変身







監督:佐野智樹
原作:東野圭吾
出演:玉木宏 蒼井優 佐田真由美 山下徹大 松田悟志 釈由美子 北村和夫
配給:日本出版販売(2005/日本/108分/カラー)

今をときめく直木賞作家、東野圭吾原作の小説を 
佐野智樹監督が映画化。佐野監督はこの映画が 
監督デビュー。 

目が覚めると成瀬純一(玉木宏)は病室にいた。 
なぜここにいるかは記憶がないが、 
どうやら頭に重傷を負って手術を受けたらしい。 
少しずつ記憶が戻り、最愛の恋人メグ(蒼井優)との 
思い出も蘇る。彼女と再会し、体調も回復してきたが、 
趣味としていた絵のタッチが変わり、 
嗜好も変わっていることに気づく。 
ある日、自動販売機を探しに病室を出ると、 
研究室のカギが開いていた。 
そこで発見したのは、自分の脳の標本。 
そう、純一の右脳はひどく損傷し、 
たまたま見つかったドナーの脳を移植したというのだ。 
そして、彼は少しずつ自分の人格が 
変わっていくことに気づく…。 

ストーリーがおもしろいので 
飽きることなく観ました。 
玉木宏はそれほど好きな俳優ではなかったけれど 
2つの人格をがんばって演じ分けていたと思います。 
蒼井優の清廉さが一服の清涼剤となっていますね。 
萌黄色のワンピースが印象的です。 
それほど深く考えさせられるような映画とは 
言えませんが、エンターテインメントとしての 
映画としてみれば良質なものですし、 
主人公二人が初めてデートした川べりのシーンは 
とてもきれいだったと思います。 

起こることは現実離れしているし 
つらいことも起こりますが、 
良くも悪くも美しく描かれていると思いました。 
主人公の苦悩がもう少し感じられれば 
もっと良いものになったのではないかと感じられ 
少し残念ではあります。 
人間を描かずストーリーを描くとこうなるのかな 
と思いました。 
つまらない映画とは思わないので、 
ストーリー展開を追うのが好きであれば 
観るのもいいかと思います。
でもそれなら原作を読んだほうがいいかもという気も
しないではないですが・・・。
うん、やはりもう一歩がんばってほしかった作品ですね。 

変身 [DVD]変身 [DVD]
出演:玉木宏
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006-05-26
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!