少年メリケンサック1少年メリケンサック2












監督・脚本:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい 佐藤浩市 木村祐一 田口トモロヲ 三宅弘城 勝地涼 ユースケ・サンタマリア ピエール瀧 哀川翔
配給:東宝 (2009/日本/125分/カラー)

クドカン的ウェルメイドにあふれた爆笑パンクムービー!

契約切れ寸前の契約社員栗田かんな(宮崎あおい)は
とある動画サイトで凶悪な絶叫パンクバンドを見つける。
仕事に関してはあきらめきっていたかんなはその動画を
社長(ユースケ・サンタマリア)に見せるが、
なんと社長は元パンク。そのパンクバンド
「少年メリケンサック」にほれこみ、
かんなに契約を取ってくるように命じる。
同時にその動画を流したところものすごい反響を呼び、
あっという間に全国ツアーが決まる!
しかし、かんなが会いに行った
イケメンベーシストだったはずの
アキオ(佐藤浩市)はなんと50のおっさんだった・・・!
アキオの弟のハルオ(木村祐一)も今は農業を営み、
ボーカルのジミー(田口トモロヲ)は
ハルオとアキオの行き過ぎたパフォーマンスで
頭を強く打ち脳に障害が。
唯一まともに見えたモヒカンのヤング(三宅弘城)も
痔をわずらっていておじさん丸だし。
アキオのいう「奇跡」を信じて
かんなはライブぎりぎりまで
この事実を社長に黙っていることにするが・・・。

宮崎あおいとおじさんパンクという組み合わせだけでも
面白そうと思わせてしまうところが
いいところでもあり悪いところでもありましたね。
確かによくできた話で、ちょっと泣かせるところもあり
クドカン流ウェルメイドがいきていて、
2時間飽きさせるところがなかったのですが、
このキャストの面白さに甘えている面も
少々感じられたのが残念でした。
でも、個性的なキャスティングとそれに合わせた
脚本は見事だったと思います。
おじさんたちがだんだん愛らしく見えてきて、
広島のライブは号泣もの。
「ニューヨークマラソン」はクドカンらしい
言語センスで笑えますね。
ハルオとジミーが初め所属していた
「少年アラモード」も笑える〜。
ピエール瀧さんもいい味出してますね。

クドカンファンの私としては
もう一歩!物足りなかったのですが、
2時間以上の映画なのに時計を見ずに済んだのは
やはりおもしろかったからだと思います!!

(新宿オスカーにて鑑賞)

http://www.meriken-movie.jp/

 

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!