ブログネタ
日本映画2 に参加中!

その日のまえに





監督 大林宣彦 
出演 永作博美、南原清隆、筧利夫、宝生舞、柴田理恵、風間杜夫
配給:角川映画(2008/日本/140分/カラー)

重松清原作の7編の短編群を
大林宣彦監督が1編の長編に紡ぎあげています。

死を目前にしたとし子(永作博美)と
その夫健大(南原清隆)の物語を縦糸にしながら、
死に直面した様々な人々の物語が 横糸のように絡み合います。
そして、現在と過去が交錯する構成は
まさに大林監督の真骨頂だと思いました。

なぜか、始まって5分くらいで すでに涙腺がゆるんでいました。
まだそんなに悲しくないシーンなのに、
一つ一つのセリフが心にしみこんできてしまって。
「かわいそう」という陳腐な涙じゃないんです。
映画の初めのほうで、 病院からおそらく最後になるであろう
外出を許されたとし子は 健大とともに、結婚してから2年間住んでいた
浜風という街を訪れます。
外出から帰ったら新しい療法を試してみようと いうことになっているので、
「思い出をたどるため」ではなく「これから始める」 という気持ちで。
でもやはりどこかで思い出をたどってしまうのですね。
まだ映画の初めで、登場人物たちに それほど思い入れがないはずなのに、
不思議と観ている者にまで その思い出を共有させてしまう。
すごいと思いました。

健大はイラストレーターなのですが、
とし子の病気が発覚する直前に 鉛筆をころころころがしてしまい
足で拾おうとするんですね。
「俺が鉛筆を転がしたから、
足で拾おうとしたから罰が当たったんだ」
というセリフぐっときました。
その鉛筆は映画を通じて何度も登場します。

チェロの弾き語りをしている 「くらむぼん」。
宮沢賢治の「永訣の朝」という有名な詩の
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」 というフレーズが繰り返し歌われます。
賢治の妹は奇しくもとし子という名前です。
二人の「とし子」の死が交錯していくのも
まさに大林監督の宇宙ですね。

途中からは涙が止まらなくなってしまいました。

大ラスはすこし長いかなと思いましたが、
あれがあったから大林ワールドから現実に
戻れたかもしれません。
それが計算ずくだったとしたら、
大林監督ますますすごいと思いました。

原作を読んでからもう一度観にいきたくなりました。



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!


にほんブログ村 トラコミュ 大林宣彦へ
大林宣彦
トラコミュは「にほんブログ村」に参加している方のためのコミュです
トラコミュに参加しトラックバックをすることで
いろんな方にあなたの記事を読んでいただけることに
なります。ぜひご参加ください! 
大林宣彦監督に関係した記事なら
何でもトラックバックOKです