永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

邦画た〜と

「ディア・ドクター」



原作・脚本・監督 西川美和
出演 笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 井川遥 香川照之 八千草薫
配給 エンジンフィルム+アトミックエース(2009/日本/127分/カラー)

医者がいなかった村へ呼ばれてやってきた伊野(笑福亭鶴瓶)は
村のみんなに感謝され、なくてはならない存在だった。
しかしそんな彼が急に失踪し・・・
一つの嘘、そしてずっといえずにいたもう一つの嘘。
その嘘は罪ですか・・・?

伊野と看護士大竹(余貴美子)は毎日診療所にやってくる
患者の治療に加え往診にも行くという忙しい日々を送っていた。
そんな診療所にやってきた研修医・相馬(瑛太)は
次第にそんな伊野に共感を覚え始める。
そんなある日、未亡人の鳥飼かづ子(八千草薫)が
畑で貧血を起こす。どうやら胃を悪くしているらしい。
その夜、伊野はかづ子の家を訪ねる。

かづ子の娘は東京で医者をしており、忙しく
彼女は一人暮らしだ。
そして、夫を亡くした時、娘に負担をかけたことを負い目に思っている。
そんな彼女は娘に病気のことを話さないようにと
伊野に頼む。
「・・・ひきうけた」
「でも、僕には、おなか、見せてもらえませんかね」
そして出た検査の結果から、伊野はひとつの嘘を
つきとおすことを決心する。
しかし、その嘘から、もうひとつの大きな嘘が
発覚することとなり…

偽医者だった伊野。
そんなことは知らず、娘の勧めで入院したかづ子に
刑事は尋ねる。
「彼はあなたに、なにかしてくれたんですか」
何も知らないかづ子がにっこりほほえんで
「いいえ、なあんにも」というシーンが
わたしにとっては非常に印象的でした。
そして、失踪前に、伊野はかづ子に会いに行きます。
田んぼの仕事をしているかづ子に大きく手を振り、
白衣を投げ捨てるシーンが非常にきれいです。 
棚田の緑が鮮やかで、心に残ります。

伊野の理解者である製薬会社の斎門(香川照之)の
セリフがすごく好きでした。
刑事が言います。
「なぜ伊野は医者になり済まし続けたんですかね?
愛、ですか?」
その問いに答えることなく斎門は椅子から転げ落ちます。
思わず手を貸す刑事。
「今助けてくれたのは、愛、ですか、刑事さん。
伊野がやっていたのも、そんな気持ちからだと思いますよ」
(セリフは正確ではありません、ごめんなさい)

伊野が使っていたペンライトは医者だった父のものでした。
失踪先で、伊野はすでに認知症となり
彼のことがわからなくなっている父に電話をします。
「俺や。治や」
「そう・・・ですかあ」
「父さんのペンライト、なくしてしもた。ごめんな」
「そう・・・ですかあ」
そのシーンも心に残りました。

前作「ゆれる」、前々作「蛇イチゴ」では
家族の葛藤を描いた西川美和でしたが、
今回の作品は全編に温かいまなざしが満ちており
希望が感じられました。
八千草薫さんの笑顔が心に残る、美しい物語です。

(9月5日、ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞)

http://deardoctor.jp/ 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「鈍獣」5

鈍獣






監督 細野ひで彦
脚本 宮藤官九郎
出演 浅野忠信 北村一輝 真木よう子 佐津川愛美 南野陽子 ユースケ・サンタマリア ジェロ 本田博太郎
配給:ギャガ・コミュニケーションズ(2009/日本/カラー)

殺しても殺しても死なない幼なじみが生まれ故郷に帰ってきた!

なぜかすべてが相撲で回っている片田舎の街に
降り立ったのは出版社に勤める
キャリア志向の女、静(真木よう子)。
彼女が担当する雑誌に連載された小説「鈍獣」が
名誉ある「明多川賞」の候補となったというのに
その作家・凸川 が失踪したのだ。
生まれ故郷にいるとにらんだ静は、
彼の幼なじみ達が集うホストクラブ、スーパーヘビーに向かう。
出迎えた江田っちこと江田(北村一輝)、
岡本(ユースケ・サンタマリア)、
順子ママ(南野陽子)、 ロリコンホステスのノラ(佐津川愛美)は
どうやら彼の行方を知っている様子。

静が問いただすと、4人は少しずつ
凸やんこと凸川のことを語りだす。
実は凸川は小説「鈍獣」で江田と岡本の悪事を
次々に暴露していたのだ。 
「まさかあいつ、あのことを書くんじゃないだろうな?」
このままでは自分たちの生活が崩れてしまうと思った江田は
凸川殺害を計画する。
しかし・・・。

鈍い・・・というよりは馬鹿??愛すべきキャラでありながら
しかし、どこか、ゾクっとこわい、
そんな凸やんを浅野忠信が好演。
「あ、おしまい?もう、おしまい?」の決め台詞がいい。
凸やんをとりまく4人が断片的に語りつつ、
最後にはすべてがわかるというストーリーテリングの方法も
クドカンの真骨頂。
だけど、肝心なことが最後までよくわからない
ナンセンスさは、テレビドラマでぶいぶい言わせている
クドカンではなく、
劇団「ウーマンリブ」のクドカンだなあというところも
ファンとしては嬉しい。
(ちなみに、この映画は舞台作品として上演され
岸田國士賞を取った作品を映画化したもの。)
あくまでブラックでシュールでクール。
コミカルなのに最後にどろっとした怖さが残る
脚本はさすが。
人間とは、鈍い獣なのである。
というセリフがどーんと心に迫る。

ちなみに、隠れキャラ的存在で
演歌歌手・ジェロと元横綱・大乃国が登場。
ジェロの使い方は痛い!
あのジェロをこう使うかい!という感じでした。

殺しても殺しても死なないのは一体なぜ?
江田っちは本当に凸やんを殺す、いやポロしてしまうのか?
そして凸やんの3つ目の乳首の謎とは?
ぜひ映画館でその謎を解き明かしてきてください。

http://donju.gyao.jp/

(シネ・クイントにて鑑賞)


 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「罪とか罰とか」5

罪とか罰とか





(C)「罪とか罰とか」製作委員会


監督・脚本 ケラリーノ・サンドロビッチ
出演 成海璃子 永山絢斗 犬山イヌ子 串田和美 大倉孝二 奥菜恵 山崎一 段田安則 麻生久美子 安藤サクラ 他
(配給:東京テアトル 2009/日本/110分/カラー)

いけてないグラビアアイドル、円城寺アヤメ(成海璃子)は
常に同時期にスカウトされた
耳川モモ(安藤サクラ)に劣等感を持ち
彼女に馬鹿にされる妄想を見る毎日。
そんな彼女を「がんばれ、正しくがんばれ」と
励ますマネージャー、風間(犬山イヌ子)。
ようやく載ったグラビア誌にも
モモが表紙なのにもかかわらず
自分はページを逆に印刷され、
ついに切れた彼女は
コンビニで万引きを。
その代償に一日署長をすることになる。
役目を果たし、帰ろうとしたところ
「一日署長ですから
夜の12時まで署長室で指示をしていただきます」
と言われてしまう。
その署長室まで送り届ける刑事は
なんとアヤメの元彼
恩田(永山絢斗)だったが、
彼は愛する者を無意識に殺してしまうという
性癖を持つ殺人鬼だった・・・。
さらに、コンビニ強盗をたくらむ
3人組(大倉孝二、奥菜恵、山崎一)をも
巻き込んで、一日署長を任されたアヤメは
どうなるのか???

すっごくおもしろかったです。
まず、かなりデフォルメされて
拷問室や意味のわからない部屋まである
警察署はまさに
シュールでブラックな
ケラ・ワールドそのもの。
そんな警察署なので、恩田の連続殺人は
副署長海藤(串田和美)によりおおっぴらに隠蔽されていて
自首したい恩田はおろおろ。
そして、さらにどんくさいアヤメはもっとおろおろ。
そのどんくささぶりが愛すべきと思わせる
成海璃子はさすがだし、
実は後で知ったのですが瑛太の弟の
永山絢斗もなかなか健闘。
個人的には、今回は完全にわき役に徹してますが、
モモ役の安藤サクラちゃんが好きですね。
きれいじゃないけどどこか色っぽくて、いいです。
「俺たちに明日はないっス」で発見して以来、
応援しています。
犬山イヌ子、大倉孝二、奥菜恵、山崎一、串田和美は
安心して見ていられますね。

ストーリーは過去と現在を行ったり来たりでだんだんに
全容が分かってくるのですが、すごくよくできた話です。
ディテールがすごく細かくて、処々に「ぷぷぷっ!」と
笑ってしまうセリフや小道具が散りばめられています。
絶対聞き逃したり見逃したりしてるのもあると思うので
もう一度観たいなと思ってます。
わたしはケラさんの芝居を何回か観ましたが、
ウェルメイドすぎて正直疲れるな…と
思ったことが多かったんです。
でも、今回は程よい感じで、しかも大満足のラスト。
メイン・ストーリーが終わっても
エンドロール最後まで観ることを
お勧めします! 

http://www.tsumi-batsu.com/

(渋谷シネマライズで鑑賞〜4/17) 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「大丈夫であるように-Cocco 終わらない旅-」3

Cocco







監督 是枝裕和
出演 Cocco 長田進 大村達身 高桑圭 椎野恭一 堀江博久

Coccoに届いたあるファンからの手紙。
「助けてください」とある。
Coccoは知らなかった。
青森六ヶ所村にある核再生処理施設のことを。
沖縄に生まれて、沖縄の新聞を育って、
沖縄の新聞を読んでいたから
他の人が苦しんでいることを知らなかったのだ。
ひめゆりで生き残ってしまった「おばぁ」たち、
神戸の震災に出会ってしまった人たち、
青森の六ヶ所村の人たち…
全国ツアーで廻った地で出会ったそんな人々の
「悲しさ」をCoccoがどう受け止めたのか、
そんなドキュメンタリーだった気がする。

Coccoというミュージシャンのライブには
一度だけ行ったことがある。
まだブレイク前で、ほかの2人のミュージシャンと一緒の
ミニライブだった。
わたしは彼女のことを全く知らなかったので
その不思議ちゃんぶりに驚いて、
(はっきり言ってちょっと怖い!という印象だった。
ファンの方ごめんなさい。
でも、メジャーになって かなりマイルドになったと思う。
ほんと、こんな子いるんだ〜という不思議ぶりだった。)
そのあとの破天荒な音楽にも驚いて、
けっこう気にはしていたら、そのうち世に出てきた。
で、今ドキュメンタリーまで作ってもらえるくらい
メジャーになっているわけなのだけど。

彼女の語り口は特徴的だ。
口下手というわけではないらしい。
ぺらぺらよくしゃべる。
でも、なんだか言葉が拙い。
だからたまに何がいいたいのか
よくわからないことがある。
でもなぜかそのMCにはひきよせられるものがある。
是枝監督はそれに重々気づいていて、
ドキュメンタリーにありがちな、
「いいセリフをしゃべらせる」手法をほとんど使っていない。
CoccoのMCだけで十分伝わるものがあるからである。
「大丈夫じゃないかも知れないけど
大丈夫であるように」
そう願っている彼女の心情は、
彼女自身の言葉でしか 伝わらない。
だからそのまま使う。
そんなドキュメンタリーだったと思う。

思い切ってこのドキュメンタリーのテーマを
一言で言ってしまうと「反戦」なのだけど、
本当は一言で言ってはいけないのだと思う。
なぜなら、一言で言えるようなものを作ろうとしたら
このようなドキュメンタリーは生まれなかったからだ。
例えば、六ヶ所村の核再生処理施設の是非を
わかりやすく訴えるなら
監督はCoccoがそこを訪れたときの映像を入れると思う。
なのに、敢えて入れていない。
Coccoの「語り」だけで表している。
そして、その「青森の女」(とCoccoは呼んでいる)の手紙は
最後燃やされてしまう。
なぜ?と余韻が残るシーンだった。

Coccoの「もののけ姫」についての見解も
けっこうおもしろいので、
これは観てのお楽しみ。

あっと目を引くようなシーンは
沖縄のジュゴンの映像くらいなもので
あとはひたすら人間Coccoの「心情」のみを
淡々と描いていったこの作品を
どう切り取るかは、観た人次第なのだと思うし
監督もそう期待しているのだと思う。

(渋谷ライズエックスにて鑑賞)

http://www.dai-job.jp/


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「デトロイト・メタル・シティ」4

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
デトロイト・メタル・シティ





監督:李闘士男
脚本:大森美香
原作:若杉公徳
出演:松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次 細田よしひこ 松雪泰子 鈴木一真 高橋一生 宮崎美子 大倉孝二
岡田義徳 ジーン・シモンズ
配給:東宝(2008/日本/104分/カラー)


大分出身の心優しき青年、崇一(松山ケンイチ)は
おしゃれでポップな音楽が大好き。
カヒミが好きで、
コーネリアスやオザケンみたいな
ミュージシャンを目指していたはずだった。 

なのになのに、
入った音楽事務所の社長(松雪泰子)から見込まれ、
なぜか悪魔系デスメタルバンドのカリスマボーカル
「ヨハネ・クラウザー二世」として君臨することに! 

「僕のやりたい音楽は、こんなんじゃ、こんなんじゃないんだああああ!!」 

大学時代に淡い恋心を抱いていた
相川さん(加藤ローサ)に再会した喜びもつかの間、
自分がこんな音楽をやっていることを言い出せず苦悩する
「クラウザーさん」が哀しおかしい秀逸な映画。 

究極的にばかばかしいのに、
家族愛が描かれていたりして、こういうの好きです。 
遊園地でばったり出会った大学時代の後輩が
ポップなミュージックで成功しつつあるのですが、
演奏前で緊張している彼の歌を聴いてあげる
「クラウザーさん」の優しさがたまらない。
(後輩は、クラウザーさんが崇一とは知りません。)
個人的には大倉孝二演じる
クラウザーさんの狂信的なファンの勘違いコメントが
いちいち笑えてつぼでした。 

「これは、クラウザーさんの究極の自虐プレイだああああ!!」 

「クラウザーさんは、クラウザーさんは、
どこまで俺たちを苦しめるんだああああ!!」 

違うんだってば〜って感じ。 

マンガも面白そうなので読んでみたくなりました。 
あー、おもしろかった。 

肩の力を抜いて楽しめるお勧め映画です。

http://www.go-to-dmc.jp/ 

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
出演:松山ケンイチ
販売元:東宝
発売日:2009-02-13
おすすめ度:4.0
クチコミを見る




 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ