蛇イチゴ











監督・脚本 西川美和
プロデューサー 是枝裕和
出演 宮迫博之 つみきみほ 平泉成  大谷直子 手塚とおる 絵沢萠子 寺島進 笑福亭松之介
配給:ザナドゥー(2002/日本/108分/カラー)

明智倫子(つみきみほ)の家族はごく平凡な家庭。
まじめ一徹のエンジニアの父(平泉成)、
夫に尽くし、痴呆の進んだ義父を介護するおとなしい母(大谷直子)、
認知症が進み心臓も患った祖父(笑福亭松之介)の
4人家族である。祖父の奇行に悩まされることはあるが、
母と祖父の信頼関係も厚く、
心配することはない…と思っていた倫子だった。 
倫子は同僚で資産家の鎌田(手塚とおる)と近く結婚することになっており
今日は鎌田がはじめて自宅を訪問する日だった。
温かく迎えられる鎌田を見て、これからも幸せを
確信する倫子だったのだが、
祖父の死をきっかけに勘当された兄(宮迫博之)と再会、
そして家族一人一人が持っていたほつれが
一気に明らかになっていく…。

「ゆれる」の監督西川美和の初期作品です。
うまく行っていたかのように見えた家族の、
長い年月一緒にいたことによって
少しずつたまってきた鬱積や信頼関係の崩れが
一気に放出する姿を描いた見事な作品です。
「平凡な家庭」「温かい家庭」などというものは
もしかしたら幻想で、ほんとうには存在しないのではないか
とまで思わせるほどの恐ろしい作品になっています。
登場人物一人一人の描き方が、非常に冷めて現実的です。
失業したことを隠し借金をためまくった父親は
見栄っ張りで愚痴っぽく、鎌田の前では笑顔を見せながら
帰ったとたん悪口を言ったりします。
義父の介護に一人耐える母親がその死に関わり、
死後にほんの少し壊れていく姿も強烈です。
「いつも正しい」と言われてきた倫子は
母親が兄に「倫子は真面目すぎて息苦しい」と言っているのを
立ち聞きしてしまい今までの自分をいきなり否定されます。
そしてあまりの乱交ぶりに勘当された兄が
いきなり救世主のように現れ、
父親も母親も兄にすがるようにするのを見て、
自分の存在意義を無くしてしまいます。
家族が崩壊していく過程が、
真綿で首を絞めるように、じわじわと、そしてゆっくりと
描かれて行きます。

「うちがおしまいになっちゃう前に、
お兄ちゃんに出て行ってもらおうよ」
そんな台詞が印象的です。

「いつも正しい倫子」はいつも正しいわけじゃなかったことも
示唆されるところが深いと思いました。
小学校の教師をしている彼女は、生徒の一人が
うそをついたと決め付けるのですが、
一人の生徒にこう言われてはっとします。
「本当に、お母さんが病気だったんじゃないんですか」
そして、本当に「いつも正しい」「でたらめをいったことがない」
倫子はどこにもいなかったことが暗示されるような、
倫子の今までの生き方を否定するような、
そんな悲しみもあります。

「雨上がり決死隊」の宮迫博之が
いいかげんな兄を好演しています。
正直、ここまでうまいとは思いませんでした。
父親に最後の解決策を言い出すときの目が
忘れられません。
ちなみに、相方の蛍原も一瞬ですが出演していましたね。

家族、とくにきょうだいの葛藤を描いているところは
「ゆれる」と重なるところがあります。
これからも、西川監督は
いろんな家族を描いていってくれるのでしょうか。
ラストシーンの鮮やかな色彩が心に残る作品です。

(DVDにて鑑賞)

http://www.kore-eda.com/hebiichigo/#

蛇イチゴ [DVD]蛇イチゴ [DVD]
出演:宮迫博之
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004-04-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪