2005年12月04日

大忙し

12月4日は、大忙しの日でした。

10〜12月はいろんなイベントが重なるので、今年はあえて財団のイベントは、この時期をはずしているのですが、他のイベント等々で大変でしたねー。

とりあえず、わたくし しらがの担当分だけ報告しますが、3つめぐりましたっ

1つ目は、まぁ、これは財団の仕事とは直接は関係ないのですが、私の趣味で・・・。

岡山文化観光検定 受験!
地元のマスコミなどにも取り上げられていたのでご存じの方も多いと思いますが、この検定をうけてきました。
観光検定完璧な一夜漬けでしたが、自己採点の結果、どうやら合格のようです。よかったよかった・・・。
おぉー、今回受けれなかったーと思った方は、近々、岡山商工会議所のHPに問題がのるそうです(まだ載ってないようですが・・・)。試してみて下さいね。

来年は、2級があるそうで、さらに倉敷白壁検定もあらたに始まるとの情報も・・・。
ご当地検定大流行です。
みずしま財団としては、「みずしま検定」をつくってみたいという秘かな野望も・・・(私だけ?)

それから、2つ目
「新修倉敷市史」完結記念講演会
13時から、ライフパーク倉敷大ホールにて開催されました。
市史記念講演
・間壁忠彦さん(倉敷考古館館長)
・久野修義さん(岡山大学教授)
・別府信吾さん(岡山県立記録資料館資料集編さん専門員)
・太田健一さん(山陽学園大学教授)
の4名の方による考古〜近代の倉敷の歴史について記念講演がありました。
3時間連続で、休憩がなかったのはきつかったのですが、倉敷について知らないことを多く学ぶことができよかったです。

一番、ほぉ〜と印象に残ったのは
「くらしき」という地名は、結構どこにでもある地名で、蔵のあるところは「倉敷」ってこと。だそうです。

倉敷市の市史編纂室にも一度お話を伺いにいきたいところでしたので、今回ちょうど良かったです。

そしてそして、最後は
倉敷まちづくりネットワーク衆議院議員のお二人を囲む会

倉敷まちづくりネットワークの会員でもある、国会議員お二人(柚木氏、橋本氏)に活動報告等々をしてもらうという会にも参加してきました。

詳しい報告は、まちねっとのブログをご覧いただければと思います。

印象に残ったのは、(いろいろありますが)柚木さんのおっしゃった「お客さんじゃない」といわれて育ったということ。

これだけ読むと何?と思うでしょうが子どもの教育方針ということの質問で、ご自身が育った環境についてお話された内の1つ。家庭のなかで、そういわれ自分の仕事(そうじなどなど)をきちんともってやっていたそうです。

この言葉は、私も大学院時代、研究室のいろいろな場面で、教官に言われ,後輩に言ってきたことなので,(ちょっと状況は違いますが)共感をもって聴いていました。

しかし、大学で思い出したのですが、
大学を「学校」といい、「勉強」をするという大学生が多いのがものすごく気になります。
大学は、学校でなく、勉強する場でもなく、学問・研究をする場だと思うのですが・・・。

とかなり話がずれましたが、そんなこんなで、有意義な日曜日でした。

  しらが

あと二人の報告もあるはず・・・

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふじわら   2005年12月06日 17:19
日曜日の大阪出張の報告は,明日するよ〜
2. Posted by はら   2005年12月06日 22:56
お疲れさんっす。
柚木さんが選挙区で当選された(地元有権者が選んだ)ひとですよねえ。
民主党。
倉敷の政治地図もずいぶん変わったこったろうねえ。財団的にはプラスかもしれんね。
合格、おめでとうございます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔