永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

邦画は〜ほ

「初恋」4

初恋













監督・脚本 塙幸成
原作 中原みすず
出演 宮崎あおい 小出恵介 宮崎将 小嶺麗奈 青木崇高 柄本祐 松浦祐也 藤村俊二
配給:ギャガ(2006/日本/114/カラー)

あの三億円事件の実行犯は18歳の女子高校生だった

 
小さいころに父を亡くし、
母は兄だけをつれて蒸発してしまったため
叔父の家で孤独に生きてきた
女子高校生、みすず(宮崎あおい)。
誰にも心を閉ざし、人前で涙を見せることもない。

そんな彼女が新宿の繁華街にあるジャズバー
B」の前に 姿を見せるようになる。
実は、突然現れた兄、亮(宮崎将)が
何かあったら訪ねて来いと
その店のマッチを渡していたのだ。
セーラー服姿でいかにもその場にそぐわないみすずを
B」に引き入れるユカ(小嶺麗奈)。

そこをたまり場とする若者たちは
初めは美鈴を相手にしようとしないが、
「大人になんかなりたくない」
そんなみすずの言葉から、
みすずを仲間にすることにする。
 亮と兄妹ということは仲間には秘密だ。 

初めて「仲間」を見つけたみすず。
そんな中、みすずは東大生の岸(小出恵介)に
次第に心ひかれるようになる。
岸はなぜかみすずにオートバイの
乗り方を教えようとするのだった。 

ある日、体制に反逆する彼らは、
機動隊に痛めつけられ、
仲間の一人、ヤス(松浦裕也)は
一生歩けなくなる。
権力を強く憎む岸はみすずに言う。
 「俺は権力を憎んでいる。
だが、頭を使いたいんだ。
 お前が必要だ」
そして、現金輸送車から
三億円を強奪する計画を語り始めるのだった。

「勝負が終わったら、もう会えないの?」
そう尋ねるみすずに、
「帰ってくるよ」
そう答える岸。
そして決行の日がやってきた・・・。  

「三億円事件の犯人が女子高生」
という設定に惹かれて、
 前から観たいと思っていた作品。
この映画が描く1960年代に
私は生きていなかったけれど、
その時代性のような者の描き方は
弱いかなと思いました。
それだからか、
初めはそれほどひきつけられず観ていました。

しかし、終盤、
特に三億円事件のシーンが終わってから
ぐんぐんひきつけられました。
犯罪には時効はあるけれど、
みすずの傷ついた心には時効はない。
そんなセリフが心に残りました。
みすずにとって、
他の人にこんなにも必要とされたのは
初めてだったということ、
そんな孤独感を
宮崎あおいがうまく演じていました。
そして、愛しているからこそみすずのもとに帰れない
岸の気持ちも切なかったです。
小出恵介は好きな俳優ですが、
この作品でもよかったです。 

1960年代、体制に反逆しようとしていた若者は
今では十羽ひとからげで語られるけれど、
 実はみすずにも、岸にも、亮にも、ユカにも、ヤスにも、
そして他の仲間達にも
それぞれ自分の鮮烈な人生があったのだ、
そんなことも思いました。 
ただ、亮とみすずの関係が
あまり描かれておらず
そこが深まるともっと
いい作品になったかな、とも
思いました。 

宮崎あおいはこの映画の原作に心ひかれ、
自分から出演したいといったそうです。
この映画に描かれていることこそ真実だ、
そうも言っています。 

 誰にでも一回しかない初恋。
甘酸っぱい思い出になっても
いいはずだったのに、
そしてあの時代に生まれなければ
2人は幸せな恋人になったかも
しれないのに。
 それがみすずにとっては
あまりにも激しい恋になってしまった。
 そんなことを感じながらエンドロールを見ていました。
心に残る作品がまた一つできました。

http://www.hatsu-koi.jp/

DVDにて鑑賞)

初恋 プレミアム・エディション [DVD]初恋 プレミアム・エディション [DVD]
出演:中原みすず
販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006-11-24
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「花とアリス」4

花とアリス1花とアリス2花とアリス3











監督:岩井俊二
出演:鈴木杏 蒼井優、郭智博、相田翔子、阿部寛
(配給;東宝 2004/日本/135分/カラー)

駅で見かけた少年・中村雅人(郭智博)に
恋をしてしまった花(鈴木杏)。
その後花は彼と同じ高校に入学し、同じ部活に入る。
ある日中村は下校途中頭を強く打つが
懸命に介抱する花の名前どころか
顔も覚えていない。
さすがに腹を立てた花はこう嘘を付く。
「それじゃあ先輩わたしのこと好きだって
言ったことも覚えてないんですか?」
その言葉を真に受けた中村は
部分的に記憶喪失になったと思いこみ
花と付き合いだすが、嘘が嘘を呼び、
片思い時代に隠し撮りをした写真を
見つけられてしまった時に
つい「これは先輩がふった元カノが
嫌がらせに送ってきたんです!」
と言ってしまう。花はその元カノ役を
親友のアリス(蒼井優)に頼むが、
だんだんこの3人の関係が微妙になってきて…。

鈴木杏と蒼井優という
全く違った個性を持った女優2人の
魅力を十二分に出しているところが
岩井監督さすがだと思いました。
2人の間にいる郭智博は
しゃべり方もとぼけていて天然ボケ系、
どうしてこの俳優さんを使ったのかしら?とも思いましたが
恋人のことだけ忘れてしまうなんていうことを
まじめに信じるような人なので
狙ったかなと思います。
初めは特に魅力ないなと思いましたが
だんだん味が出てきて
最後のほうはいいなと思いました。
彼と花の入っている部活は
落語研究会なのですが、
彼の落語はあまりにも無愛想で笑えます。

アリスというあだ名は
名字が有栖川だというところからきています。
彼女の両親は離婚していて、
母親(相田翔子)は次から次へと
新しい男を作っては振られるの繰り返し。
アリスの少しさみしげな
表情は蒼井優にぴったりです。
お父さんに逢う日があるのですが、
アリスにはお父さんとも
たくさん思い出があります。
海に行ったこと、そこでトランプをしたら
とばされてしまったこと、
昔はところてんが食べられなかったこと・・・。
そしてなぜかお父さんは知らない間に
中国語が話せるようになっていました。
「愛しています」「ウォーアイニー」を
教えてもらうアリス。
そんなお父さんとの思い出が、
中村との「嘘の思い出作り」と
重なるところがすばらしかったです。

アリスと花の共通の趣味はバレエ。
2人のレッスンを撮影しにくる
写真部の友人が何度も花にいいます。
「アリスと喧嘩しちゃだめだよ。」
その台詞がすごく心に残ります。
その友人役の女優さんは
大した特徴もない平凡な感じなのですが、
なぜだか心に残りました。
「はなやしき」のエピソードもよかったです。

しかし、蒼井優のバレエはすごいですね。
小さいころからやっていたらしいので他の映画にも
よく踊るシーンが出てきますが、
今回も素晴らしかったです。

女の子の友情もいいじゃん!
そう思わされた映画でした。

(NHKBS2にて鑑賞)

花とアリス 特別版 [DVD]花とアリス 特別版 [DVD]
出演:鈴木杏
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004-10-08
おすすめ度:4.5
クチコミを見る




 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「蛇イチゴ」5

蛇イチゴ











監督・脚本 西川美和
プロデューサー 是枝裕和
出演 宮迫博之 つみきみほ 平泉成  大谷直子 手塚とおる 絵沢萠子 寺島進 笑福亭松之介
配給:ザナドゥー(2002/日本/108分/カラー)

明智倫子(つみきみほ)の家族はごく平凡な家庭。
まじめ一徹のエンジニアの父(平泉成)、
夫に尽くし、痴呆の進んだ義父を介護するおとなしい母(大谷直子)、
認知症が進み心臓も患った祖父(笑福亭松之介)の
4人家族である。祖父の奇行に悩まされることはあるが、
母と祖父の信頼関係も厚く、
心配することはない…と思っていた倫子だった。 
倫子は同僚で資産家の鎌田(手塚とおる)と近く結婚することになっており
今日は鎌田がはじめて自宅を訪問する日だった。
温かく迎えられる鎌田を見て、これからも幸せを
確信する倫子だったのだが、
祖父の死をきっかけに勘当された兄(宮迫博之)と再会、
そして家族一人一人が持っていたほつれが
一気に明らかになっていく…。

「ゆれる」の監督西川美和の初期作品です。
うまく行っていたかのように見えた家族の、
長い年月一緒にいたことによって
少しずつたまってきた鬱積や信頼関係の崩れが
一気に放出する姿を描いた見事な作品です。
「平凡な家庭」「温かい家庭」などというものは
もしかしたら幻想で、ほんとうには存在しないのではないか
とまで思わせるほどの恐ろしい作品になっています。
登場人物一人一人の描き方が、非常に冷めて現実的です。
失業したことを隠し借金をためまくった父親は
見栄っ張りで愚痴っぽく、鎌田の前では笑顔を見せながら
帰ったとたん悪口を言ったりします。
義父の介護に一人耐える母親がその死に関わり、
死後にほんの少し壊れていく姿も強烈です。
「いつも正しい」と言われてきた倫子は
母親が兄に「倫子は真面目すぎて息苦しい」と言っているのを
立ち聞きしてしまい今までの自分をいきなり否定されます。
そしてあまりの乱交ぶりに勘当された兄が
いきなり救世主のように現れ、
父親も母親も兄にすがるようにするのを見て、
自分の存在意義を無くしてしまいます。
家族が崩壊していく過程が、
真綿で首を絞めるように、じわじわと、そしてゆっくりと
描かれて行きます。

「うちがおしまいになっちゃう前に、
お兄ちゃんに出て行ってもらおうよ」
そんな台詞が印象的です。

「いつも正しい倫子」はいつも正しいわけじゃなかったことも
示唆されるところが深いと思いました。
小学校の教師をしている彼女は、生徒の一人が
うそをついたと決め付けるのですが、
一人の生徒にこう言われてはっとします。
「本当に、お母さんが病気だったんじゃないんですか」
そして、本当に「いつも正しい」「でたらめをいったことがない」
倫子はどこにもいなかったことが暗示されるような、
倫子の今までの生き方を否定するような、
そんな悲しみもあります。

「雨上がり決死隊」の宮迫博之が
いいかげんな兄を好演しています。
正直、ここまでうまいとは思いませんでした。
父親に最後の解決策を言い出すときの目が
忘れられません。
ちなみに、相方の蛍原も一瞬ですが出演していましたね。

家族、とくにきょうだいの葛藤を描いているところは
「ゆれる」と重なるところがあります。
これからも、西川監督は
いろんな家族を描いていってくれるのでしょうか。
ラストシーンの鮮やかな色彩が心に残る作品です。

(DVDにて鑑賞)

http://www.kore-eda.com/hebiichigo/#

蛇イチゴ [DVD]蛇イチゴ [DVD]
出演:宮迫博之
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004-04-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「変身」2

変身







監督:佐野智樹
原作:東野圭吾
出演:玉木宏 蒼井優 佐田真由美 山下徹大 松田悟志 釈由美子 北村和夫
配給:日本出版販売(2005/日本/108分/カラー)

今をときめく直木賞作家、東野圭吾原作の小説を 
佐野智樹監督が映画化。佐野監督はこの映画が 
監督デビュー。 

目が覚めると成瀬純一(玉木宏)は病室にいた。 
なぜここにいるかは記憶がないが、 
どうやら頭に重傷を負って手術を受けたらしい。 
少しずつ記憶が戻り、最愛の恋人メグ(蒼井優)との 
思い出も蘇る。彼女と再会し、体調も回復してきたが、 
趣味としていた絵のタッチが変わり、 
嗜好も変わっていることに気づく。 
ある日、自動販売機を探しに病室を出ると、 
研究室のカギが開いていた。 
そこで発見したのは、自分の脳の標本。 
そう、純一の右脳はひどく損傷し、 
たまたま見つかったドナーの脳を移植したというのだ。 
そして、彼は少しずつ自分の人格が 
変わっていくことに気づく…。 

ストーリーがおもしろいので 
飽きることなく観ました。 
玉木宏はそれほど好きな俳優ではなかったけれど 
2つの人格をがんばって演じ分けていたと思います。 
蒼井優の清廉さが一服の清涼剤となっていますね。 
萌黄色のワンピースが印象的です。 
それほど深く考えさせられるような映画とは 
言えませんが、エンターテインメントとしての 
映画としてみれば良質なものですし、 
主人公二人が初めてデートした川べりのシーンは 
とてもきれいだったと思います。 

起こることは現実離れしているし 
つらいことも起こりますが、 
良くも悪くも美しく描かれていると思いました。 
主人公の苦悩がもう少し感じられれば 
もっと良いものになったのではないかと感じられ 
少し残念ではあります。 
人間を描かずストーリーを描くとこうなるのかな 
と思いました。 
つまらない映画とは思わないので、 
ストーリー展開を追うのが好きであれば 
観るのもいいかと思います。
でもそれなら原作を読んだほうがいいかもという気も
しないではないですが・・・。
うん、やはりもう一歩がんばってほしかった作品ですね。 

変身 [DVD]変身 [DVD]
出演:玉木宏
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006-05-26
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「人のセックスを笑うな」4

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
人のセックスを笑うな






監督:井口奈己
出演:永作博美 松山ケンイチ 蒼井優 忍成修吾 あがた森魚
配給:東京テアトル (2007/日本/137分/カラー) 

山崎ナオコーラ原作の同名小説を井口奈己監督が映画化。 

美術学校に通う19歳のみるめ(松山ケンイチ)と 
リトグラフの講師ユリ(永作博美)、39歳。 
奇遇な出会いを重ねるうちに、 
ふとユリはみるめに言う。 
「モデルにならない?アトリエがあるの」 
誘われるままにアトリエを訪ねたみるめは 
当たり前のように服を脱がされ、 
そのまま二人は関係をもつ。 
ところが、ユリの家を訪ねると 
そこには「猪熊さん」という男がいて…。 

スキャンダラスなタイトルですが、 
観終わった後 
「穏やかな時間を過ごさせてもらったな」 
と思えるような作品でした。 
ラブシーンも、ほほえましいくらいラブリー。 
永作が元来持つファム・フェタールぶりと、 
松山ケンイチのキュートさがたまらなくマッチ。 
また、みるめをひそかに思うえんちゃん(蒼井優)も 
いい。 

セリフをあえて聞かせないような演出が 
当たっていました。 
アドリブかと思うくらい登場人物の演技は「素」。 
しかし、その「素」は永作や松山の「素」ではなく 
ユリやみるめの「素」になっていました。 
ある意味、究極の演技。 
そういうふうに演技させる監督は 
井口監督だけではなく、 
また失敗に終わることも多い。 
でもこの映画に関しては成功していると思いました。 
ユリが、年下の青年を誘惑しておきながら 
猪熊さんの前ではちゃんと妻であるところ、 
ちゃんと永作さんの中では「ユリ」のキャラクターが 
一貫しているところから、そう感じました。 

セリフは聞かせないのですが、 
だからこそえんちゃんの 
「みんなさびしいんだよ。だから 
さびしいなんて言うなんて意味ないんだよ。」 
という意味があるようなないようなセリフが 
心に残りました。 
えんちゃん、よかったですね。 
ダブルベッドの上をぴょんぴょんとびはねているシーン 
印象的でした。 

小道具の使い方がうまい監督ですね。 
ビーチサンダル、ハートのライター、 
自転車、マフラー、石油ストーブ、 
空気マットレス、こたつ、信玄もち、 
携帯電話、などなど。 
まだまだありそうな気がします。 

わたしはあまりカメラワークという目で 
映画を見ないのですが、 
この映画に関してはかなり特徴的なので 
気になりました。 
まず、遠景が多い。 
なのに急に人に迫ったり。 
また、固定カメラが多いですね。 
カメラが動かなくて登場人物が動くのが 
けっこうおもしろい。 
えんちゃんがユリの個展に行き、 
居場所がなくて壁際に座って、 
ずるずるとスクリーンのはじっこまで動くシーンが 
おもしろかったです。 
オフスクリーンにある何かに手をのばして、 
なんだろうと思ったらお菓子ぼりぼり食べてて。 
あと、カメラマンが一緒に動くので 
ずっと役者がスクリーンの真ん中にいる、 
というカメラワークもけっこう多くて、 
そばにいるみたいな感じがしました。 

タイトルの意味は最後の最後でわかりました。 
おもわずクスッとしてしまう感じ。 
みるめ、本当にかわいいです。 
ちょっと甘酸っぱいような、 
ワサビのきいたような、 
そんなハートウォーミングな映画でした。 
奇遇にも、みるめはすしはさび抜きでないと 
食べられなかったりします(笑)。 

http://hitoseku.com/

人のセックスを笑うな [DVD]人のセックスを笑うな [DVD]
出演:永作博美
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2008-07-25
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ