永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

邦画ま〜も

「めがね」4

めがね












監督・脚本 荻上直子
出演 小林聡美 市川実日子 加瀬亮 光石研 もたいまさこ 薬師丸ひろ子(「めがね」の友だち)
配給:日活 (2007/日本/106分/カラー)

観光名所も何もない、
やることといったら「たそがれる」しかない、
そんな南の島に集まった、
めがねをかけた5人の男女の物語。

春もまだ浅い日、初老の女性サクラ(もたいまさこ)が
島にやってきて深々と頭を下げる。
時を同じくして民宿ハマダにやってきたタエコ(小林聡美)。
携帯が届かないようなところに来たいと思っていた
タエコだったがそこでの生活になかなかなじめない。
朝早く起こしに来るサクラ、そして海辺で毎朝行われる
「メルシー体操」、食事はいつもみんなと一緒。
民宿の主人ユージもマイペースで
彼の書いた地図は限りなくファジー。

耐えられなくなったタエコは高校教師ハルナ(市川実日子)に
他のホテルに連れて行ってもらうが、そこでもなじめず、
自転車でやってきたサクラに拾ってもらって
二人乗りで民宿ハマダに帰ってくる。
タエコの知り合いらしいヨモギ(加瀬亮)も現れ、
5人の春はゆっくりと流れていくのだが…

永遠というものは一体あるのでしょうか。
この島に住んでいると、同じような生活が
永遠に続くような気がします。
でも、タエコとヨモギは旅人でしかありません。
旅は思い立った時に始められるけれど、
永遠ではない。そんなセリフと、生物教師ハルナの
プラナリアの話が重なって、心に残りました。
サクラは毎年春になるとやってきて、
雨が降り始めるといなくなってしまう。
でもそんな繰り返しが、
「永遠はない」といいながらも
「永遠」を信じている監督のメッセージを伝えているような
気がしました。

ユージの地図は本当にいいかげんで、
「道がないと不安になってから80メートルくらい行くと
右に曲がる道がある」・・・とか書いてあるので笑えます。
でも、そんな地図でもタエコは
民宿にすぐにたどり着くことができました。
ハルナが達成してから数年ぶりの偉業だそうで、
「ここにいる才能がある」とほめられます。
そのセリフが好きです。
初めは異分子にすぎなかったタエコが
少しずつ「たそがれる」ことを覚えていくのは、
必然だったのかもしれません。

サクラは海の家でかき氷を売っています。
「あのかき氷を食べてみると考え方が変わるよ」
そうユージに言われて食べてみたタエコ。
一口食べた瞬間、今まで見ていた海の風景が
全く変わったような、そんな表情をするのが
印象的でした。
あと、笑えるのはサクラが主導している
「メルシー体操」。
あまりのユルさに力が抜けます。

タエコがなぜ来たのか、
なぜヨモギに「先生」と呼ばれているのかが
はっきりと描かれていないところが
またいいですね。
そして、ハルナもまた
どこかからやってきたらしい。
ぶっきらぼうなハルナを市川実日子が好演していました。
そして、サクラはもちろんのこと
ユージでさえも過去に何をしていたのかは
描かれていません。
それなのに、5人とも
一本筋の通ったキャラクターをきちんとこなしていて
すばらしかったです。

特に大事件があるわけではなく、
島の生活はゆっくりと、ゆっくりと過ぎて行きます。
自然と、観客にも「たそがれる」ことを
覚えさせてくれるような
そんなゆったりとした気持ちにさせてくれる映画でした。

(DVDにて鑑賞)

http://www.megane-movie.com/

めがね(3枚組) [DVD]めがね(3枚組) [DVD]
出演:小林聡美
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008-03-19
おすすめ度:
4.5
クチコミを見る




 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「幻の光」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
幻の光






監督 是枝裕和
原作 宮本輝
出演 江角マキコ 内藤剛志 浅野忠信 木内みどり 柄本明 赤井秀和 市田ひろみ 大杉漣 柏山剛毅 渡辺奈臣
配給 シネカノン=テレビマンユニオン(1995/日本/110分/カラー)

宮本輝の同名小説を原作に、 
是枝裕和監督がデビューを飾った作品。 
第52回
ヴェネチア国際映画祭 金のオゼッラ賞受賞。

少女時代に、認知症の祖母が出て行くのを止められず、 
結局死に追いやったと思っているゆみ子(江角マキコ)は 
そのときトンネルから現れた郁夫(浅野忠信)と 
結婚し、尼崎のアパートでつつましい生活を始める。 
赤ちゃんもでき幸せな生活が始まったと思った 
そのとき、郁夫が謎の自殺を遂げる…。 

観ている間は、主役のゆみ子が 
江角マキコであることに違和感を感じていました。 
江角マキコは気丈で、大胆、豪傑というイメージがあり 
ゆみ子のような人生の大きな荷物を 
背負って生きている女性とはちょっと 
合わない気がしたからです。 
実際、再婚したゆみ子は 
影を背負いながらもとても幸せに見え、 
心の揺らぎはそれほど感じられない気がしました。 
しかし、最後まで観て、 
だからこそ江角マキコだったのだろうかと 
思わされました。 
ゆみ子は過去を乗り越えようとします。 
そして事実、再婚相手(内藤剛志)とも 
父親(柄本明)とも近所のおばさんたちとも 
うまくやっていきます。 
新天地での生活になじんでいこうという姿は
強さも感じられ、江角マキコの豪胆ぶりが効果的です。
しかし、実は彼女はずっと自分の中で 
問いかけていたのでした。 
「郁夫、なぜ自殺したの?」 
問いかけても問いかけても誰も答えてくれない 
その謎を打ち消そうとする彼女が 
ぽっきりと折れてしまった瞬間の表情を 
江角マキコは的確に演じていたと思います。
新しい夫が隠していた、ほんのちょっとの秘密。
故郷に帰り再び大きくなった問いかけが
彼女を支配していた時、それが彼女にのしかかります。
「あんた、うそつきや」 
それまでの彼女があまりにも気丈であったからこその 
表情だったと思います。 

終盤、見知らぬ人の葬列の後ろに 
ふらふらとついていく彼女の姿が 
遠景で映し出されるのがとても美しかったです。 
また、トンネルも処々に表れるのですが、 
暗いトンネルの向こうに見える明るい風景が 
「幻の光」を象徴しているようでもあります。 
日本海の激しい波音も印象的です。 

穏やかな中に秘めたエネルギーをもつ映像と演技が 
印象的な秀作だと思います。

幻の光 [DVD]幻の光 [DVD]
出演:江角マキコ
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003-04-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ