神童





監督 萩生田宏治
原作 さそうあきら
出演 成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕 西島秀俊 貫地谷しほり 串田和美 吉田日出子 柄本明
配給:ビターズエンド(2007/日本/120分/カラー)

ピアノの腕はいまいちだが音大を目指している
ワオこと和音(松山ケンイチ)は
八百屋の息子。一方、ピアノの腕は天才的だが
ピアニストだった夫の幻影から娘に借金をしてまで
レッスンを強いる母に反発して
ピアノに向かおうとしないうた(成海璃子)。
ワオのピアノの音を気にいってか、
中学のクラスメイトには心を開かないうたも
ワオには心を開き、八百屋の2階で楽しげに
ピアノを弾くのだった。
二人の間には男女の仲でもない、兄妹でもない、
不思議な絆が生まれてくるのだったが…

成海璃子は女優としてもたぐいまれな存在感を
醸し出していると思うのですが、
その存在感が見事に「神童」ぶりに現れていましたね。
年上のワオに平気で「へたくそ」といってしまううた、
クラスメイトに馴染めなくてもそれはそれと認めてしまううた、
突然の本番に
「大丈夫。あたしは音楽だから」と言ってしまううた。
どれも成海璃子のイメージにピッタリで適役でした。
そして、そのうたをふわっと受け止めるワオも
松山ケンイチで成功だったと思います。

ワオの音大受験日、
中学を抜け出してくるうたのシーンがいい。
ワオは重圧に耐えきれず試験場から
抜け出す直前だったのです。
「学校よりワオをひやかすほうがおもしろいじゃん」
そういいながらワオの手を握ってやり、
大事にしているぬいぐるみを貸してやるうたが
よかったです。
そして、ワオは今までにないくらいの力を
発揮します。

そんなワオだからこそ、
他の人は気づかないうたの異変に気付いたのだと
思います。
そして、中学でただ一人うたを見守ってやっている
同級生の少年の存在も大きいです。

うたが「音楽」でなくなってしまう日もくるかもしれない。
でもワオと同級生の少年がいれば、
うたは音楽を続けていける。そんな気がしました。演奏シーンも圧巻の秀作です。

神童 [DVD]
神童 [DVD]
出演:成海璃子.松山ケンイチ
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2007-11-21
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

追記:原作はまたディテールが細かく、雰囲気が違ってまたよいそうです。
読んでみたくなりました♪