永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

成海璃子

「罪とか罰とか」5

罪とか罰とか





(C)「罪とか罰とか」製作委員会


監督・脚本 ケラリーノ・サンドロビッチ
出演 成海璃子 永山絢斗 犬山イヌ子 串田和美 大倉孝二 奥菜恵 山崎一 段田安則 麻生久美子 安藤サクラ 他
(配給:東京テアトル 2009/日本/110分/カラー)

いけてないグラビアアイドル、円城寺アヤメ(成海璃子)は
常に同時期にスカウトされた
耳川モモ(安藤サクラ)に劣等感を持ち
彼女に馬鹿にされる妄想を見る毎日。
そんな彼女を「がんばれ、正しくがんばれ」と
励ますマネージャー、風間(犬山イヌ子)。
ようやく載ったグラビア誌にも
モモが表紙なのにもかかわらず
自分はページを逆に印刷され、
ついに切れた彼女は
コンビニで万引きを。
その代償に一日署長をすることになる。
役目を果たし、帰ろうとしたところ
「一日署長ですから
夜の12時まで署長室で指示をしていただきます」
と言われてしまう。
その署長室まで送り届ける刑事は
なんとアヤメの元彼
恩田(永山絢斗)だったが、
彼は愛する者を無意識に殺してしまうという
性癖を持つ殺人鬼だった・・・。
さらに、コンビニ強盗をたくらむ
3人組(大倉孝二、奥菜恵、山崎一)をも
巻き込んで、一日署長を任されたアヤメは
どうなるのか???

すっごくおもしろかったです。
まず、かなりデフォルメされて
拷問室や意味のわからない部屋まである
警察署はまさに
シュールでブラックな
ケラ・ワールドそのもの。
そんな警察署なので、恩田の連続殺人は
副署長海藤(串田和美)によりおおっぴらに隠蔽されていて
自首したい恩田はおろおろ。
そして、さらにどんくさいアヤメはもっとおろおろ。
そのどんくささぶりが愛すべきと思わせる
成海璃子はさすがだし、
実は後で知ったのですが瑛太の弟の
永山絢斗もなかなか健闘。
個人的には、今回は完全にわき役に徹してますが、
モモ役の安藤サクラちゃんが好きですね。
きれいじゃないけどどこか色っぽくて、いいです。
「俺たちに明日はないっス」で発見して以来、
応援しています。
犬山イヌ子、大倉孝二、奥菜恵、山崎一、串田和美は
安心して見ていられますね。

ストーリーは過去と現在を行ったり来たりでだんだんに
全容が分かってくるのですが、すごくよくできた話です。
ディテールがすごく細かくて、処々に「ぷぷぷっ!」と
笑ってしまうセリフや小道具が散りばめられています。
絶対聞き逃したり見逃したりしてるのもあると思うので
もう一度観たいなと思ってます。
わたしはケラさんの芝居を何回か観ましたが、
ウェルメイドすぎて正直疲れるな…と
思ったことが多かったんです。
でも、今回は程よい感じで、しかも大満足のラスト。
メイン・ストーリーが終わっても
エンドロール最後まで観ることを
お勧めします! 

http://www.tsumi-batsu.com/

(渋谷シネマライズで鑑賞〜4/17) 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「神童」4

神童





監督 萩生田宏治
原作 さそうあきら
出演 成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕 西島秀俊 貫地谷しほり 串田和美 吉田日出子 柄本明
配給:ビターズエンド(2007/日本/120分/カラー)

ピアノの腕はいまいちだが音大を目指している
ワオこと和音(松山ケンイチ)は
八百屋の息子。一方、ピアノの腕は天才的だが
ピアニストだった夫の幻影から娘に借金をしてまで
レッスンを強いる母に反発して
ピアノに向かおうとしないうた(成海璃子)。
ワオのピアノの音を気にいってか、
中学のクラスメイトには心を開かないうたも
ワオには心を開き、八百屋の2階で楽しげに
ピアノを弾くのだった。
二人の間には男女の仲でもない、兄妹でもない、
不思議な絆が生まれてくるのだったが…

成海璃子は女優としてもたぐいまれな存在感を
醸し出していると思うのですが、
その存在感が見事に「神童」ぶりに現れていましたね。
年上のワオに平気で「へたくそ」といってしまううた、
クラスメイトに馴染めなくてもそれはそれと認めてしまううた、
突然の本番に
「大丈夫。あたしは音楽だから」と言ってしまううた。
どれも成海璃子のイメージにピッタリで適役でした。
そして、そのうたをふわっと受け止めるワオも
松山ケンイチで成功だったと思います。

ワオの音大受験日、
中学を抜け出してくるうたのシーンがいい。
ワオは重圧に耐えきれず試験場から
抜け出す直前だったのです。
「学校よりワオをひやかすほうがおもしろいじゃん」
そういいながらワオの手を握ってやり、
大事にしているぬいぐるみを貸してやるうたが
よかったです。
そして、ワオは今までにないくらいの力を
発揮します。

そんなワオだからこそ、
他の人は気づかないうたの異変に気付いたのだと
思います。
そして、中学でただ一人うたを見守ってやっている
同級生の少年の存在も大きいです。

うたが「音楽」でなくなってしまう日もくるかもしれない。
でもワオと同級生の少年がいれば、
うたは音楽を続けていける。そんな気がしました。演奏シーンも圧巻の秀作です。

神童 [DVD]
神童 [DVD]
出演:成海璃子.松山ケンイチ
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2007-11-21
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

追記:原作はまたディテールが細かく、雰囲気が違ってまたよいそうです。
読んでみたくなりました♪ 
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ