心理を表現している、
綺麗な瞳が印象的な東亜優がいい。
また、さりげない優しさで初子を包む三島役の
佐野一真、やさぐれてはいるけれども
父が蒸発しなければいい兄になったはずであった
塩谷瞬など、若手俳優がみんな好演している。
また、生徒にまるで興味のない担任を演じる坂井真紀、
なぜか初子に親切にしてくれる浅田美代子など、
ベテラン女優たちも若い俳優たちを支えている。

初子自身はみんなに愛されていないと思っているけど、
そのけなげな生き方を三島も兄も理解して、
本当は愛しているんだよ、そんなメッセージを送りたくなる
温かい映画だった。今度こそ、「大人になったら結婚しよう」
という夢がかなうといいね、そう思った。


(DVDにて鑑賞)

公式ホームページなし

赤い文化住宅の初子 [DVD]赤い文化住宅の初子 [DVD]
出演:佐野和真
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008-01-25
おすすめ度:
4.0
クチコミを見る


 


        ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「俺たちに明日はないっス」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
俺たちに明日はないっス




監督 タナダユキ
原作 さそうあきら
脚本 向井康介
出演 柄本時生 遠藤雄弥 草野イニ 安藤サクラ 水崎綾女 三輪子 ダンカン 田口トモロヲ
配給 スローラーナー(2008/日本/79分/カラー)

初潮で貧血を起こして倒れている少女に
遭遇してしまった峯(遠藤雄弥)、
オッパイの大きさならそんじょそこらの女の子に負けない
デブキャラ安藤(草野イニ)、
淡い恋心を抱いていた友野(三輪子)が
担任吉田(田口トモロヲ)と関係していることを
知ってしまったオレ、比留間(柄本時生)。
明日を考えることなくつっぱしる、
情欲と熱情に満ちた3人の高校生、
いや「ますらお」たちの
「17歳」というときを切り取った物語。

タナダユキ監督には「百万円と苦虫女」で
とても興味を持ったので、この映画も気になっていました。
でもチラシを観るとどうもテーマが微妙…。
わたしが観てどうなんだろう、って正直思いました。
でも、さそうあきらといえば、
昨日レビューを書いた「神童」を初めとして
今年には「コドモのコドモ」も映像化され、
かなり旬な漫画家でもあります。
それに、女性であるタナダユキ監督が
あえてどうしてこの原作を選んだのか、
そしてどのように彼女なりに原作を切り取っているのか
興味を持ち、ようやく今日観にいけました!
(東京・渋谷では公開はあさってまでです…!)

観た後すぐの感想としては、
なんだか爽快感がありました。
話題としてはひたすらセックスをしたい
少年の話なんですけど、
なぜだかそのテーマから想像させられるような
汗臭さ、さらに言ってしまえば(ちょっと恥ずかしいのですが)
精液くささがまったく感じられない。
そこは監督のセンスだと思いましたね。
原作はかなり汗みどろな雰囲気みたいなので。
(チラシに載っている原作漫画のシーンなどを見ると…)
あと、少年たちを主役にしながら、
かなり女性目線で描かれていたような気がします。
そこここに「男子ってバカね」って目が感じられる。
だから、情欲にまみれているオノコたちが、
なんだかかわいらしく見えて来てしまうのが不思議です。

逆に、女子たちの描き方がすごかったですね。
男親に育てられて性に対して
全く知識のなかったチヅ(安藤サクラ)が
実は峯君も未経験だと知った時の
嬉しそうな、いや、
勝ち誇ったとも言えるような目が忘れられません。
また巨乳の秋恵(水崎綾女)が安藤に近づいたのも
「○○○目当て」だし
(ここはネタばれにならないように伏字です・笑)
病弱でいつも日傘をさしていて、
普通なら清純そのもので描かれそうなキャラの友野も
すべてを知り尽くしたような目で比留間を見るし。
それぞれエグくて素敵な女子たちでした。

おもしろかったのは安パイこと安藤と秋恵のエピソードかな。
クスッと笑ってしまうシーンあり。
でもこれはネタばれしたくないので、
観てください。

きっと一番「フツウの男の子」なんだろうなあと思われる
比留間を演じる柄本くんがよかったです。
全然かっこよくないんだけれど、
動いているとなんだか魅力的に見えてきます。
写真で見るより映像で見るほうが
圧倒的にいい役者さんですね。
不器用でかっこ悪くて「バカ」な比留間を
好演していました。

海のシーンが圧倒的にきれいでしたね。
比留間がついに友野への思いを
遂げることができることになり、
海辺の掘っ立て小屋に彼女を連れ込むのですが、
そこが建てつけが悪くて
扉がバタンバタン音を立てて
開いたり閉ったりするんです。
開いた瞬間に、海が見える。
それが素晴らしく美しかったですね。
バタンバタンという音の効果とともに、
すごくいいシーンになっていました。
なんというか、風を感じられるんですよね。
こういうシーンがあるからこの映画は
後味がいいんだろうなあと思います。

この「17歳」という年は
本当に「明日がどうなるか」を考えないで
ただひたすら今を生きている時代。
そんなこと、忘れていたけど、
この映画を見て少しそれを思い出しました。
「今じゃなきゃ、ダメなんだ!」
そんなセリフもよかったです。
エンドロールにかかるパンク調の
「17歳」(南沙織の)が
劇中友野が歌う「17歳」と重なって
いい感じでした!

タナダユキ監督の作品を観たのは2作目ですが
かなり好きな感じです。
これからも追っていこうと思います。
ちなみに、撮影の山崎裕さんは
わたしの敬愛する是枝裕和監督の作品を撮っている
カメラマンさんです。
やはり、映像きれいでしたね〜。
迷いながらも観に行ってよかったです。
東京での上映はもうすぐ終わってしまいますが
東京以外にお住まいの方、これから行きますので
お楽しみに〜。
東京でも、またどこかでやるんじゃないかな?
もし興味を持っていただけたら
ぜひご覧になってくださいね。

 
http://oreasu.com/ 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「異人たちとの夏」3

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
異人たちとの夏




監督 大林宣彦
原作 山田太一
出演 風間杜夫 秋吉久美子 片岡鶴太郎 永島敏行
名取裕子
配給:松竹(1988/日本/108分/カラー) 

中年のシナリオライター原田(風間杜夫)は
妻子と別れて、オフィスビルの一室に一人住んでいる。
どうやら3階にも一人、住居として住んでいる人がいるらしい。
夜中に外から見ると、自分の部屋とそこの部屋だけしか
明かりがついていないのを見てさみしく思う原田。

一方仕事仲間の間宮(永島敏行)は
原田の元の妻に思いを寄せていたことを告白、
離婚を機にその思いを遂げたいという。
さらにはその妻から「あなたの荷物残っていたから
着払いで送ります。あしからず」という留守電が。
いらいらしていたところに、3階の住人である
若い女性(名取裕子)が、「ひとりでいられなくて」と
シャンパンを持って訪ねてくるのだが
冷たくあしらってしまう原田。
思えばそれが、あの不思議な夏の始まりだった…

ロケハンに行った帰りに、
子供のころ住んでいた浅草に行った原田は、
死んだはずの父親(片岡鶴太郎)に
そっくりの男に出会う。
ごく自然に「行くぞ」と話しかけられた原田が
連れて行かれたのは元の実家。
そしてそこで待っていたのは
やはり亡くなった母親(秋吉久美子)だった・・・

死んだ人をはじめとして、「会うはずのない人」との
邂逅というのは、大林監督が貫いているテーマの
一つだと思います。
この作品のテーマもまたその一つだと思います。
ただ、大林監督の大ファンであるわたしとしては
もう一歩食い足りない気がしました。
監督の魅力は、1シーン1シーンにかける
愛情だと思うのですが、
その思い入れが他の映画に比べると
少なかったような…。
と思っているところに、大林監督のコメントを読む
チャンスがありました。

「これは映像作家というより、
映画監督の作品だな。だから
大林作品は嫌いという人たちにも
広く受け入れてもらえました」

ここで監督がいう「映像作家の作品」が
何を指すかは不明ですが、
何となく私の物足りなさを納得させてくれる言葉でした。

でも、やはりすごいと思ったのは
女性の描き方ですね。
母親である秋吉久美子にしても、
父親と比べると息子に対する情念が強い。
そしてなんといっても名取祐子演じる「桂」。
終盤近く、女の執念とはここまで強いものかと
圧倒されます。
そのシーンについては賛否両論あると思いますが
わたしは大林監督の劇場映画デビュー作である
B級ホラーの名作「HOUSE」を彷彿させる、
アナログ的な怖さがあり、嫌いではなかったですね。
「HOUSE」はお勧めです。
怖いですけどね。

シナリオライター原田が描いたセリフに
「過去は取り返しがつかないというけれど
そんなはずはない。自分の過去なんだから
いくらでも取り返しはつく」
というのがありますが、
その台詞が効いていますね。
異人たちにとって、そして原田にとって、
人生は取り返しがついたのでしょうか…。

大林監督らしい抒情もあり、好きな作品ではありますが
監督への期待度と照らし合わせて、
迷いましたが敢えて厳しく三つ星にしました。
これを四つ星にしてしまうと、
もっといい監督の作品が紹介できなくなってしまうので。
新作「その日のまえに」公開に当たって
70歳の新人宣言をした大林宣彦監督。
これからの作品にも大いに期待しています。

異人たちとの夏 [DVD]異人たちとの夏 [DVD]
出演:風間杜夫
販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2008-01-30
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 大林宣彦へ
大林宣彦
トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください! 
大林宣彦監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「犬猫」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
犬猫



©2004「犬猫」製作委員会

監督 井口奈己
出演 榎本加奈子, 藤田陽子, 忍成修吾, 小池栄子, 西島秀俊
配給 ビターズエンド (2004年/日本/94分/スタンダード)


ぴあフィルムフェスティバルで企画賞を受賞したインディーズ作品を、井口奈己監督自らがリメイク。もともとは8ミリ映画の作品だそうです。 

同棲していた古田(西島秀俊)に愛想を尽かせて 
アパートを飛び出たスズ(藤田陽子)。 
友達の阿部ちゃん(小池栄子)のアパートに 
世話になろうとするが、阿部ちゃんは次の日から留学。 
その間留守番を頼まれたヨーコ(榎本加奈子)と 
共同生活をすることになる。 
どうやら、二人はもともと顔見知りらしい。 

ナチュラルぼけで屈託がないスズと 
愛想がなくて不器用なヨーコ。 
全く違う性格の2人だが、 
だんだんうまが合うようになってきた。 
しかし、古田がアパートに現れ、 
ヨーコが思いを寄せる三鷹(忍成修吾)が 
スズと知り合いになると、 
なんだか雲行きが怪しくなって…。 

藤田陽子の魔性っぷりと 
榎本加奈子のサボテン女ぶりが 
笑えます。 
悪い子じゃないのはわかってる。 
でも、あの子に勝てないのはもっと分かってる。 
でも、でも、なんで?なんでなの? 
そんなヨーコの叫びが聞こえてきます。 
うーん、この気持ちがわかっちゃうのはなぜなんだろう。 

井口奈己監督の作品は2作目です。 
永作博美と松山ケンイチの 
「人のセックスを笑うな」でも思いましたが、 
この監督の作品を見ていると、 
なんだか不思議な時間が流れるんですよね…。 
何か大きな事件が起きるわけじゃないんだけど、 
むしろ、微妙に飽きるんだけど、 
でも最後まで見てしまう。 
不思議な魅力を持った監督だと思います。 
でも好き嫌いはあるかな。 
映画館で観ていた人の話を聞いたら 
何人か途中で出て行ったそうです(笑) 

2作だけではまだまだポテンシャルがわからないので 
次回作も楽しみにしたいと思います。
いまのところ、わたしはこの監督は
好きなようです。

犬猫 [DVD]犬猫 [DVD]
出演:榎本加奈子
販売元:レントラックジャパン
発売日:2005-05-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ