2005年10月12日

市民意識調査

総合計画審議会で配布された資料に「平成17年度倉敷市市民意識調査結果報告書」がありました。総合計画後期5カ年(平成18〜22年)の策定にあたって、市民にとっての地域の課題、施策満足度、重要度の調査結果です。(8月26日〜9月12日実施)

住民基本台帳から無作為で抽出した20歳以上の市民4,700人に、みずしま財団の職員の1人にも入っていました。

結果のなかで、個人的におもしろいな〜、と思ったことがあります。
問 倉敷市が目指す都市像
1位 安全安心で暮らせるまち
2位 次世代によりよい環境をつなぐまち
なんです。
つまり、倉敷市や審議会が強調している、「世界に通じる「人づくり」のまち」、「魅力ある観光のまち」、「世界に「倉敷文化」を発信するまち」「世界に誇るよい子いっぱいのまち」とずれがあるのではないか、と市民レベルでは見えるのです。

ずれ、といえば、もう一点。
問 倉敷市の優先課題
「目指す都市像」では「安全・安心」や「よりよい環境」が上位なのですが、優先課題では市民の意識は割と低いんです・・・。上位は高齢者対策、保健・医療体制充実、青少年健全育成。
「安全・安心」や「環境」が具体的なところと結びついていないなと感じました。

そういえば、「持続可能な社会」も漠然としたイメージですなあ・・・。
「生物多様性」も大事だけど、どういう状態がいいのかわかりにくい。

環境NGOやNPOには、大事なことをわかりやすく伝える、学び合う技術が求められるな〜と感じました。

ふじわらでした。









mizushima_f at 11:52│Comments(2)TrackBack(4)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 総合計画の出前講座  [ 倉敷まちづくりネットワーク♪まちネタ♪ ]   2005年10月18日 17:42
倉敷市の出前講座を利用した勉強会を開催します。 テーマは「第5次総合計画」
2. 環境フェスタ  [ <font size="-3">フォトクラブ</font>アクア ]   2005年10月26日 20:11
第3回環境フェスタ中津川  情報の氾濫する現代社会。 フカイの生まれたその訳を
3. 緑の森  [ AirNET ]   2005年10月26日 22:41
緑の森  R業者が、無許可で14ヘクタールもの森林を伐り倒し、木をその場で野焼きをしてしまったらしい。 現代日本で焼畑農業でもするつもりだったのか。バカな話である。 うわさでは、砂防方違反、森林法違反、自然保護条例違反、廃棄物処理法違反とのこと。  今、
4. 緑の森  [ AirNET ]   2005年10月26日 22:42
緑の森  R業者が、無許可で14ヘクタールもの森林を伐り倒し、木をその場で野焼きをしてしまったらしい。 現代日本で焼畑農業でもするつもりだったのか。バカな話である。 うわさでは、砂防方違反、森林法違反、自然保護条例違反、廃棄物処理法違反とのこと。  今、

この記事へのコメント

1. Posted by 倉敷まちづくりネットワーク   2005年10月18日 10:54
総合計画の出前講座でこの件はもうちょっと話したかったなぁ…

「ルールが無い」からズレテイルというのもあるんだろうけど…

でもくらしぃってムツカシイですね。
2. Posted by ふじわら   2005年10月18日 14:28
投稿ありがとうございます。必要かも、出前講座第二弾。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔