永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

ヨーロッパ映画

「クィーン」4

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
クィーン1クィーン2













監督 スティーブン・フリアーズ
脚本 ピーター・モーガン
出演 ヘレン・ミレン マイケル・シーン ジェイムズ・クロムウェル
配給:エイベックス・エンタテイメント(2006/英仏伊合作/104分/カラー)

【第79回アカデミー賞】主演女優賞受賞
【ゴールデングローブ賞】主演女優賞、脚本賞受賞
【英国アカデミー賞】作品賞、主演女優賞 

国民に愛されていたダイアナ元皇太子妃の突然の死。
すでに民間人となっていたダイアナについては、
英国王室は何もコメントをする立場にあるわけではなかった。
しかし、このスキャンダラスな事故死に際し、
エリザベス女王(ヘレン・ミレン)と
ダイアナの不仲説がクローズアップされ、
そしてダイアナの死に対して半旗も出さず
追悼の意も表わさない王室への
民間人からの反感が高まっていく。
その溝を埋めようと、就任したばかりの
ブレア首相(マイケル・シーン)は
心を砕くのだが…。

まず、アカデミー賞主演女優賞を受賞したヘレン・ミレンの
気品あふれた、また毅然とした女王ぶりを称賛したい。
苦悩しながらも決して誇りを失わない彼女が
森の中で美しい鹿を見て涙を流すシーンが印象的だ。

また、ブレア首相の描き方もいい。
初めは自分の立場を守ろうとしていた彼が、
エリザベスに母親のような情を感じ始め、 
エリザベスが必死で守ってきた王室の誇りを
称える気持ちになる過程が見どころだ。
ダイアナに同情し、エリザベスをはじめとした
王室の冷たさを強調する声が多い中、
この映画を観ると、エリザベスは決して
冷たいだけの人間ではないということが感じられる。
むしろ、民間人となったダイアナの死に言及することは
正しいことだったのか?という気持ちにまでさせられる。
彼女は女王であると同時に、一人の人間である。
そして、一人の人間であると同時に女王である。
それが彼女の苦悩を深めるのである。
しかし、彼女が恥辱を受けたのはほんの1週間であった、
というブレア首相のセリフがまたいい。
この事件を通じて生まれたエリザベスとブレアの
絆は美しく、またこの映画をさらに深いものにしている。 

ダイアナの死後、鹿狩りに行っていたロイヤルファミリーが
帰ってきたとき、民衆の前に現れる。
ダイアナに手向けられた花束には王室を責めるメッセージも
多々書き込まれていた。その中で、小さな女の子が
「This is for you」といってエリザベスに花束を渡すシーンは
エリザベスも観ている者も救われた気持ちになる
すがすがしいシーンであった。

様々な賞を総なめにしたのが納得できる秀作。

(スカパー!にて視聴)

http://queen-movie.jp/

クィーン<スペシャルエディション> [DVD]クィーン<スペシャルエディション> [DVD]
出演:ヘレン・ミレン
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2007-10-24
おすすめ度:
4.0
クチコミを見る


 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「BOY A」4

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
BOY A






監督:ジョン・クローリー
出演:アンドリュー・ガーフィールド ピーター・ミュラン ケイティ・リオンズ ショーン・エヴァンス

配給:シネカノン(2007/イギリス/107分)

物語はどこかの施設から始まる。 
初老の男性と、20代の若者。 
やがて初老の男性の口から「保釈」という言葉が出る。 
そして、若者は新しい名前をつけることになる。 
本名で社会に出るのは危険すぎるほど 
彼は「尋常ではない」罪を犯したことが暗示される。 

何年かぶりに街に出たジャック(そう、彼が自分で 
選んだ新しい名前だ)の目には何もかも新鮮に映る。 
彼の無垢で純粋な笑顔が印象深い。 

運送の仕事を始めたジャック。 
人一倍友達思いの彼には親友ができ、 
そして恋人もできる。 
しかし、夜見る夢は彼をさいなむのだった。 

回想シーンから、わたしたちは 
「BOY B」フィリップの存在を知るようになる。 
フィリップは、無二の親友BOY Aでもいやすことのできない 
悲しみをたたえている。 
そして、彼らが「悪魔」になる日がやってきて…。 

殺人を正当化するつもりはない。 
でも、人間は身体だけの生き物ではない。 
わたしたちには「心」がある。 
そして、BOY B フィリップは 
「心を殺された」のだと思う。 
この映画を観ると、「心を殺す」ことは 
人を身体的に殺すことと同じくらい 
残酷になりうるのだと思わざるを得なくなってしまう。 

そしてジャックはフィリップの悲しみを 
自分自身の悲しみにしてしまう。 
友達の苦しみを自分から引き離して考えることが 
できない、そんな純潔なやさしさが 
このジャックにはある。 

ソーシャルワーカーのテリーは 
ジャックが保釈される時に 
「ESCAPE」というロゴが入ったスニーカーをプレゼントする。 
過去を忘れて生きるのだというメッセージを込めて 
贈られたはずのスニーカーだったのだろうが、 
恋人を本当に愛し始め、 
彼女に自分の秘密を話せないことで 
彼はどこへも「ESCAPE」できなくなってしまう。 

主役のアンドリュー・ガーフィールドと 
彼を支えるソーシャルワーカー役の 
ピーター・ミュランの演技が素晴らしかった。 
映画館を出てからのほうが、 
重くのしかかるものがあるような、 
にもかかわらず澄み切った情景が心に残る、 
そんな映画だった。

http://www.boy-a.jp/

渋谷・シネアミューズウェスト他で絶賛上映中!

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ