2005年11月20日

五次総 意見を聞く会

現在,倉敷市では「第五次総合計画 後期基本計画」を策定中です。

それに関して,市民の意見を聞く会が,20日(日)10:00〜12:00 倉敷市役所207会議室で開かれました。

会場には、市の実務担当者ら10名ほどが前に並び、事前に参加申し込みしている市民約30名弱が出席していました。

前半1時間は計画の概要の説明で、その後、説明に対する質問を受け付け,それから会場の参加者が意見を言うというスタイルのようでした。

「ようでした」というのは,説明に対する質問の時点できちんと回答がなされずに,そのまま意見をいう場に入ってしまったので,質問と意見が入り交じるような進行になっていたから・・・。

ちなみに,きちんと回答がなされなかったことというのは、「聞いた意見をどう扱うのか」ということ。

これって、根本的なことですよねー?。それが、ちゃんとしていなければ、「はい、みなさんの意見は聞きましたよ。でも聞くだけですよ」という,市民意見反映のアリバイのためだけに開催したってことになりかねない。

でも、ちゃんとした回答なかったんですよねぇ・・・。

でも、参加者の中には「これは意見をいう場であって、質問をする場ではない。こんな内容だったら、二度と開催されないのでは」という発言をされた方もいらっしゃいました。

しかし、いくら意見をいう場であっても、言った意見がどう反映されるかぐらいは答えるべきだし、そもそも、疑問点を明らかにしなければ、ちゃんとした意見も言えませんよね?

説明責任という意味においても,きちんと説明をし(質問に答え),意見を求める場にすべきでしょう。

というのが,参加した私の感想です。
それでも今後も,改善しつつ,どんどんこんな場を設定してほしいですね。

あっ,12月5日〆切で,文書での意見募集をしていますよっ。皆さんぜひ出しましょうね!!

詳しくは
ココ(倉敷市HP)

 しらが

mizushima_f at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!事務局 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔