永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

宮藤官九郎

「鈍獣」5

鈍獣






監督 細野ひで彦
脚本 宮藤官九郎
出演 浅野忠信 北村一輝 真木よう子 佐津川愛美 南野陽子 ユースケ・サンタマリア ジェロ 本田博太郎
配給:ギャガ・コミュニケーションズ(2009/日本/カラー)

殺しても殺しても死なない幼なじみが生まれ故郷に帰ってきた!

なぜかすべてが相撲で回っている片田舎の街に
降り立ったのは出版社に勤める
キャリア志向の女、静(真木よう子)。
彼女が担当する雑誌に連載された小説「鈍獣」が
名誉ある「明多川賞」の候補となったというのに
その作家・凸川 が失踪したのだ。
生まれ故郷にいるとにらんだ静は、
彼の幼なじみ達が集うホストクラブ、スーパーヘビーに向かう。
出迎えた江田っちこと江田(北村一輝)、
岡本(ユースケ・サンタマリア)、
順子ママ(南野陽子)、 ロリコンホステスのノラ(佐津川愛美)は
どうやら彼の行方を知っている様子。

静が問いただすと、4人は少しずつ
凸やんこと凸川のことを語りだす。
実は凸川は小説「鈍獣」で江田と岡本の悪事を
次々に暴露していたのだ。 
「まさかあいつ、あのことを書くんじゃないだろうな?」
このままでは自分たちの生活が崩れてしまうと思った江田は
凸川殺害を計画する。
しかし・・・。

鈍い・・・というよりは馬鹿??愛すべきキャラでありながら
しかし、どこか、ゾクっとこわい、
そんな凸やんを浅野忠信が好演。
「あ、おしまい?もう、おしまい?」の決め台詞がいい。
凸やんをとりまく4人が断片的に語りつつ、
最後にはすべてがわかるというストーリーテリングの方法も
クドカンの真骨頂。
だけど、肝心なことが最後までよくわからない
ナンセンスさは、テレビドラマでぶいぶい言わせている
クドカンではなく、
劇団「ウーマンリブ」のクドカンだなあというところも
ファンとしては嬉しい。
(ちなみに、この映画は舞台作品として上演され
岸田國士賞を取った作品を映画化したもの。)
あくまでブラックでシュールでクール。
コミカルなのに最後にどろっとした怖さが残る
脚本はさすが。
人間とは、鈍い獣なのである。
というセリフがどーんと心に迫る。

ちなみに、隠れキャラ的存在で
演歌歌手・ジェロと元横綱・大乃国が登場。
ジェロの使い方は痛い!
あのジェロをこう使うかい!という感じでした。

殺しても殺しても死なないのは一体なぜ?
江田っちは本当に凸やんを殺す、いやポロしてしまうのか?
そして凸やんの3つ目の乳首の謎とは?
ぜひ映画館でその謎を解き明かしてきてください。

http://donju.gyao.jp/

(シネ・クイントにて鑑賞)


 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「少年メリケンサック」3

少年メリケンサック1少年メリケンサック2












監督・脚本:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい 佐藤浩市 木村祐一 田口トモロヲ 三宅弘城 勝地涼 ユースケ・サンタマリア ピエール瀧 哀川翔
配給:東宝 (2009/日本/125分/カラー)

クドカン的ウェルメイドにあふれた爆笑パンクムービー!

契約切れ寸前の契約社員栗田かんな(宮崎あおい)は
とある動画サイトで凶悪な絶叫パンクバンドを見つける。
仕事に関してはあきらめきっていたかんなはその動画を
社長(ユースケ・サンタマリア)に見せるが、
なんと社長は元パンク。そのパンクバンド
「少年メリケンサック」にほれこみ、
かんなに契約を取ってくるように命じる。
同時にその動画を流したところものすごい反響を呼び、
あっという間に全国ツアーが決まる!
しかし、かんなが会いに行った
イケメンベーシストだったはずの
アキオ(佐藤浩市)はなんと50のおっさんだった・・・!
アキオの弟のハルオ(木村祐一)も今は農業を営み、
ボーカルのジミー(田口トモロヲ)は
ハルオとアキオの行き過ぎたパフォーマンスで
頭を強く打ち脳に障害が。
唯一まともに見えたモヒカンのヤング(三宅弘城)も
痔をわずらっていておじさん丸だし。
アキオのいう「奇跡」を信じて
かんなはライブぎりぎりまで
この事実を社長に黙っていることにするが・・・。

宮崎あおいとおじさんパンクという組み合わせだけでも
面白そうと思わせてしまうところが
いいところでもあり悪いところでもありましたね。
確かによくできた話で、ちょっと泣かせるところもあり
クドカン流ウェルメイドがいきていて、
2時間飽きさせるところがなかったのですが、
このキャストの面白さに甘えている面も
少々感じられたのが残念でした。
でも、個性的なキャスティングとそれに合わせた
脚本は見事だったと思います。
おじさんたちがだんだん愛らしく見えてきて、
広島のライブは号泣もの。
「ニューヨークマラソン」はクドカンらしい
言語センスで笑えますね。
ハルオとジミーが初め所属していた
「少年アラモード」も笑える〜。
ピエール瀧さんもいい味出してますね。

クドカンファンの私としては
もう一歩!物足りなかったのですが、
2時間以上の映画なのに時計を見ずに済んだのは
やはりおもしろかったからだと思います!!

(新宿オスカーにて鑑賞)

http://www.meriken-movie.jp/

 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「嫌われ松子の一生」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
松子









監督・脚本:中島哲也
原作:山田宗樹
出演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之  市川実日子  黒沢あすか 柄本明 木村カエラ 蒼井そら 柴咲コウ 片平なぎさ 本田博太郎 奥ノ矢佳奈(子役) ゴリ(ガレッジセール) 榊英雄 マギー 竹山隆範(カンニング) 谷原章介 甲本雅裕 キムラ緑子 角野卓造 阿井莉沙 宮藤官九郎 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ) 劇団ひとり 大久保佳代子(オアシズ) BONNIE PINK 濱田マリ 武田真治 木野花 荒川良々 渡辺哲 山本浩司 土屋アンナ
AI 山下容莉枝 山田花子 あき竹城 嶋田久作 木下ほうか (登場順)

配給:東宝(2006/日本/130分/カラー)

公開中からずっと観たかったのですが 
結局映画館で観られずようやくケーブルテレビで観ました! 
映画館にいけなかったので原作を読んで、 
あ、これを中谷美紀がやって、しかもポップな感じで 
ミュージカルっぽくしたらこんな感じ?? 
と思いながら想像していましたが 
まさに想像ぴったりの映画で楽しかったです。 

「愛されたい」 
そう一途に願い、ただ幸せになりたかっただけなのに 
その思いが不器用にも空回り、 
終わってみれば波乱万丈、そしてただただ悲惨な一生を送った 
松子という女性のお話。 
その一生は本当に不幸なものなのに、 
なぜかその映画を観た人すべてが 
松子を愛するようになってしまう・・・ 
そんな映画でした。 

松子のからまわりっぷりが 
ポップな色彩と中谷美紀のミュージカルチックな歌と 
まさにはまっていて絶妙でした。 
タイトルロールとエンドロールが20世紀初頭の 
MGMのミュージカルみたいな字になっていて 
もうはじめから「あ、これはいける!」 
と思いました。 
原作ではけっこうヘビーな場面もあって 
どうなるのかなと思っていたのですが、 
展開の速さと歌でうまくまとめてました。 

原作は文庫本で2冊なのでけっこう長いのですが、 
2時間弱でまとめるために、ひたすら松子に 
焦点を当てた感じになってたかな。 
ただ、監督さんが原作をきっちり読んで 
組み立てなおしてる感じなので、 
原作とはだいぶ違うところもありつつ、 
全然原作のイメージを崩していない、 
という感じがして好感が持てました。 

ただ、松子にスポットを当てたことで 
松子が愛した男たち一人ひとりが 
かなり薄めになってて、それは残念だったかな。 
特に、松子の不幸の始まりとなった 
教頭との修学旅行下見の一件をとばしているので 
その分教え子龍洋一の描き方が 
多少物足りない。 
龍洋一は、 
「嫌われ洋一の一生」ができるくらい 
けっこう激動の人生を送ってることになってるので 
単なるチンピラっぽく描かれていたのは少し残念だったかな。 

しかし、松子ってすごいと思うのは 
好きになった男性遍歴を書いてみると 
谷原章介→宮藤官九郎→劇団ひとり→武田真治→ 
荒川良々→伊勢谷友介 
・・・って 
あまりにも節操がなくありませんこと?? 
でもそんな男たちにひたすら尽くす松子が 
現代のチェーホフの「かわいい女」みたいで 
いとしいです。 

そして、中谷美紀というキャスティングは 
ほんと絶妙! 
もっと不幸しょってる感じの女優さんだったら 
かわいそうになってしまうような一生だけど 
中谷美紀の、美しいんだけど軽妙な演技のおかげで 
その不幸さこそ愛すべきと思わされました。 

観ていない方よかったら観てみてね〜。

http://kiraware.goo.ne.jp/

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
出演:中谷美紀
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006-11-17
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ