永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

邦画さ〜そ

「少年メリケンサック」3

少年メリケンサック1少年メリケンサック2












監督・脚本:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい 佐藤浩市 木村祐一 田口トモロヲ 三宅弘城 勝地涼 ユースケ・サンタマリア ピエール瀧 哀川翔
配給:東宝 (2009/日本/125分/カラー)

クドカン的ウェルメイドにあふれた爆笑パンクムービー!

契約切れ寸前の契約社員栗田かんな(宮崎あおい)は
とある動画サイトで凶悪な絶叫パンクバンドを見つける。
仕事に関してはあきらめきっていたかんなはその動画を
社長(ユースケ・サンタマリア)に見せるが、
なんと社長は元パンク。そのパンクバンド
「少年メリケンサック」にほれこみ、
かんなに契約を取ってくるように命じる。
同時にその動画を流したところものすごい反響を呼び、
あっという間に全国ツアーが決まる!
しかし、かんなが会いに行った
イケメンベーシストだったはずの
アキオ(佐藤浩市)はなんと50のおっさんだった・・・!
アキオの弟のハルオ(木村祐一)も今は農業を営み、
ボーカルのジミー(田口トモロヲ)は
ハルオとアキオの行き過ぎたパフォーマンスで
頭を強く打ち脳に障害が。
唯一まともに見えたモヒカンのヤング(三宅弘城)も
痔をわずらっていておじさん丸だし。
アキオのいう「奇跡」を信じて
かんなはライブぎりぎりまで
この事実を社長に黙っていることにするが・・・。

宮崎あおいとおじさんパンクという組み合わせだけでも
面白そうと思わせてしまうところが
いいところでもあり悪いところでもありましたね。
確かによくできた話で、ちょっと泣かせるところもあり
クドカン流ウェルメイドがいきていて、
2時間飽きさせるところがなかったのですが、
このキャストの面白さに甘えている面も
少々感じられたのが残念でした。
でも、個性的なキャスティングとそれに合わせた
脚本は見事だったと思います。
おじさんたちがだんだん愛らしく見えてきて、
広島のライブは号泣もの。
「ニューヨークマラソン」はクドカンらしい
言語センスで笑えますね。
ハルオとジミーが初め所属していた
「少年アラモード」も笑える〜。
ピエール瀧さんもいい味出してますね。

クドカンファンの私としては
もう一歩!物足りなかったのですが、
2時間以上の映画なのに時計を見ずに済んだのは
やはりおもしろかったからだと思います!!

(新宿オスカーにて鑑賞)

http://www.meriken-movie.jp/

 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「下妻物語」3

下妻物語1下妻物語2





監督 中島哲也
原作  嶽本野ばら
出演 深田恭子 土屋アンナ 宮迫博之 篠原涼子 樹木希林 岡田義徳 小池栄子 阿部サダヲ 荒川良々 
配給 東宝(2004/日本/102分/カラー)

「ロココの時代に生まれたかった」という桃子(深田恭子)は
茨城県下妻在住。ファッションは徹底的なロリータで
近くのジャスコで買い物を済ます近所の住人を軽蔑しつつ
代官山へ服を買いに行く生活。
そんなわけで友達もいない。
父親が尼崎で偽ブランド屋をやっていたため
家にあったヴェルサーチを売るのを
きっかけとして知り合ったのは
レディースで典型的なヤンキー、イチコ(土屋アンナ)。
初めはお互い理解し合えない二人だったが、
桃子の特技の刺繍を通じて
不思議な友情が芽生え始め…。

単純におもしろかったです。
ただ、「松子」と「パコ」の監督である
中島哲也監督の作品だと思って
ものすごく期待してみたのですが、
それよりも初期の作品なので
まだ彼の真骨頂が表れていなくて
その2作品よりはまとまっちゃっている感じ。
たぶん、製作年順に観たら
すごく楽しめた映画だと思うので残念です。

海外での評価が高いみたいですね。
ロリータとヤンキーの組み合わせっていうのが
欧米のオタク心を誘ったのだろうな〜。
単純に、フカキョンはかわいかったし
土屋アンナも柄にあってて良かったです。

しかし、イチコ(本名はイチゴだが
その名前でヤンキーは恥ずかしいとイチコと名乗っている)
はいい奴ですね。
あこがれていたブランドの社長から
仕事として刺繍を頼まれて、
びびってしまった桃子が初めて
「友達として」イチコに電話します。
そしたら
「どこにでも行ってやるよ!」
って。
結構感動しましたね。
あと、レディース仲間に
「そのヒラヒラ(桃子のこと)がダチかよ!」って言われて
「ダチじゃねーよ!桃子は一人で生きていってるんだ!
だからあたしも一人で生きていくんだ!」
っていうのもけっこう涙もの。
なんだかんだいって桃子の良さを
わかってあげてるんじゃん、って。

破天荒な設定だけど、泣かすとこは泣かす。
そういうところが中島監督の映画の
いいところだと思うのですが、
この映画にもその良さの片鱗が感じられて
いいな〜と思いました。

中島監督の映画はまた追っかけ続けると思います。
まだまだおもしろくなりそうです。

隠れキャラ?として阿部サダヲとか荒川良々も出てて
楽しい映画でした。

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
出演:深田恭子
販売元:東宝
発売日:2004-11-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「神童」4

神童





監督 萩生田宏治
原作 さそうあきら
出演 成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕 西島秀俊 貫地谷しほり 串田和美 吉田日出子 柄本明
配給:ビターズエンド(2007/日本/120分/カラー)

ピアノの腕はいまいちだが音大を目指している
ワオこと和音(松山ケンイチ)は
八百屋の息子。一方、ピアノの腕は天才的だが
ピアニストだった夫の幻影から娘に借金をしてまで
レッスンを強いる母に反発して
ピアノに向かおうとしないうた(成海璃子)。
ワオのピアノの音を気にいってか、
中学のクラスメイトには心を開かないうたも
ワオには心を開き、八百屋の2階で楽しげに
ピアノを弾くのだった。
二人の間には男女の仲でもない、兄妹でもない、
不思議な絆が生まれてくるのだったが…

成海璃子は女優としてもたぐいまれな存在感を
醸し出していると思うのですが、
その存在感が見事に「神童」ぶりに現れていましたね。
年上のワオに平気で「へたくそ」といってしまううた、
クラスメイトに馴染めなくてもそれはそれと認めてしまううた、
突然の本番に
「大丈夫。あたしは音楽だから」と言ってしまううた。
どれも成海璃子のイメージにピッタリで適役でした。
そして、そのうたをふわっと受け止めるワオも
松山ケンイチで成功だったと思います。

ワオの音大受験日、
中学を抜け出してくるうたのシーンがいい。
ワオは重圧に耐えきれず試験場から
抜け出す直前だったのです。
「学校よりワオをひやかすほうがおもしろいじゃん」
そういいながらワオの手を握ってやり、
大事にしているぬいぐるみを貸してやるうたが
よかったです。
そして、ワオは今までにないくらいの力を
発揮します。

そんなワオだからこそ、
他の人は気づかないうたの異変に気付いたのだと
思います。
そして、中学でただ一人うたを見守ってやっている
同級生の少年の存在も大きいです。

うたが「音楽」でなくなってしまう日もくるかもしれない。
でもワオと同級生の少年がいれば、
うたは音楽を続けていける。そんな気がしました。演奏シーンも圧巻の秀作です。

神童 [DVD]
神童 [DVD]
出演:成海璃子.松山ケンイチ
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2007-11-21
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

追記:原作はまたディテールが細かく、雰囲気が違ってまたよいそうです。
読んでみたくなりました♪ 

「スウィングガールズ」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
スウィングガールズ








監督・脚本 矢口史靖
出演:上野樹里 平岡佑太 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ 豊島由佳梨 竹中直人 白石美穂 
渡辺えり 小日向文世 谷啓
配給:東宝(2004/日本/105分/カラー)
矢口史靖監督のごきげんな青春音楽ムービー! 

時は夏、甲子園地区予選真っ盛り。 
応援に行く吹奏楽部の姿を窓越しに見ている 
落ちこぼれで補習中の友子(上野樹里)。 
しかし、食べた弁当で吹奏楽部が 
集団食中毒を起こし、 
食べ損ねたシンバルの中村(平岡祐太)以外は 
みんな入院! 
急きょ部員募集がかかり、 
人数が足りないためビッグバンドを結成することに。 
補習やりたくなさに集まった彼女たちは 
やる気のかけらもない。 
しかし、徐々に音が出るようになると 
ジャズの世界に魅せられ楽しくなってくるのだった。 
そんなとき、吹奏楽部のメンバーが回復し、 
彼女たちは用なしに! 
初めはすねてやる気をなくした少女たちだったが、 
ついに自分たちでバンドを結成することを 
決意する! 

初めから最後まで楽しく楽しく観られる 
矢口ワールド全開の映画。 
上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、平岡祐太 
など、のちにブレイクするア ボーイ&ガールズが 
生き生きと演技している。 
すべて演奏は吹き替えなしというから驚き。 

初め、少女たちのお気楽さと少年の真剣さが 
かみ合わないところが笑える。 
そんな中で、リコーダーしか吹けず、 
人と話すのも苦手な関口(本仮屋ユイカ)が 
ひとりでどんどんうまくなるのもおかしい。 
彼女の発案でマツタケ取りに行くシーンは 
爆笑。 
そんな中、終盤雪合戦のシーンで、 
友子と中村の気持ちがほんの少し近づくシーンは 
絶品。 
上野樹里の表情が切ないっ! 

最後の演奏シーンは映画館で観たかったな〜と 
思うくらい迫力がありました。 
自分もジャズやりたくなっちゃうような、 
そんな映画です♪ 

http://www.swinggirls.jp/index.html

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]
出演:上野樹里
販売元:東宝
発売日:2005-03-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「その日のまえに」5

ブログネタ
日本映画2 に参加中!

その日のまえに





監督 大林宣彦 
出演 永作博美、南原清隆、筧利夫、宝生舞、柴田理恵、風間杜夫
配給:角川映画(2008/日本/140分/カラー)

重松清原作の7編の短編群を
大林宣彦監督が1編の長編に紡ぎあげています。

死を目前にしたとし子(永作博美)と
その夫健大(南原清隆)の物語を縦糸にしながら、
死に直面した様々な人々の物語が 横糸のように絡み合います。
そして、現在と過去が交錯する構成は
まさに大林監督の真骨頂だと思いました。

なぜか、始まって5分くらいで すでに涙腺がゆるんでいました。
まだそんなに悲しくないシーンなのに、
一つ一つのセリフが心にしみこんできてしまって。
「かわいそう」という陳腐な涙じゃないんです。
映画の初めのほうで、 病院からおそらく最後になるであろう
外出を許されたとし子は 健大とともに、結婚してから2年間住んでいた
浜風という街を訪れます。
外出から帰ったら新しい療法を試してみようと いうことになっているので、
「思い出をたどるため」ではなく「これから始める」 という気持ちで。
でもやはりどこかで思い出をたどってしまうのですね。
まだ映画の初めで、登場人物たちに それほど思い入れがないはずなのに、
不思議と観ている者にまで その思い出を共有させてしまう。
すごいと思いました。

健大はイラストレーターなのですが、
とし子の病気が発覚する直前に 鉛筆をころころころがしてしまい
足で拾おうとするんですね。
「俺が鉛筆を転がしたから、
足で拾おうとしたから罰が当たったんだ」
というセリフぐっときました。
その鉛筆は映画を通じて何度も登場します。

チェロの弾き語りをしている 「くらむぼん」。
宮沢賢治の「永訣の朝」という有名な詩の
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」 というフレーズが繰り返し歌われます。
賢治の妹は奇しくもとし子という名前です。
二人の「とし子」の死が交錯していくのも
まさに大林監督の宇宙ですね。

途中からは涙が止まらなくなってしまいました。

大ラスはすこし長いかなと思いましたが、
あれがあったから大林ワールドから現実に
戻れたかもしれません。
それが計算ずくだったとしたら、
大林監督ますますすごいと思いました。

原作を読んでからもう一度観にいきたくなりました。



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 大林宣彦へ
大林宣彦
トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください! 
大林宣彦監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ