永岡瑞季の毎日映画館!

映画館はびっくり箱です。 日常生活でいらいらしたことがあっても、 映画館に入ってチケットを買って、席について、もらったチラシを見ているうちに真っ暗になって予告編が始まる。 そうしたら、もう何もかも忘れてしまいます。映画館にはそんな魔力があります。 映画をこよなく愛する永岡瑞季の映画レビューを書いていきます☆DVDやスカパー!で観たものも入ったり、たまにはもう一つの趣味のドラマのことも書くかもしれません! よろしくお願いします。

貫地谷しほり

「神童」4

神童





監督 萩生田宏治
原作 さそうあきら
出演 成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕 西島秀俊 貫地谷しほり 串田和美 吉田日出子 柄本明
配給:ビターズエンド(2007/日本/120分/カラー)

ピアノの腕はいまいちだが音大を目指している
ワオこと和音(松山ケンイチ)は
八百屋の息子。一方、ピアノの腕は天才的だが
ピアニストだった夫の幻影から娘に借金をしてまで
レッスンを強いる母に反発して
ピアノに向かおうとしないうた(成海璃子)。
ワオのピアノの音を気にいってか、
中学のクラスメイトには心を開かないうたも
ワオには心を開き、八百屋の2階で楽しげに
ピアノを弾くのだった。
二人の間には男女の仲でもない、兄妹でもない、
不思議な絆が生まれてくるのだったが…

成海璃子は女優としてもたぐいまれな存在感を
醸し出していると思うのですが、
その存在感が見事に「神童」ぶりに現れていましたね。
年上のワオに平気で「へたくそ」といってしまううた、
クラスメイトに馴染めなくてもそれはそれと認めてしまううた、
突然の本番に
「大丈夫。あたしは音楽だから」と言ってしまううた。
どれも成海璃子のイメージにピッタリで適役でした。
そして、そのうたをふわっと受け止めるワオも
松山ケンイチで成功だったと思います。

ワオの音大受験日、
中学を抜け出してくるうたのシーンがいい。
ワオは重圧に耐えきれず試験場から
抜け出す直前だったのです。
「学校よりワオをひやかすほうがおもしろいじゃん」
そういいながらワオの手を握ってやり、
大事にしているぬいぐるみを貸してやるうたが
よかったです。
そして、ワオは今までにないくらいの力を
発揮します。

そんなワオだからこそ、
他の人は気づかないうたの異変に気付いたのだと
思います。
そして、中学でただ一人うたを見守ってやっている
同級生の少年の存在も大きいです。

うたが「音楽」でなくなってしまう日もくるかもしれない。
でもワオと同級生の少年がいれば、
うたは音楽を続けていける。そんな気がしました。演奏シーンも圧巻の秀作です。

神童 [DVD]
神童 [DVD]
出演:成海璃子.松山ケンイチ
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2007-11-21
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!

追記:原作はまたディテールが細かく、雰囲気が違ってまたよいそうです。
読んでみたくなりました♪ 

「スウィングガールズ」4

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
スウィングガールズ








監督・脚本 矢口史靖
出演:上野樹里 平岡佑太 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ 豊島由佳梨 竹中直人 白石美穂 
渡辺えり 小日向文世 谷啓
配給:東宝(2004/日本/105分/カラー)
矢口史靖監督のごきげんな青春音楽ムービー! 

時は夏、甲子園地区予選真っ盛り。 
応援に行く吹奏楽部の姿を窓越しに見ている 
落ちこぼれで補習中の友子(上野樹里)。 
しかし、食べた弁当で吹奏楽部が 
集団食中毒を起こし、 
食べ損ねたシンバルの中村(平岡祐太)以外は 
みんな入院! 
急きょ部員募集がかかり、 
人数が足りないためビッグバンドを結成することに。 
補習やりたくなさに集まった彼女たちは 
やる気のかけらもない。 
しかし、徐々に音が出るようになると 
ジャズの世界に魅せられ楽しくなってくるのだった。 
そんなとき、吹奏楽部のメンバーが回復し、 
彼女たちは用なしに! 
初めはすねてやる気をなくした少女たちだったが、 
ついに自分たちでバンドを結成することを 
決意する! 

初めから最後まで楽しく楽しく観られる 
矢口ワールド全開の映画。 
上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、平岡祐太 
など、のちにブレイクするア ボーイ&ガールズが 
生き生きと演技している。 
すべて演奏は吹き替えなしというから驚き。 

初め、少女たちのお気楽さと少年の真剣さが 
かみ合わないところが笑える。 
そんな中で、リコーダーしか吹けず、 
人と話すのも苦手な関口(本仮屋ユイカ)が 
ひとりでどんどんうまくなるのもおかしい。 
彼女の発案でマツタケ取りに行くシーンは 
爆笑。 
そんな中、終盤雪合戦のシーンで、 
友子と中村の気持ちがほんの少し近づくシーンは 
絶品。 
上野樹里の表情が切ないっ! 

最後の演奏シーンは映画館で観たかったな〜と 
思うくらい迫力がありました。 
自分もジャズやりたくなっちゃうような、 
そんな映画です♪ 

http://www.swinggirls.jp/index.html

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]
出演:上野樹里
販売元:東宝
発売日:2005-03-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
livedoor プロフィール

永岡瑞季

ご訪問ありがとうございます
コメント・トラックバックは 大歓迎です♪ お待ちしています。 承認制を取らせていただいておりますので 反映に少しお時間がかかることがありますが できるだけ迅速に対応させていただいておりますので ご了承ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ