永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

アジア映画

「キャラメル」5

キャラメル3





監督:ナディーン・ラバキー
出演:ナディーン・ラバキー、ヤスミーン・アル=マスリー、ジョアンナ・ムカルゼル、ジゼル・アウワード、アーデル・カラム、シハーム・ハッダード、アジーザ・セアマーン
(2007/フランス=レバノン/96分/カラー) 

ベイルートの小さなエステサロンに集う女5人。 
オーナーのラヤール(ナディーン・ラバキー)は不倫の恋に悩み、 
ヘア担当のニスリン(ヤスミーン・アル=マスリー)は婚約者への秘密を抱え、 
シャンプー担当のリマ(ジョアンナ・ムカルゼル)は客の黒髪の女性に心を寄せ、 
客で元女優のジャマル(ジゼル・アウワード)は自分の老いに直面できず、 
初老で独身のローズ(シハーム・ハッダード)は奇行を繰り返す姉を抱え 
自分の人生をあきらめていた。 

しかし、少しずつ彼女たちの人生が動き始める… 

監督で主演のナディーン・ラバキーの色香に 
女性なのにメロメロになってしまいました。 
心に残るシーンはたくさんあるのですが、 
中でもリマが心を寄せる女性の髪の毛を洗うシーンは 
甘美!! 
洗髪という行為でこんなにも官能的になるなんて。 
それから、ラヤールに片思いをする警官が、 
エステサロンの前にあるカフェで彼女を覗き見して、 
窓際で不倫相手と楽しそうに電話するラヤールと 
自分が話している想像にふけるシーンも印象的。 
また、すでに老いておしゃれもしない 
仕立て屋のローズの恋が切ない…。 

「キャラメル」のタイトルの由来は、 
脱毛するときにキャラメルを熱くしてワックスのように 
使っているところからきているようです。 
サロンを訪れた不倫相手の妻の脱毛を 
恨みをこめて思いっきり熱くて痛くなるようにやる 
ラヤールが愛しく見えます。 

ベイルートという街は普通の生活をしていたら 
想像もしないようなところなのに、 
女性たちの悩みや憂いは日本の女性と共通していて 
親近感を覚えたのが驚きでした。 
人生の葛藤を抱えるすべての女性に観てほしい映画です! 

渋谷・ユーロスペース他で絶賛上映中!
(筆者は東京国際映画祭@六本木で鑑賞)

http://www.cetera.co.jp/caramel/ 

追伸:久しぶりに更新ができました。
1月中旬から何かと忙しく
映画が見られない毎日が続いていました・・(涙)
これからは少しは時間ができると思います。
マイペースで更新していきますのでこれからもよろしくお願いいたします。 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「絶対の愛」3

絶対の愛






監督 キム・ギドク
出演 ソン・ヒョナ ハ・ジョンウ パク・チヨン キム・ソンミン ソ・ジソク チョン・ファン チョン・キョウン カン・シンチョル 
配給:ハピネット(2004/韓国=日本/95分/カラー)

つきあって2年になるセヒ(パク・チヨン)とジウ(ハ・ジョンウ)。
セヒはほかの女につい目が行ってしまうジウを見て
自分の顔が飽きられてしまったと悲観する。
「いつも同じ顔でごめんね」と泣くセヒ。
そしてセヒは突然姿を消す。
なんとセヒは整形手術を受け、
顔の腫れのひいた6ヶ月後に
別人スェヒ(ソン・ヒョナ)としてジウのまえにあらわれたのだ。
だんだんスェヒに惹かれて行くジウだが、
やはりセヒのことも忘れられない。
そんなジウを見て、セヒは過去の自分に嫉妬し始めるのだが… 。

かなり恐ろしい話でした。
自分の顔が飽きられると思い込んでしまい
エキセントリックな行動に出るセヒの描き方が怖いです。
そして、新しい顔になってまたジウの恋人になるという
思いを達したのに、過去の自分に嫉妬してしまう、
その情念の深さ。業のようなものを感じました。
少しネタばれですが、自分の元の顔の写真を切り取って
お面にしてジウのまえにあらわれるシーンは本当に怖い。
写真はモノクロで表情が変わらないのに
スェヒ(セヒ)は激しく感情を波打たせます。
そして、スェヒがセヒだと知った後のジウの行動も
また非常に奇異なものです。
人間は顔だけでできているのではないのに、
顔が変わると誰だかわからなくなる。
そんな当たり前のことが非常に恐ろしい事実となって
主人公たちに突きつけられます。
「あなたは誰?」
そんなスェヒのセリフがそれを象徴しています。

顔の腫れを隠すためにスカーフやサングラスをまとって
現れる主人公もビジュアル的に怖いです。
二人のデートスポットである彫刻公園の
現代彫刻が人間の生々しさを表している気がして
ちょっとやりすぎかもと思ったくらいです。 

この映画の怖さは「繰り返し」の怖さでもあります。
最後のシーンを観た後、
誰もがあれ?と不思議に思うと思います。
繰り返して失敗してもまた同じ事をしてしまう、
そんな人間の愚かさが寓話的に描かれています。 
この映画の原題は「時間」ですが、
様々な意味を持っていると思います。
わたしとしては、腫れが引くまでの
「6ヶ月間」という猶予期間のような時間が
非常に恐ろしかったですね。

今まで気になっていながら観ていなかった
キム・ギドク監督ですが、
他の作品も観てみたいと思わされました。
人間の醜く愚かな部分を見せつけられたような
そんな気がしました。

絶対の愛 [DVD]絶対の愛 [DVD]
出演:ソン・ヒョナ.ハ・ジョンウ.パク・チヨン
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2007-11-22
おすすめ度:
3.5
クチコミを見る



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「シークレット・サンシャイン」5

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!

シークレット・サンシャイン1シークレット/サンシャイン2





監督・脚本:イ・チャンドン
出演:チョン・ドヨン ソン・ガンホ チョ・ヨンジン キム・ヨンジェ ソン・ヨンジョプ ソン・ミリム キム・ミヒャン
配給:エスピーオー (2007/韓国/142/カラー)

 

夫を亡くし、息子ジュンと一緒に 
夫の故郷密陽(ミリャン)に引っ越してきた 
シネ(チョン・ドヨン)。 
ソウルから密陽に来る途中に 
車の故障を直してもらったことがきっかけで 
知り合ったジョンチャン(ソン・ガンホ)は 
なにかとおせっかいをやいてつきまとうが 
シネは相手にもしない。 
どこか人と距離を置いているように見えたシネも 
少しずつ友達ができ、 
「ここの土地を買って不動産投資したい」と言い始める。 
順調に新生活が始まったと思ったそのとき 
息子ジュンが何者かに誘拐され、殺されてしまう。 
絶望に打ちひしがれたシネを救ったのは 
意外にも神の存在であった。 
信仰にすがり、犯人を許そうと決めて 
刑務所に面会に行くシネだったが 

本当の絶望に出合った時、 
人は人を許すことなどできないのかもしれない。 
シネは犯人を「許す」ことで 
自分が救われたかったのだと思う。 
「わたしはこれで幸せなのだ」 
そう思いたかったのだと思う。 
しかし人は本来人を裁くことなどできず、 
人が人を許すということは 
欺瞞であり自己満足に過ぎない。 
神が人を許すことができるのは、 
人を殺した者も、家族を殺された者も 
みんな平等に扱うからだ。 
けれど、人はそんなことはできるはずもないし 
する必要もないのだと思う。 

そして、絶望に出会ってしまった人を、 
人は「救う」ことなどできないのかもしれない。 
ただ、シネを見ていることしかできない、 
愚かで武骨なジョンチャンを見てそう思った。 
ジョンチャンはこれからもシネを見守り続けるだろう。 
行きたいところがあったらどこにでも連れて行くだろうし、 
髪の毛を切ると言ったら鏡を持っていてやるだろう。 
しかし、シネは永遠に救われることはない、 
そう思った。 

この作品でカンヌ映画祭主演女優賞を取った 
チョン・ドヨンの演技がすばらしい。 
2
時間以上の長い映画だが、 
観ている者をぐいぐいとひっぱっていく。 
どうやら、シネは密陽に来る前も 
幸せではなかったようだ。 
はっきりとは描かれないが、 
実の父親と確執があり、 
また夫も浮気をしていたことが示唆される。 
息子も、決してシネに心からなついているようでもない。 
ジョンの葬式の時、姑はシネをこう責める。 
「息子も孫もお前が殺した」 
シネは密陽に来るまでいったいどんな人生を歩んできたのだろう。 
知りたい気もするし、 
知るのが怖い気もする。 
息子の死はきっかけだっただけで、 
シネの人生の歯車が狂ってしまったのは 
必然だった、そんな気がする。
「密陽は好きよ。誰もわたしのことを知らないから」
そんな数奇な人生を歩んできたシネを チョン・ドヨンは見事に演じきっている。 

重いテーマながら、 
話は淡々と進んでいく。 
シネは決して「被害者」とは描かれないのだ。 
悲惨な事件に巻き込まれ、 
少しずつ壊れていくシネを見ていても、 
シネは特殊な人生を歩まざるを得なかった 
かわいそうな女性としては描かれない。 
むしろ、
「どんな人間にとっても、 
人生とはこういうものなのだ」 
という事実を突きつけられたような、 
そんな気がしながら映画館を後にした。

2009年1月1日 DVD発売開始予定

シークレット・サンシャイン [DVD]シークレット・サンシャイン [DVD]
出演:チョン・ドヨン
販売元:エスピーオー
発売日:2009-01-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ