永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

是枝裕和

「空気人形」5



監督・脚本・編集 是枝裕和
原作 業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」
出演:ぺ・ドゥナ ARATA 板尾創路 高橋昌也 余貴美子 岩松了 丸山智己 奈良木未羽 柄本佑 星野真里 寺島進 オダギリジョー 富司純子
配給:アスミック・エース(2009/日本/カラー)

「ワタシハ、ココロヲモッテシマイマシタ。」
本来持ってはいけない「心」を持ってしまった
空気人形をめぐる人々をとおして
人と人とのつながりを描く是枝ファンタジー。

空気人形「のぞみ」(ペ・ドゥナ)は持ち主秀雄(板尾創路)の
夜のオモチャ、「性的処理のための代用品」。
そんな空気人形がある日「心」を持ちはじめ…。

秀雄がいない間に彼女は様々な人と出会う。
そして、レンタルビデオ屋でバイトをする純一(ARATA)を
一目見たとたん自分と同じ何かを持っていると感じ、
恋に落ちる。
空気人形が出会う人々はみな、心の中に
どこか空虚感を感じている人ばかりだ。
昔代用教員をしていた老人(高橋昌也)、
新聞に載っている犯罪をすべて自分のせいだと
思ってしまう未亡人(富司純子)、
家ではひとりさびしく卵かけご飯を食べる
レンタルビデオ店長(岩松了)、
過食症に陥っている一人暮らしのOL(星野真里)、
年をとっていく自分を認められず、
自分の代わりになる人はいないのだと
自分に言い聞かせる受付嬢(余貴美子)、
マニアックなビデオを借りてばかりの浪人中の受験生(柄本佑)、
妻に去られた夫(丸山智己)とその娘(奈良木未羽)。
そして、純一は癒えぬ傷をかかえて、生きることすら疑問を感じている。

「ワタシミタイナヒト、ケッコウオオイミタイ・・・」

 そんなある日、純一と映画の話をしながらビデオを
整理していた空気人形は、釘に腕を引っ掛けてしまい、
中の空気が抜けてしまう。
必死で栓を探し、息で空気を満たしてやる純一。

空気人形が家に帰ると、「ハッピーバースデイ」の歌を歌っている
秀雄がいた。そう、彼は新しい「のぞみ」を買ってきたのだ。
やっぱり自分は誰かの代用品。
その事実を眼前に押し付けられた空気人形は
自分が作られた人形工場を訪ねる。

彼女を作った人形師(オダギリジョー)は優しく
「おかえり」と彼女を迎え入れ、こう問う。
「君が見た世界は・・・きれいなものはあった?」
「うん」「生んでくれてありがとう」
そう言って彼女は純一を訪ねてこういう。
「代用品でもいい。あなたが望むことなんでもしてあげる」
そして純一は彼女にしか頼めないことを頼むのだが…。

作中で、老人が空気人形に教える詩の中のことばが
非常に印象的でした。
「生命は その中に欠如を抱き 
それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分 他者の総和」

人は誰もが代わりなどいない存在で
そして人は他者を必要としている。
そんなメッセージが根底に流れている
すばらしい作品でした。
空気人形は空気を満たしてもらうことで
生きていける。
純一が空気人形のおなかの栓から空気を満たすシーンは
原作にもあるのですが、
是枝監督の目には「非常にエロティック」であり
なおかつ「非常に映画的」に映ったのだそうです。
だから、このシーンはメタファーとしての
セックスシーンなのだそうです。
そして、そのシーンは非常に印象的です。

そして、是枝監督は「人と人とのつながり」を決して
きれいごとだけで描いてはいない。
純一は、哀しい選択をします。
純一を救えなかった空気人形がとった道も
哀しいものです。
しかし、最後に拒食症の女性が見た外の風景は
空気人形が初めに見た世界と同じくらい
「キレイ・・・」なものでした。

非常に多くの伏線が張られていて
密度が濃い映画でしたが、ゆっくりと、ゆっくりと
空気人形が赤ん坊の心から大人の女へと成長していく、
そんな物語でもありました。

もう一度最初から観てじっくり考えたい作品です。

(2009年10月11日シネマライズにて鑑賞)

http://www.kuuki-ningyo.com/index.html
 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「大丈夫であるように-Cocco 終わらない旅-」3

Cocco







監督 是枝裕和
出演 Cocco 長田進 大村達身 高桑圭 椎野恭一 堀江博久

Coccoに届いたあるファンからの手紙。
「助けてください」とある。
Coccoは知らなかった。
青森六ヶ所村にある核再生処理施設のことを。
沖縄に生まれて、沖縄の新聞を育って、
沖縄の新聞を読んでいたから
他の人が苦しんでいることを知らなかったのだ。
ひめゆりで生き残ってしまった「おばぁ」たち、
神戸の震災に出会ってしまった人たち、
青森の六ヶ所村の人たち…
全国ツアーで廻った地で出会ったそんな人々の
「悲しさ」をCoccoがどう受け止めたのか、
そんなドキュメンタリーだった気がする。

Coccoというミュージシャンのライブには
一度だけ行ったことがある。
まだブレイク前で、ほかの2人のミュージシャンと一緒の
ミニライブだった。
わたしは彼女のことを全く知らなかったので
その不思議ちゃんぶりに驚いて、
(はっきり言ってちょっと怖い!という印象だった。
ファンの方ごめんなさい。
でも、メジャーになって かなりマイルドになったと思う。
ほんと、こんな子いるんだ〜という不思議ぶりだった。)
そのあとの破天荒な音楽にも驚いて、
けっこう気にはしていたら、そのうち世に出てきた。
で、今ドキュメンタリーまで作ってもらえるくらい
メジャーになっているわけなのだけど。

彼女の語り口は特徴的だ。
口下手というわけではないらしい。
ぺらぺらよくしゃべる。
でも、なんだか言葉が拙い。
だからたまに何がいいたいのか
よくわからないことがある。
でもなぜかそのMCにはひきよせられるものがある。
是枝監督はそれに重々気づいていて、
ドキュメンタリーにありがちな、
「いいセリフをしゃべらせる」手法をほとんど使っていない。
CoccoのMCだけで十分伝わるものがあるからである。
「大丈夫じゃないかも知れないけど
大丈夫であるように」
そう願っている彼女の心情は、
彼女自身の言葉でしか 伝わらない。
だからそのまま使う。
そんなドキュメンタリーだったと思う。

思い切ってこのドキュメンタリーのテーマを
一言で言ってしまうと「反戦」なのだけど、
本当は一言で言ってはいけないのだと思う。
なぜなら、一言で言えるようなものを作ろうとしたら
このようなドキュメンタリーは生まれなかったからだ。
例えば、六ヶ所村の核再生処理施設の是非を
わかりやすく訴えるなら
監督はCoccoがそこを訪れたときの映像を入れると思う。
なのに、敢えて入れていない。
Coccoの「語り」だけで表している。
そして、その「青森の女」(とCoccoは呼んでいる)の手紙は
最後燃やされてしまう。
なぜ?と余韻が残るシーンだった。

Coccoの「もののけ姫」についての見解も
けっこうおもしろいので、
これは観てのお楽しみ。

あっと目を引くようなシーンは
沖縄のジュゴンの映像くらいなもので
あとはひたすら人間Coccoの「心情」のみを
淡々と描いていったこの作品を
どう切り取るかは、観た人次第なのだと思うし
監督もそう期待しているのだと思う。

(渋谷ライズエックスにて鑑賞)

http://www.dai-job.jp/


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「蛇イチゴ」5

蛇イチゴ











監督・脚本 西川美和
プロデューサー 是枝裕和
出演 宮迫博之 つみきみほ 平泉成  大谷直子 手塚とおる 絵沢萠子 寺島進 笑福亭松之介
配給:ザナドゥー(2002/日本/108分/カラー)

明智倫子(つみきみほ)の家族はごく平凡な家庭。
まじめ一徹のエンジニアの父(平泉成)、
夫に尽くし、痴呆の進んだ義父を介護するおとなしい母(大谷直子)、
認知症が進み心臓も患った祖父(笑福亭松之介)の
4人家族である。祖父の奇行に悩まされることはあるが、
母と祖父の信頼関係も厚く、
心配することはない…と思っていた倫子だった。 
倫子は同僚で資産家の鎌田(手塚とおる)と近く結婚することになっており
今日は鎌田がはじめて自宅を訪問する日だった。
温かく迎えられる鎌田を見て、これからも幸せを
確信する倫子だったのだが、
祖父の死をきっかけに勘当された兄(宮迫博之)と再会、
そして家族一人一人が持っていたほつれが
一気に明らかになっていく…。

「ゆれる」の監督西川美和の初期作品です。
うまく行っていたかのように見えた家族の、
長い年月一緒にいたことによって
少しずつたまってきた鬱積や信頼関係の崩れが
一気に放出する姿を描いた見事な作品です。
「平凡な家庭」「温かい家庭」などというものは
もしかしたら幻想で、ほんとうには存在しないのではないか
とまで思わせるほどの恐ろしい作品になっています。
登場人物一人一人の描き方が、非常に冷めて現実的です。
失業したことを隠し借金をためまくった父親は
見栄っ張りで愚痴っぽく、鎌田の前では笑顔を見せながら
帰ったとたん悪口を言ったりします。
義父の介護に一人耐える母親がその死に関わり、
死後にほんの少し壊れていく姿も強烈です。
「いつも正しい」と言われてきた倫子は
母親が兄に「倫子は真面目すぎて息苦しい」と言っているのを
立ち聞きしてしまい今までの自分をいきなり否定されます。
そしてあまりの乱交ぶりに勘当された兄が
いきなり救世主のように現れ、
父親も母親も兄にすがるようにするのを見て、
自分の存在意義を無くしてしまいます。
家族が崩壊していく過程が、
真綿で首を絞めるように、じわじわと、そしてゆっくりと
描かれて行きます。

「うちがおしまいになっちゃう前に、
お兄ちゃんに出て行ってもらおうよ」
そんな台詞が印象的です。

「いつも正しい倫子」はいつも正しいわけじゃなかったことも
示唆されるところが深いと思いました。
小学校の教師をしている彼女は、生徒の一人が
うそをついたと決め付けるのですが、
一人の生徒にこう言われてはっとします。
「本当に、お母さんが病気だったんじゃないんですか」
そして、本当に「いつも正しい」「でたらめをいったことがない」
倫子はどこにもいなかったことが暗示されるような、
倫子の今までの生き方を否定するような、
そんな悲しみもあります。

「雨上がり決死隊」の宮迫博之が
いいかげんな兄を好演しています。
正直、ここまでうまいとは思いませんでした。
父親に最後の解決策を言い出すときの目が
忘れられません。
ちなみに、相方の蛍原も一瞬ですが出演していましたね。

家族、とくにきょうだいの葛藤を描いているところは
「ゆれる」と重なるところがあります。
これからも、西川監督は
いろんな家族を描いていってくれるのでしょうか。
ラストシーンの鮮やかな色彩が心に残る作品です。

(DVDにて鑑賞)

http://www.kore-eda.com/hebiichigo/#

蛇イチゴ [DVD]蛇イチゴ [DVD]
出演:宮迫博之
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004-04-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「幻の光」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
幻の光






監督 是枝裕和
原作 宮本輝
出演 江角マキコ 内藤剛志 浅野忠信 木内みどり 柄本明 赤井秀和 市田ひろみ 大杉漣 柏山剛毅 渡辺奈臣
配給 シネカノン=テレビマンユニオン(1995/日本/110分/カラー)

宮本輝の同名小説を原作に、 
是枝裕和監督がデビューを飾った作品。 
第52回
ヴェネチア国際映画祭 金のオゼッラ賞受賞。

少女時代に、認知症の祖母が出て行くのを止められず、 
結局死に追いやったと思っているゆみ子(江角マキコ)は 
そのときトンネルから現れた郁夫(浅野忠信)と 
結婚し、尼崎のアパートでつつましい生活を始める。 
赤ちゃんもでき幸せな生活が始まったと思った 
そのとき、郁夫が謎の自殺を遂げる…。 

観ている間は、主役のゆみ子が 
江角マキコであることに違和感を感じていました。 
江角マキコは気丈で、大胆、豪傑というイメージがあり 
ゆみ子のような人生の大きな荷物を 
背負って生きている女性とはちょっと 
合わない気がしたからです。 
実際、再婚したゆみ子は 
影を背負いながらもとても幸せに見え、 
心の揺らぎはそれほど感じられない気がしました。 
しかし、最後まで観て、 
だからこそ江角マキコだったのだろうかと 
思わされました。 
ゆみ子は過去を乗り越えようとします。 
そして事実、再婚相手(内藤剛志)とも 
父親(柄本明)とも近所のおばさんたちとも 
うまくやっていきます。 
新天地での生活になじんでいこうという姿は
強さも感じられ、江角マキコの豪胆ぶりが効果的です。
しかし、実は彼女はずっと自分の中で 
問いかけていたのでした。 
「郁夫、なぜ自殺したの?」 
問いかけても問いかけても誰も答えてくれない 
その謎を打ち消そうとする彼女が 
ぽっきりと折れてしまった瞬間の表情を 
江角マキコは的確に演じていたと思います。
新しい夫が隠していた、ほんのちょっとの秘密。
故郷に帰り再び大きくなった問いかけが
彼女を支配していた時、それが彼女にのしかかります。
「あんた、うそつきや」 
それまでの彼女があまりにも気丈であったからこその 
表情だったと思います。 

終盤、見知らぬ人の葬列の後ろに 
ふらふらとついていく彼女の姿が 
遠景で映し出されるのがとても美しかったです。 
また、トンネルも処々に表れるのですが、 
暗いトンネルの向こうに見える明るい風景が 
「幻の光」を象徴しているようでもあります。 
日本海の激しい波音も印象的です。 

穏やかな中に秘めたエネルギーをもつ映像と演技が 
印象的な秀作だと思います。

幻の光 [DVD]幻の光 [DVD]
出演:江角マキコ
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003-04-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 

「ゆれる」5

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
ゆれる





監督・脚本:西川美和
企画:是枝裕和
出演:オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 
真木よう子 蟹江敬三 木村祐一 
田口トモロヲ ピエール瀧
配給:シネカノン(2006/日本/119分/カラー)

東京でカメラマンとして成功している
弟・猛(オダギリジョー)は 
家業のガソリンスタンドを継いだ
兄・稔(香川照之)の誘いで 
母の法事をきっかけに故郷山梨に帰ってくる。 
幼馴染の智恵子(真木よう子)は
そのガソリンスタンドで働いている。 
どうやら兄は智恵子に思いを寄せている様子だ。 
次の日、子供のころに行った渓谷に3人で行こうと 
はしゃぐ稔。 
兄の気持ちを知りながら、猛は自分を前に想っていた 
智恵子とその晩関係を結ぶ。 
そして、渓谷で事件は起こった。 
ゆれる吊り橋から、智恵子が転落したのだ。 
そばにいたのは稔だけ。 
事故として処理されていく中、 
稔は自分が突き落したと自白する…。 

様々な人々の思いが、 
まさに「ゆれ」ていくのが 
じわじわと描かれていました。 
兄と自分を父に比較された猛の心も「ゆれ」、 
おそらく猛が帰ってくるまでは 
稔のことも悪くは思ってはいなかったであろう 
智恵子の気持ちも「ゆれ」、 
智恵子と出かけたまま遅くまで帰ってこない猛を思って 
稔の心も「ゆれる」。 
そして、被告人となった兄に 
面会しにいくうちに 
兄の心の深い深い所にふれた猛の心は 
さらに「ゆれる」。 

兄と面会室で口論になった時、猛を映すカメラが 
微妙にゆれていたのが印象的でした。 
あのときにこそまさに、 
猛の心はゆれていたのでしょう。 
思いあっていないわけではないのに、 
お互いに自分にないものを持っている 
兄弟との微妙な関係が 
絶妙に描かれていました。 

ほとんど表情を大きく変えることがないのに、 
ちょっとした目配りで 
積もっていく念のようなものを 
表現している香川照之の演技が 
すばらしかったです。 
また、被告人の父になってしまった 
伊武雅刀が、洗濯物を干すシーン、 
特に終盤ぼけてしまって新聞を干しているのが 
悲哀を感じさせます。 
また、終盤ゆっくりとブランコが揺れるシーンも 
象徴的でした。 

人間の奥底にあるどろどろとした感情が 
じわじわと、しかし決して暗くはなく 
じっくりと描かれたすばらしい作品でした。

http://www.yureru.com/splash.html

ゆれる [DVD]ゆれる [DVD]
出演:オダギリジョー
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007-02-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
続きを読む
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ