下妻物語1下妻物語2





監督 中島哲也
原作  嶽本野ばら
出演 深田恭子 土屋アンナ 宮迫博之 篠原涼子 樹木希林 岡田義徳 小池栄子 阿部サダヲ 荒川良々 
配給 東宝(2004/日本/102分/カラー)

「ロココの時代に生まれたかった」という桃子(深田恭子)は
茨城県下妻在住。ファッションは徹底的なロリータで
近くのジャスコで買い物を済ます近所の住人を軽蔑しつつ
代官山へ服を買いに行く生活。
そんなわけで友達もいない。
父親が尼崎で偽ブランド屋をやっていたため
家にあったヴェルサーチを売るのを
きっかけとして知り合ったのは
レディースで典型的なヤンキー、イチコ(土屋アンナ)。
初めはお互い理解し合えない二人だったが、
桃子の特技の刺繍を通じて
不思議な友情が芽生え始め…。

単純におもしろかったです。
ただ、「松子」と「パコ」の監督である
中島哲也監督の作品だと思って
ものすごく期待してみたのですが、
それよりも初期の作品なので
まだ彼の真骨頂が表れていなくて
その2作品よりはまとまっちゃっている感じ。
たぶん、製作年順に観たら
すごく楽しめた映画だと思うので残念です。

海外での評価が高いみたいですね。
ロリータとヤンキーの組み合わせっていうのが
欧米のオタク心を誘ったのだろうな〜。
単純に、フカキョンはかわいかったし
土屋アンナも柄にあってて良かったです。

しかし、イチコ(本名はイチゴだが
その名前でヤンキーは恥ずかしいとイチコと名乗っている)
はいい奴ですね。
あこがれていたブランドの社長から
仕事として刺繍を頼まれて、
びびってしまった桃子が初めて
「友達として」イチコに電話します。
そしたら
「どこにでも行ってやるよ!」
って。
結構感動しましたね。
あと、レディース仲間に
「そのヒラヒラ(桃子のこと)がダチかよ!」って言われて
「ダチじゃねーよ!桃子は一人で生きていってるんだ!
だからあたしも一人で生きていくんだ!」
っていうのもけっこう涙もの。
なんだかんだいって桃子の良さを
わかってあげてるんじゃん、って。

破天荒な設定だけど、泣かすとこは泣かす。
そういうところが中島監督の映画の
いいところだと思うのですが、
この映画にもその良さの片鱗が感じられて
いいな〜と思いました。

中島監督の映画はまた追っかけ続けると思います。
まだまだおもしろくなりそうです。

隠れキャラ?として阿部サダヲとか荒川良々も出てて
楽しい映画でした。

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
出演:深田恭子
販売元:東宝
発売日:2004-11-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!