永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

豊川悦司

「妖怪大戦争」(2005)2

妖怪大戦争









監督 三池崇史
出演 神木隆之介 宮迫博之 南果歩 成海璃子 佐野史朗 菅原文太 阿部サダヲ 高橋真唯 近藤正臣 岡村隆史 忌野清志郎 竹中直人 荒俣宏 京極夏彦 水木しげる 栗山千明 豊川悦司 他
配給:松竹(2005/日本/124分/カラー)



タダシ(神木隆之介)は父母の離婚で
鳥取に引っ越してくるが、
都会っ子の弱虫で
地元の子供にいじめられてばかり。
祖父(菅原文太)はボケ気味だし、
母(南果歩)はあまり家に帰ってこない。
しかし、ある日のこと、
村の祭りで突然「麒麟送子」に選ばれてしまう。

「麒麟送子」はこの世に危機が訪れた時に
世の中を救う者であり、
「麒麟送子」に選ばれたら
伝説の山の大天狗のところに行って
伝説の聖剣を抜かなければならないという。
いじめられっ子たちにはやし立てられて
山に行ってみたものの怖くて
バスに飛び乗り逃げ帰るタダシであった。
しかし、そのバスの中で妖怪「すねこすり」に
出会い、けがを治してやる。

その後、行方不明になった祖父の声を聞いて
山に舞い戻るタダシは、
初めは妖怪に脅かされるものの
河童(阿部サダヲ)や川姫(高橋真唯)、
小豆洗い(岡村隆史)や塗り壁、
一旦木綿など個性的な妖怪に魅せられていく。

しかし、まさにそのとき、
人間が捨ててきたものの恨みを代表する
加藤保憲(豊川悦司)とその手下アギ(栗山千明)は
妖怪を集めて恐ろしげな化け物へと変容させ、
人間への復讐を図ろうとしていた…。

妖怪たちのメイクは見事でした。
誰が誰だかわからなくて
エンドロール必死で見ました。
もう一度、確認しながら見てみたいです。
神木隆之介君はやはりうまいし
かわいい。

しかし、話は少しわかりにくかったです。
いろんなエピソードがあるのに、
それを生かしきっていない感じがして
ちょっと歯がゆかったです。
親が離婚しているという事や
東京で暮らしているお姉ちゃん(成海璃子)を
慕っていること、
おじいさんがぼけていてタダシを「アキラ」と呼ぶことの
描き方が中途半端でうーん、という感じでした。

また、冒頭で出てくる
「僕は初めて真っ白な嘘をついた」というセリフの意味が
最後の最後にわかるのですが、
わたしとしてはもっとインパクトの強い「嘘」だったらなあ、
という感じでした。
あと、編集者(宮迫博之)の妖怪好き、というエピソードも
演じきれていないのか、弱かったです。

また、わたしだけかもしれませんが、
一番初めにタダシが心を開く妖怪、
「すねこすり」が微妙なんですよね〜。
猫とリスを合体させたような感じで、
人が演じているのではなく
ぬいぐるみなんですが、
どうもかわいくないような・・・(笑)
救いは、徐々にかわいく見えてくるところなんですけど。
ただ、最後まで妖怪には見えませんでした。
ぬいぐるみにしか見えなかった。
大事な妖怪なのに、残念です。

というわけで、
わたし的には思ったより面白くなかったのですが
神木隆之介君の力演と、
妖怪たちのリアリズム(除すねこすり)と
何千人ものエキストラさんたちに
プラス★一個です。

皆さんもお時間があったら観てみてください!
わたしは面白いと聞いて観て、
こういう感想だったのですが、
いろんな方の意見が聞きたいです。
水木しげるの世界は基本的には
好きなのですけどね…

妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
出演:神木隆之介
販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006-02-03
おすすめ度:
3.0
クチコミを見る

(スカパー!チャンネルnecoにて鑑賞)


 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

「フラガール」5

ブログネタ
日本映画2 に参加中!



フラガール2












監督・脚本 李相日
出演 松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん)  池津祥子  徳永えり 三宅弘城  寺島進  志賀勝 高橋克実 岸部一徳 富司純子
企画・制作・配給:シネカノン (2006年/日本/120分/カラー/SRD)


昭和40年、福島いわき市の炭鉱の町。
エネルギーが石炭から石油にとって代わられ、
炭鉱は次々と閉鎖に追い込まれていた。 
雇用が悪化する中、炭鉱会社は町おこしのため
ハワイアン・センターの設立を決める。

炭鉱夫たちの根強い反対の中、 
東京・SKDでダンサーをしていた
平山まどか(松雪泰子)が呼ばれ、
フラダンサーとして炭鉱の娘たちに 
募集がかかる。
親友に誘われ、しぶしぶ参加していた
紀美子(蒼井優)だったが、
一人練習場で踊るまどかの姿を見て 
プロダンサーを目指すことを決意。
一方、気位が高く、
田舎の娘たちにダンスを教えることを 
拒絶していたまどかだったが、
少女たちの熱意に、少しずつ動かされていく。
そして、素人だった少女たちにも
徐々にプロ意識が芽生えてくるのだった。 
少女たちの笑顔は、やがて 
たくなだった炭鉱の男たちをも変えていく

フラダンスの振付には、
一つ一つ意味があるのだそうです。 
その気持ちをこめて踊るシーンが 
印象的でした。
東京から来たダンサーのさっそうとした姿と
炭鉱の娘たちの田舎くささの対比が 
初めはくっきりと描かれているのですが、 
映画の終盤で、
まどかが踊っていたのと同じダンスを
紀美子が踊りきるシーンは圧巻。 
松雪泰子もいいですが、 
蒼井優の存在感はすごいですね。

何度観ても泣ける映画です。 


http://www.hula-girl.jp/top.html

フラガールスタンダード・エディション [DVD]フラガールスタンダード・エディション [DVD]
出演:松雪泰子
販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007-03-16
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ