2016年11月17日

第10回ビジネスフォーラム

08

第10回春日井ビジネスフォーラムです。今回は、蠅泙舛鼎り勝川と四季の会(愛知県料理組合春日井支部)の2ブース。どちらもスペシャルブースへの出展です。まちづくり勝川は再開発当時の模型を持ち込みましたので、新しいまち勝川を俯瞰していただけます。また、四季の会は加盟6店がパンフやチラシを配布しPRします。

27

また、第10回を記念して設立10周年の企業への顕彰が行われ、内職市場さん、メリメロさんと一緒に株式会社まちづくり勝川も顕彰状を頂きました。会社設立10年目とはいえ、その前の準備組合、再開発組合と設立までにほぼ20年掛かっていますので随分前から活動している気がしています。「勝川のエリア価値を高めるため」引き続き皆さんと一緒になって活動してまいります。


2016年11月15日

取材でした

01

久々にサボテン関連の取材。このところお話を頂いても他の人にとお断りしていたんですが、CBCさんの依頼は断れません。1993年この世にサボテンのアイスを出したのは紛れもなくこの局の「ミックスパイください」です。今日の取材中も当時制作に関わっていた方が居られ昔話に花が咲きました。


2016年11月12日

和飲会

15032875_1876662565898875_7803569026331796738_n

毛利さんが20年以上前から会を重ねて来られた「和飲会」第102回の昨夜は弊店で開催していただきました。今回は春日井の姉妹都市カナダケロウナ産のワインのインポーターをされている滝澤さんにご協力いただき、貴重なアイスワインを初め1本3800円~12000円クラスのワインを5種類ご用意し皆さんに楽しんで頂きました。皆さんのご感想は「和食には白ワインが合うね!」下戸の私には理解できませんが、今後の参考にさせていただきます(笑)

来週16日(水)には、ままま勝川1F「エテルノ」でも開催します。カナダ人はワインと一緒に何を食べられているんだろう?」という素朴な疑問を投げさせていただきました。さて、どんな料理になるのか楽しみです。



2016年11月10日

トランプww

26

昨日はクラブの11月第一例会。昼のニュースでトランプ優勢が伝えられると「株が下がり景気が悪くなる」と何人かのメンバーからタメ息が。。まあ、株はゲームですから、短期的には戻すんでしょうが、大方の予想を覆した理由は、米国内の貧困格差が思ったより深刻だったという事なんでしょうか。今朝の木村太郎は「冷静に考えれば共和党の順番だった」なんて事も言っていましたが、EU離脱を決めたイギリスのように「やはり失敗だった」と後悔するのかもしれません。そのEUもギリシャ、イタリアも離脱が噂され、今年になって、元気が無くなったと噂された中心国のドイツ・メリケルが相談したかった米国が大統領選挙でそれどころではなく、しかも蓋が開いたらトランプですから、益々混迷に向かうんでしょうネ。公約通りだとすれば、保護主義が台頭しどんどん内向き国家になっていきますので、相対的に、日本が国際社会の矢面に出る場面も多くなるのかも。。本当の意味で戦後レジームからの脱却が計られるのかもしれません。いよいよ真価が問われる時代です。



2016年11月08日

知事表彰を頂きました

11

愛知県食品衛生大会のためWINK愛知へ行ってきました。優良施設として知事表彰してやるから出て来いと言われたためですが知事から褒められる程優良ではありません。順番です。この大会、何年かに一度出るんですが、毎回何だかな〜と思うような内容で・・・まあ、良いんですがネ

2016年11月07日

繁盛店セミナー

01

春日井商工会議所商業三部会合同セミナー「繁盛店の事例に学ぶ売れる店の共通点」講師は月刊「商業界」編集長笹井清範氏です。我々中小零細店が生き残るためには大型店チェーンストアが目指す生活必需ではなく対極の人生充足、つまり価格・利便性以外の価値を求める非価格型(価格以外の価値)を追求しなくては客離れが起き売り上げの減少が進む。そのためには仝楜劼離法璽困鳳茲辰振い商品。⊃雄牋蘋に注力し高いチーム力を持つ。L棲里聾楜卅に対する発信力を持つことが大切との事でした。その後、各地の繁盛店の事例を紹介していただきましたが、やはり繁盛する店は繁盛する理由がある事が良く理解できます。いつかは繁盛店として紹介していただけるような店になりたいものです。

セミナー終了後、商業界11月号で紹介されたメリメロの塩田さんを訪問。笹井編集長と塩田さんの話を横でお聞きし商品の持つ力の大切さを改めて痛感。その後「ままま勝川」と「TANEYA」にご案内し、2年前の10月号で「TANEYA」を取材頂いたので、その後を見ていただきました。ここでは「場」の持つ力を感じていただき、また、色んなアドバイスも頂戴しました。その後弊店で社本さん、岡田を交えてお話を伺いましたが、一言一言を丁寧に話される内容は流石に全国の現場を見て回られている経験知識を感じることが出来本当に勉強になりました。改めてお礼申し上げます。感謝!



2016年11月05日

まままスクール「起業セミナー」開催

56

11月に入って仕事の変更があり本当に忙しい毎日です。このところ暇な月が続いていただけに有難い事です。さて、今日はバタバタな一日の合間を縫ってまままスクール開講記念セミナーを開催。講師はRoom8の鶴田君です。特に起業家向けに内容を絞ってもらいましたが、三グループに分けて、まままスクールで出来るセミナーを考えるワークショップも行いましたが、在宅高齢者向けの「シニアエアロビクス」案など結構面白いアイデアも出るなど短い時間でしたが有意義なセミナーでした。正式な開校は少し延期して来春を考えています。是非、挑戦してみてください。
さて、講座の最後に挨拶をさせてもらいましたが、以下の話をしました。信用金庫の融資を受けるときに銀行が創業計画書のココを見ているという内容です。

1、創業への動機「夢や本気度」

創業への想いや創業に賭ける熱意、事業に賭ける思いを語り尽くす。どんな目的で内をしたいのか、自分の言葉でハッキリ伝えます。

 

2、経験や知恵「事業への理解度」

今までの経験、知識、技能、実績などを整理して、事業への理解度をしっかり伝える。また、事業に関する事だけでなく、経理、税務、労務などへの理解を深める必要があります。

 

3、商品やサービス「セールスポイントの確認」

商品やサービスに関する特徴、お客様への提供方法など、他所との違いを整理する。独自性や新規性を説明します。

 

4、取引先「誰をお客様にするのか」

顧客ターゲットを、性別、年代、生活様式など、具体的にイメージして言葉で表現する。

また、扱う商品やサービスの整合性を確認します。

 

5、従業員「適切な人材の確保」

業務に照らして必要とする人材をしっかりイメージし、その確保に努める。早く動き出す事。優秀な人材が働きたいと思うような魅力づくりも大切です。

 

6、必要な資金と調達方法「自己資金や借入の見込み」

事業を始めるのにいくら必要で、その資金をそうやって用意するのかを整理します。また、借り入れによって信金を調達する方法もあります。

 

7、事業の見通し「売上高や利益の予想」

売上(収入)は少な目に、支出(費用)は多めに見積もって、利益が残る事業であること確認します。位日の来店客数や客単価の見込みや、人件費や家賃など毎月掛かる費用などを整理して、毎月の売り上げ見込みや支払いに必要な金額、利益を知っておくことが必要です。



2016年11月04日

春日井まつり感謝の夕べ

50

春日井まつり感謝の夕べに参加。初めて聞いた宮本ちゃんのギターと久しぶりのDAIKIマジックに馬場さんの津軽三味線。。春日井広報大使三羽烏の競演に会場の各団体関係者大喜びでした。
ただ、このところ毎年参加させてもらっていますが、単に団体の役員だけではなく現場で汗をかいた人達にもっと参加してもらえると良いですね。6000円の会費は少し高いような気がしますが、どこまで声が掛かっているのか聞いてみることにします。 



2016年11月03日

文化の日

今日は「文化の日」、昨今祭日でも意味合いを咀嚼する余裕もなく「今日は祭日かw」で終わり。何とも文化の香りがしない一日ですが(苦笑) 

さて、文化って何なんでしょうね。Wiki先生は「 総じていうと人間社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある」とのこと。要は地域には地縁、血縁があり慣習を身体化する事で社会組織に認知されるという意味でしょうか。

他方、「 
産業化を示す技術革新、生産性の向上、社会の官僚化といった人間の外部に相当するものとしての文明と対比され人間の精神面での向上を示す言葉として位置づけるものとしての意味。この定義では文化は教養と言い換えることもできる。英語やフランス語は、日本語・中国語・ドイツ語とは異なり、「文化」と区別される「教養」という語を持っていないので、その間の区分が明示的でない」とも。成程、文化とは文明の対比語で教養ともいえるという事か。。ますます、縁遠くなってきたww

文化と言うと、我々は=芸術とも捉えますが、文字を分解すると「文」が「化ける」と読み解けます。文は文章ですから主語と述語から成立していますので文章が化けるのが芸術と言う意味かも。書道はいうまでもありませんが、絵画の基本は象形文字、音楽での音符とも考えられますので、あながち的外れではないか。。いずれにしても文化というたった二文字の奥深さを感じます。


2016年10月29日

JR春日井駅完成記念式典

本日10時よりJR春日井駅の自由通路と橋上駅舎完成式典が行われました。4年の歳月と59億円(春日井市50億、JR9億)と言う歳費を掛けた一大事業の完成です。自由通路は24時間開放されますので、これで南北の行き来も楽になり駅周辺も大きく様変わりすることが期待されます。

53

参加者は約200名。地元中部中学校の吹奏部による演奏も披露されましたが、式典終了後、市民への内覧会もありますので、この両側は人で溢れていました。

05 HDR

また、同時に一階には春日井市観光コンベンション協会の新拠点「リリック」(春日井市情報発信センター)もオープン。新春日井駅の新しい顔として今後の活動に期待が膨らみます。

20

さて、駅はキレイになりましたが、今後は駅周辺がどう変わるかに関心が移ってきます。参加者とも話をしましたが、キャバクラやバー、スナック、居酒屋が並ぶ現状を変えていくのは至難の業。もちろん地域の人たちが決めることなので横から口は挟みませんが、まちづくりは一朝一夕には進まない事を考えれば、これを良いチャンスと捉えて少しでも前に進むことが大切です。春日井駅周辺のエリア価値をどうあげていくのか、この認識を持つことから始まります。


2016年10月27日

インプット

31-2

昨夜は久しぶりにインプットの日。名古屋市中区のBLOSSAビル19階で行われたソニー生命主催の講演会。講師は毛利さんです。テーマは「成約率が5倍以上の広告の打ち出し方」というもの。内容はダン・ケネディーのDRMの解説です。DRMは神田正則さんのメルマガや以前ニュースレターを購読していましたので、何となく理解はしていたんですが、毛利さんの解説は分かりやすかったですね。参考にさせていただき頑張ります。


2016年10月23日

駅西芸能祭

56

昨日のハロウィンに続き、今日は駅前公園で勝川駅西発展会の芸能祭が開催され。午後から覗きに行ってきました。午後から夜まで色んな演奏があったようですが私が行ったときには丁度アフリカの打楽器演奏の最中。シンプルなリズムの中にも心を打つ響きを感じ、観客も一緒になって踊る姿も見られました。

この駅西発展会。元々協同組合として活動をしていましたが、会員数の減少からいったん解散になり、最近になって、街路灯建設を契機に任意の団体として復活しています。今後は商連にも加盟して地域を支える組織になるよう期待しています。

2016年10月22日

勝川ファミリーハロウィン

普段の弘法市より約10倍の子供達!!凄い人出です。控えめに尾張最大のハロウィンイベントと言っても良いかもネ

35

26

25



2016年10月20日

臨時議員総会

43

昨夜は春日井商工会議所第17期の臨時議員総会に出席。役員議員の任期が満了し第18期に向けての新体制を承認する総会です。会頭は引き続き松尾会頭が留任されましたが、島本副会頭、安達専務理事が退任され新たに高防会頭(前特別常議員)と山田専務(前事務局長)が昇格しました。また、青年部関係の議員も徐々に増え、議員は20名/150名中、常議員は6名/45名、役員は6名中2名となりました。

10

懇親会では、今回初めて地元中部大学の山下学長以下三名の副学長の他、各部の学部長が勢ぞろい。産学官の距離が一層近くなります。人が変われば組織も変わります。

さて、副会頭を拝命して早くも三年経過。会頭から「留年!」と言われもう一期三年務めることになりました。思えば消費税の転嫁カルテルの締結から、観光協会の民間委託事業として春日井市観光コンベンション協会への移行業務、移動販売車事業、最近では春日井まつりのショッピング部会の改革、「補助金は麻薬」を前提にした新たな活性化の方策の「齋藤基金を活用した春日井市中小企業振興ファンド(仮称)」の設立等々、次から次へと飛んでくる矢を避けられず、全身ブスブスになりながら、またある時は泥をかぶりながら奮闘してきました。この間、地元勝川ではTANEYA・ままま勝川の開業。。皆さんの協力なくしては一歩たりとも前には進めませんでした。これからの三年、はてさてどんなステージが待ち受けているのか、打たれ弱い私にとって、楽しくもあり不安もありと言ったところでしょうか。一層のご支援ご協力を切に願います。



2016年10月16日

春日井まつり

45 HDR

春日井まつりです。今年は珍しく両日とも晴天に恵まれ大勢の人出で賑わっていました。今年からショッピング部会をコンベンション協会で仕切る事になりましたので企画段階から参加しましたが、まあ、ほとんど例年の構図で運営され、場所の整理をしたくらいでしょうか。売れる売れないも大切なんですが、来ていただいた市民の皆さんに如何に気持ちよく遊んでいただく事が大切。まあ、徐々にお話をしていきます。

51

こちらはわいわいパクパク広場のステージ。場所を変更してステージを中心としたレイアウトに変更しました。写真は戸井康成さんと宮本ちゃんの掛け合い漫談(笑) 左は似顔絵の中村さんです。

35

商連担当の抽選会の様子。ショッピング部会で買い物をしていただいた方に抽選券をお渡ししています。一等はデジタルテレビ、予算の無い中協賛していただいた商品も含めてかなりの人に当たりが行くよう工夫して行いました。さて、かちがわ通信をご覧の方で当選された方はいたでしょうか?


2016年10月13日

南三陸志津川LCご来町

20

昨日の春日井さくらLCとの合同例会に、友好クラブの南三陸志津川LCの佐藤会長、及川Lをお招きしました。あの日から5年7か月。この間の様子や現状をお聞きするためですが、今までのお付き合いの中から、色んな人の想いを一身に受け止めてきた及川さん山内さん佐藤町長はじめ、想像を絶する困難の中、ただただ故郷の復興に向けて努力してこられた南三陸の皆さんの姿を見続けてきました。しかし、今回外からでは分からない様々な苦悩もお聞きしました。自然は過酷な試練も与えますが、同時に生きる糧も与えてくれます。しかし・・・ 今後とも何をどう言われようとも全国の商店街やライオンズの仲間と共に可能な限り支援して行こうと思います。

39

さて、夜には弊店で歓迎会を開催。何回も顔を合わせたメンバーと及川さん佐藤会長を中心に大いに盛り上がりました。二次会はご指定の「たんぽぽ」が改装中とのことで貴船町の「エスポワール」へ。。及川さん歌お上手ですネ〜(笑)

今日は、一度行ってみたいと言われた多治見と名古屋城を見学。午後の仙台便でお帰りになりました。来年は3月3日のさんさん商店街のオープン、4月の志津川中学校新入生への鞄の贈呈と2ヵ月連続で伺う事になっています。


2016年10月10日

勝川馬の搭

53

今日は勝川天神社の秋祭り「馬の搭」。例年通り、弊店駐車場で一休みです。今年の馬は出だしから歩くのが嫌いだったようで、ここまで引き回すのが一苦労だったようです。そりゃ馬も疲れたり人から指示されるのを嫌がるのもいますわね(笑) 

さて、この馬の搭、元々は農耕祭でよほど凶作の年で無い限り行われていたようです。勝川では伊勢湾台風の被害で中止していたものを平成元年から「勝川馬之塔の会」を組織し復活されました。私も復活した時の発起人の一人だったんですが、殆ど参加出来なかったので事訳は承知していませんが、流鏑馬、棒の手とは一体の物との事なので、この辺りも復活していくと伝統的行事に育っていくとは思いますネ


2016年10月06日

孫の運動会

07

今日は孫の通う保育園の運動会。丁度、店の定休日(木)でしたので、朝から見に行ってきました。台風の影響もなく、秋空が広がり気持ちの良い日でしたが、会場に着くと朝からご父兄が場所どりをしていたようで、内の娘も割と早く来たようですが、それでも後ろの方でした(笑) 沢山の人でごった返していましたが、中に知った顔も多く、孫談義に花が咲きます。

14

顔出しNGと言われていますので、後ろ姿だけw 左側が孫の〇〇、次女も生まれていますので、ここ数年は通う事になりそう。目が細くなります。。
 

2016年10月04日

三重銀行連携協定

27

またまた金融機関との連携協定、今日は三重銀行です。11行目ですが、これで、ほぼ市内の金融機関との連携は終了することになります。「中小企業支援(販路拡大他)」「経営者保証に関するガイドライ」「産業振興」が主な内容で、春日井はこれにファンド支援が入りますが、地方銀行もマイナス金利の影響で地域で稼げる方法を模索しています。この流れと会議所の思惑が合致していけば、実も花もある協定になるのではと思っています。

2016年10月01日

食の地図に掲載されました

55

帝国書院発行「食の地図」に愛知の食代表で当店の「ひきずり鍋」が紹介されました。もちろんパブリシティです。極上素材「純系名古屋コーチン」の美味しさを是非味わってみてください!