永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

衝撃を受ける映画

「蛇イチゴ」5

蛇イチゴ











監督・脚本 西川美和
プロデューサー 是枝裕和
出演 宮迫博之 つみきみほ 平泉成  大谷直子 手塚とおる 絵沢萠子 寺島進 笑福亭松之介
配給:ザナドゥー(2002/日本/108分/カラー)

明智倫子(つみきみほ)の家族はごく平凡な家庭。
まじめ一徹のエンジニアの父(平泉成)、
夫に尽くし、痴呆の進んだ義父を介護するおとなしい母(大谷直子)、
認知症が進み心臓も患った祖父(笑福亭松之介)の
4人家族である。祖父の奇行に悩まされることはあるが、
母と祖父の信頼関係も厚く、
心配することはない…と思っていた倫子だった。 
倫子は同僚で資産家の鎌田(手塚とおる)と近く結婚することになっており
今日は鎌田がはじめて自宅を訪問する日だった。
温かく迎えられる鎌田を見て、これからも幸せを
確信する倫子だったのだが、
祖父の死をきっかけに勘当された兄(宮迫博之)と再会、
そして家族一人一人が持っていたほつれが
一気に明らかになっていく…。

「ゆれる」の監督西川美和の初期作品です。
うまく行っていたかのように見えた家族の、
長い年月一緒にいたことによって
少しずつたまってきた鬱積や信頼関係の崩れが
一気に放出する姿を描いた見事な作品です。
「平凡な家庭」「温かい家庭」などというものは
もしかしたら幻想で、ほんとうには存在しないのではないか
とまで思わせるほどの恐ろしい作品になっています。
登場人物一人一人の描き方が、非常に冷めて現実的です。
失業したことを隠し借金をためまくった父親は
見栄っ張りで愚痴っぽく、鎌田の前では笑顔を見せながら
帰ったとたん悪口を言ったりします。
義父の介護に一人耐える母親がその死に関わり、
死後にほんの少し壊れていく姿も強烈です。
「いつも正しい」と言われてきた倫子は
母親が兄に「倫子は真面目すぎて息苦しい」と言っているのを
立ち聞きしてしまい今までの自分をいきなり否定されます。
そしてあまりの乱交ぶりに勘当された兄が
いきなり救世主のように現れ、
父親も母親も兄にすがるようにするのを見て、
自分の存在意義を無くしてしまいます。
家族が崩壊していく過程が、
真綿で首を絞めるように、じわじわと、そしてゆっくりと
描かれて行きます。

「うちがおしまいになっちゃう前に、
お兄ちゃんに出て行ってもらおうよ」
そんな台詞が印象的です。

「いつも正しい倫子」はいつも正しいわけじゃなかったことも
示唆されるところが深いと思いました。
小学校の教師をしている彼女は、生徒の一人が
うそをついたと決め付けるのですが、
一人の生徒にこう言われてはっとします。
「本当に、お母さんが病気だったんじゃないんですか」
そして、本当に「いつも正しい」「でたらめをいったことがない」
倫子はどこにもいなかったことが暗示されるような、
倫子の今までの生き方を否定するような、
そんな悲しみもあります。

「雨上がり決死隊」の宮迫博之が
いいかげんな兄を好演しています。
正直、ここまでうまいとは思いませんでした。
父親に最後の解決策を言い出すときの目が
忘れられません。
ちなみに、相方の蛍原も一瞬ですが出演していましたね。

家族、とくにきょうだいの葛藤を描いているところは
「ゆれる」と重なるところがあります。
これからも、西川監督は
いろんな家族を描いていってくれるのでしょうか。
ラストシーンの鮮やかな色彩が心に残る作品です。

(DVDにて鑑賞)

http://www.kore-eda.com/hebiichigo/#

蛇イチゴ [DVD]蛇イチゴ [DVD]
出演:宮迫博之
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004-04-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「ゆれる」5

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
ゆれる





監督・脚本:西川美和
企画:是枝裕和
出演:オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 
真木よう子 蟹江敬三 木村祐一 
田口トモロヲ ピエール瀧
配給:シネカノン(2006/日本/119分/カラー)

東京でカメラマンとして成功している
弟・猛(オダギリジョー)は 
家業のガソリンスタンドを継いだ
兄・稔(香川照之)の誘いで 
母の法事をきっかけに故郷山梨に帰ってくる。 
幼馴染の智恵子(真木よう子)は
そのガソリンスタンドで働いている。 
どうやら兄は智恵子に思いを寄せている様子だ。 
次の日、子供のころに行った渓谷に3人で行こうと 
はしゃぐ稔。 
兄の気持ちを知りながら、猛は自分を前に想っていた 
智恵子とその晩関係を結ぶ。 
そして、渓谷で事件は起こった。 
ゆれる吊り橋から、智恵子が転落したのだ。 
そばにいたのは稔だけ。 
事故として処理されていく中、 
稔は自分が突き落したと自白する…。 

様々な人々の思いが、 
まさに「ゆれ」ていくのが 
じわじわと描かれていました。 
兄と自分を父に比較された猛の心も「ゆれ」、 
おそらく猛が帰ってくるまでは 
稔のことも悪くは思ってはいなかったであろう 
智恵子の気持ちも「ゆれ」、 
智恵子と出かけたまま遅くまで帰ってこない猛を思って 
稔の心も「ゆれる」。 
そして、被告人となった兄に 
面会しにいくうちに 
兄の心の深い深い所にふれた猛の心は 
さらに「ゆれる」。 

兄と面会室で口論になった時、猛を映すカメラが 
微妙にゆれていたのが印象的でした。 
あのときにこそまさに、 
猛の心はゆれていたのでしょう。 
思いあっていないわけではないのに、 
お互いに自分にないものを持っている 
兄弟との微妙な関係が 
絶妙に描かれていました。 

ほとんど表情を大きく変えることがないのに、 
ちょっとした目配りで 
積もっていく念のようなものを 
表現している香川照之の演技が 
すばらしかったです。 
また、被告人の父になってしまった 
伊武雅刀が、洗濯物を干すシーン、 
特に終盤ぼけてしまって新聞を干しているのが 
悲哀を感じさせます。 
また、終盤ゆっくりとブランコが揺れるシーンも 
象徴的でした。 

人間の奥底にあるどろどろとした感情が 
じわじわと、しかし決して暗くはなく 
じっくりと描かれたすばらしい作品でした。

http://www.yureru.com/splash.html

ゆれる [DVD]ゆれる [DVD]
出演:オダギリジョー
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007-02-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
続きを読む

「シークレット・サンシャイン」5

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!

シークレット・サンシャイン1シークレット/サンシャイン2





監督・脚本:イ・チャンドン
出演:チョン・ドヨン ソン・ガンホ チョ・ヨンジン キム・ヨンジェ ソン・ヨンジョプ ソン・ミリム キム・ミヒャン
配給:エスピーオー (2007/韓国/142/カラー)

 

夫を亡くし、息子ジュンと一緒に 
夫の故郷密陽(ミリャン)に引っ越してきた 
シネ(チョン・ドヨン)。 
ソウルから密陽に来る途中に 
車の故障を直してもらったことがきっかけで 
知り合ったジョンチャン(ソン・ガンホ)は 
なにかとおせっかいをやいてつきまとうが 
シネは相手にもしない。 
どこか人と距離を置いているように見えたシネも 
少しずつ友達ができ、 
「ここの土地を買って不動産投資したい」と言い始める。 
順調に新生活が始まったと思ったそのとき 
息子ジュンが何者かに誘拐され、殺されてしまう。 
絶望に打ちひしがれたシネを救ったのは 
意外にも神の存在であった。 
信仰にすがり、犯人を許そうと決めて 
刑務所に面会に行くシネだったが 

本当の絶望に出合った時、 
人は人を許すことなどできないのかもしれない。 
シネは犯人を「許す」ことで 
自分が救われたかったのだと思う。 
「わたしはこれで幸せなのだ」 
そう思いたかったのだと思う。 
しかし人は本来人を裁くことなどできず、 
人が人を許すということは 
欺瞞であり自己満足に過ぎない。 
神が人を許すことができるのは、 
人を殺した者も、家族を殺された者も 
みんな平等に扱うからだ。 
けれど、人はそんなことはできるはずもないし 
する必要もないのだと思う。 

そして、絶望に出会ってしまった人を、 
人は「救う」ことなどできないのかもしれない。 
ただ、シネを見ていることしかできない、 
愚かで武骨なジョンチャンを見てそう思った。 
ジョンチャンはこれからもシネを見守り続けるだろう。 
行きたいところがあったらどこにでも連れて行くだろうし、 
髪の毛を切ると言ったら鏡を持っていてやるだろう。 
しかし、シネは永遠に救われることはない、 
そう思った。 

この作品でカンヌ映画祭主演女優賞を取った 
チョン・ドヨンの演技がすばらしい。 
2
時間以上の長い映画だが、 
観ている者をぐいぐいとひっぱっていく。 
どうやら、シネは密陽に来る前も 
幸せではなかったようだ。 
はっきりとは描かれないが、 
実の父親と確執があり、 
また夫も浮気をしていたことが示唆される。 
息子も、決してシネに心からなついているようでもない。 
ジョンの葬式の時、姑はシネをこう責める。 
「息子も孫もお前が殺した」 
シネは密陽に来るまでいったいどんな人生を歩んできたのだろう。 
知りたい気もするし、 
知るのが怖い気もする。 
息子の死はきっかけだっただけで、 
シネの人生の歯車が狂ってしまったのは 
必然だった、そんな気がする。
「密陽は好きよ。誰もわたしのことを知らないから」
そんな数奇な人生を歩んできたシネを チョン・ドヨンは見事に演じきっている。 

重いテーマながら、 
話は淡々と進んでいく。 
シネは決して「被害者」とは描かれないのだ。 
悲惨な事件に巻き込まれ、 
少しずつ壊れていくシネを見ていても、 
シネは特殊な人生を歩まざるを得なかった 
かわいそうな女性としては描かれない。 
むしろ、
「どんな人間にとっても、 
人生とはこういうものなのだ」 
という事実を突きつけられたような、 
そんな気がしながら映画館を後にした。

2009年1月1日 DVD発売開始予定

シークレット・サンシャイン [DVD]シークレット・サンシャイン [DVD]
出演:チョン・ドヨン
販売元:エスピーオー
発売日:2009-01-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「BOY A」4

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
BOY A






監督:ジョン・クローリー
出演:アンドリュー・ガーフィールド ピーター・ミュラン ケイティ・リオンズ ショーン・エヴァンス

配給:シネカノン(2007/イギリス/107分)

物語はどこかの施設から始まる。 
初老の男性と、20代の若者。 
やがて初老の男性の口から「保釈」という言葉が出る。 
そして、若者は新しい名前をつけることになる。 
本名で社会に出るのは危険すぎるほど 
彼は「尋常ではない」罪を犯したことが暗示される。 

何年かぶりに街に出たジャック(そう、彼が自分で 
選んだ新しい名前だ)の目には何もかも新鮮に映る。 
彼の無垢で純粋な笑顔が印象深い。 

運送の仕事を始めたジャック。 
人一倍友達思いの彼には親友ができ、 
そして恋人もできる。 
しかし、夜見る夢は彼をさいなむのだった。 

回想シーンから、わたしたちは 
「BOY B」フィリップの存在を知るようになる。 
フィリップは、無二の親友BOY Aでもいやすことのできない 
悲しみをたたえている。 
そして、彼らが「悪魔」になる日がやってきて…。 

殺人を正当化するつもりはない。 
でも、人間は身体だけの生き物ではない。 
わたしたちには「心」がある。 
そして、BOY B フィリップは 
「心を殺された」のだと思う。 
この映画を観ると、「心を殺す」ことは 
人を身体的に殺すことと同じくらい 
残酷になりうるのだと思わざるを得なくなってしまう。 

そしてジャックはフィリップの悲しみを 
自分自身の悲しみにしてしまう。 
友達の苦しみを自分から引き離して考えることが 
できない、そんな純潔なやさしさが 
このジャックにはある。 

ソーシャルワーカーのテリーは 
ジャックが保釈される時に 
「ESCAPE」というロゴが入ったスニーカーをプレゼントする。 
過去を忘れて生きるのだというメッセージを込めて 
贈られたはずのスニーカーだったのだろうが、 
恋人を本当に愛し始め、 
彼女に自分の秘密を話せないことで 
彼はどこへも「ESCAPE」できなくなってしまう。 

主役のアンドリュー・ガーフィールドと 
彼を支えるソーシャルワーカー役の 
ピーター・ミュランの演技が素晴らしかった。 
映画館を出てからのほうが、 
重くのしかかるものがあるような、 
にもかかわらず澄み切った情景が心に残る、 
そんな映画だった。

http://www.boy-a.jp/

渋谷・シネアミューズウェスト他で絶賛上映中!

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「誰も知らない」5

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
「誰も知らない」 
誰も知らない









監督 是枝 裕和 出演 柳楽優弥 韓英恵 YOU 北浦愛 木村飛影 清水萌々子  

大人になりきれないまま親になってしまった母に育てられ、 人よりもほんの少し早く大人にならなければならなかった12歳の少年。 

子供は、演技します。父親の前で、母親の前で、演技をします。 それは、演技をしたら甘やかしてくれるとわかっているからです。 泣きながら「ゴメンナサイ」を言ったら許してくれるとわかっているからです。 にっこり笑って「クダサイ」を言えばくれることがわかっているからです。 子供は、甘えることを本能のように身につけていくのです。 

しかし、「誰も知らない」の明は、演技をしません。演技の仕方を知りません。 万引きの虚偽を受けてコンビニの店長に責められても、 母親に「あんたのお父さんが一番勝手よ」と言い放たれても、 淡々と受け答えをするだけです。お金がなくなって、 妹の父親かもしれない男たちに金をもらいにいくときも、 決して「クダサイ」をしません。ただ、表情一つ変えず 「あのさ、お金ないんだけど」 というだけです。 

そして、是枝監督は明役の柳楽優弥に決して演技をさせません。 だからこそ、カメラの前に立つ柳楽優弥は、 明になりえたのだと思います。 さらに、監督は観客に「感動してください」とは言いません。 「泣いてください」とも言いません。 そして何の説明もしません。 訴えようという気持ちの真逆にいるのです。 それでこそ、観客は子供たちの心情にふれることができるのです。 

子供たちの生活は、非日常です。 しかし、ちゃんとクリスマスが来て、お正月が来て、さくらが咲いて、 夕立が降って、ミンミンゼミが鳴きます。 季節は巡っていきます。 監督のカメラの前では、子供たちの生活は日常です。 

明の心情は、時にはぎゅっと握り締めるこぶしだったり、 震える指だったり、そんなものからしか伝わりません。 明は決して何も語りません。 そして、何も語らないモノがどんどん観客の胸の中に積もっていき、 限界値に達したまさにその瞬間、いきなり何かがつきつけられます。 

そんな物語でした。 あえてあらすじは書きません。 ぜひ観てください。 

http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/

誰も知らない [DVD]誰も知らない [DVD]
出演:柳楽優弥
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2005-03-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ