ブログネタ
日本映画2 に参加中!
ゆれる





監督・脚本:西川美和
企画:是枝裕和
出演:オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 
真木よう子 蟹江敬三 木村祐一 
田口トモロヲ ピエール瀧
配給:シネカノン(2006/日本/119分/カラー)

東京でカメラマンとして成功している
弟・猛(オダギリジョー)は 
家業のガソリンスタンドを継いだ
兄・稔(香川照之)の誘いで 
母の法事をきっかけに故郷山梨に帰ってくる。 
幼馴染の智恵子(真木よう子)は
そのガソリンスタンドで働いている。 
どうやら兄は智恵子に思いを寄せている様子だ。 
次の日、子供のころに行った渓谷に3人で行こうと 
はしゃぐ稔。 
兄の気持ちを知りながら、猛は自分を前に想っていた 
智恵子とその晩関係を結ぶ。 
そして、渓谷で事件は起こった。 
ゆれる吊り橋から、智恵子が転落したのだ。 
そばにいたのは稔だけ。 
事故として処理されていく中、 
稔は自分が突き落したと自白する…。 

様々な人々の思いが、 
まさに「ゆれ」ていくのが 
じわじわと描かれていました。 
兄と自分を父に比較された猛の心も「ゆれ」、 
おそらく猛が帰ってくるまでは 
稔のことも悪くは思ってはいなかったであろう 
智恵子の気持ちも「ゆれ」、 
智恵子と出かけたまま遅くまで帰ってこない猛を思って 
稔の心も「ゆれる」。 
そして、被告人となった兄に 
面会しにいくうちに 
兄の心の深い深い所にふれた猛の心は 
さらに「ゆれる」。 

兄と面会室で口論になった時、猛を映すカメラが 
微妙にゆれていたのが印象的でした。 
あのときにこそまさに、 
猛の心はゆれていたのでしょう。 
思いあっていないわけではないのに、 
お互いに自分にないものを持っている 
兄弟との微妙な関係が 
絶妙に描かれていました。 

ほとんど表情を大きく変えることがないのに、 
ちょっとした目配りで 
積もっていく念のようなものを 
表現している香川照之の演技が 
すばらしかったです。 
また、被告人の父になってしまった 
伊武雅刀が、洗濯物を干すシーン、 
特に終盤ぼけてしまって新聞を干しているのが 
悲哀を感じさせます。 
また、終盤ゆっくりとブランコが揺れるシーンも 
象徴的でした。 

人間の奥底にあるどろどろとした感情が 
じわじわと、しかし決して暗くはなく 
じっくりと描かれたすばらしい作品でした。

http://www.yureru.com/splash.html

ゆれる [DVD]ゆれる [DVD]
出演:オダギリジョー
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007-02-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



 ←人気ブログランキングに参加中です♪クリックお願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←映画評論・レビューランキングにも参加中です♪こちらもよろしくお願いします!
続きを読む