グループディスカッション

  • author: mizumaki_kango_josan
  • 2018年06月08日

 6月6日(水)

こちらは「成人看護学実習Ⅲ」の学内での学習状況です。
「成人看護学実習Ⅲ」では、終末期の患者さんを対象とした実習を行います

DSCN2822














写真は、仮説の患者事例を挙げ、グループディスカッションをしている様子です。
今回は、2グループ一緒に行いました
DSCN2823














ディスカッションのでは、病気から看護までを看護職として、どのように関わっていくか、どのように介入し援助できるか、を考えました
DSCN2825














「これって何だろう・・・?」と思うところにマーカーを引き、討議します
患者さんとの信頼関係の築き方や自分の身内に置き換えた際の気持ちについて”気づき”を通して学びを深めます










この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲