永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

浅野忠信

「鈍獣」5

鈍獣






監督 細野ひで彦
脚本 宮藤官九郎
出演 浅野忠信 北村一輝 真木よう子 佐津川愛美 南野陽子 ユースケ・サンタマリア ジェロ 本田博太郎
配給:ギャガ・コミュニケーションズ(2009/日本/カラー)

殺しても殺しても死なない幼なじみが生まれ故郷に帰ってきた!

なぜかすべてが相撲で回っている片田舎の街に
降り立ったのは出版社に勤める
キャリア志向の女、静(真木よう子)。
彼女が担当する雑誌に連載された小説「鈍獣」が
名誉ある「明多川賞」の候補となったというのに
その作家・凸川 が失踪したのだ。
生まれ故郷にいるとにらんだ静は、
彼の幼なじみ達が集うホストクラブ、スーパーヘビーに向かう。
出迎えた江田っちこと江田(北村一輝)、
岡本(ユースケ・サンタマリア)、
順子ママ(南野陽子)、 ロリコンホステスのノラ(佐津川愛美)は
どうやら彼の行方を知っている様子。

静が問いただすと、4人は少しずつ
凸やんこと凸川のことを語りだす。
実は凸川は小説「鈍獣」で江田と岡本の悪事を
次々に暴露していたのだ。 
「まさかあいつ、あのことを書くんじゃないだろうな?」
このままでは自分たちの生活が崩れてしまうと思った江田は
凸川殺害を計画する。
しかし・・・。

鈍い・・・というよりは馬鹿??愛すべきキャラでありながら
しかし、どこか、ゾクっとこわい、
そんな凸やんを浅野忠信が好演。
「あ、おしまい?もう、おしまい?」の決め台詞がいい。
凸やんをとりまく4人が断片的に語りつつ、
最後にはすべてがわかるというストーリーテリングの方法も
クドカンの真骨頂。
だけど、肝心なことが最後までよくわからない
ナンセンスさは、テレビドラマでぶいぶい言わせている
クドカンではなく、
劇団「ウーマンリブ」のクドカンだなあというところも
ファンとしては嬉しい。
(ちなみに、この映画は舞台作品として上演され
岸田國士賞を取った作品を映画化したもの。)
あくまでブラックでシュールでクール。
コミカルなのに最後にどろっとした怖さが残る
脚本はさすが。
人間とは、鈍い獣なのである。
というセリフがどーんと心に迫る。

ちなみに、隠れキャラ的存在で
演歌歌手・ジェロと元横綱・大乃国が登場。
ジェロの使い方は痛い!
あのジェロをこう使うかい!という感じでした。

殺しても殺しても死なないのは一体なぜ?
江田っちは本当に凸やんを殺す、いやポロしてしまうのか?
そして凸やんの3つ目の乳首の謎とは?
ぜひ映画館でその謎を解き明かしてきてください。

http://donju.gyao.jp/

(シネ・クイントにて鑑賞)


 

←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「幻の光」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
幻の光






監督 是枝裕和
原作 宮本輝
出演 江角マキコ 内藤剛志 浅野忠信 木内みどり 柄本明 赤井秀和 市田ひろみ 大杉漣 柏山剛毅 渡辺奈臣
配給 シネカノン=テレビマンユニオン(1995/日本/110分/カラー)

宮本輝の同名小説を原作に、 
是枝裕和監督がデビューを飾った作品。 
第52回
ヴェネチア国際映画祭 金のオゼッラ賞受賞。

少女時代に、認知症の祖母が出て行くのを止められず、 
結局死に追いやったと思っているゆみ子(江角マキコ)は 
そのときトンネルから現れた郁夫(浅野忠信)と 
結婚し、尼崎のアパートでつつましい生活を始める。 
赤ちゃんもでき幸せな生活が始まったと思った 
そのとき、郁夫が謎の自殺を遂げる…。 

観ている間は、主役のゆみ子が 
江角マキコであることに違和感を感じていました。 
江角マキコは気丈で、大胆、豪傑というイメージがあり 
ゆみ子のような人生の大きな荷物を 
背負って生きている女性とはちょっと 
合わない気がしたからです。 
実際、再婚したゆみ子は 
影を背負いながらもとても幸せに見え、 
心の揺らぎはそれほど感じられない気がしました。 
しかし、最後まで観て、 
だからこそ江角マキコだったのだろうかと 
思わされました。 
ゆみ子は過去を乗り越えようとします。 
そして事実、再婚相手(内藤剛志)とも 
父親(柄本明)とも近所のおばさんたちとも 
うまくやっていきます。 
新天地での生活になじんでいこうという姿は
強さも感じられ、江角マキコの豪胆ぶりが効果的です。
しかし、実は彼女はずっと自分の中で 
問いかけていたのでした。 
「郁夫、なぜ自殺したの?」 
問いかけても問いかけても誰も答えてくれない 
その謎を打ち消そうとする彼女が 
ぽっきりと折れてしまった瞬間の表情を 
江角マキコは的確に演じていたと思います。
新しい夫が隠していた、ほんのちょっとの秘密。
故郷に帰り再び大きくなった問いかけが
彼女を支配していた時、それが彼女にのしかかります。
「あんた、うそつきや」 
それまでの彼女があまりにも気丈であったからこその 
表情だったと思います。 

終盤、見知らぬ人の葬列の後ろに 
ふらふらとついていく彼女の姿が 
遠景で映し出されるのがとても美しかったです。 
また、トンネルも処々に表れるのですが、 
暗いトンネルの向こうに見える明るい風景が 
「幻の光」を象徴しているようでもあります。 
日本海の激しい波音も印象的です。 

穏やかな中に秘めたエネルギーをもつ映像と演技が 
印象的な秀作だと思います。

幻の光 [DVD]幻の光 [DVD]
出演:江角マキコ
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003-04-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
 


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 是枝裕和へ
是枝裕和
←トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです☆
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください!
是枝裕和監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです♪ 
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ