以前も参加させていただいた、
アニメ調査室(仮)さん の企画に参加することにした。

なかなかまとめて考える時間が取れないうちに、
気づいたら、もう7月も終りじゃないか!と焦ったんで、
何とか今日中にガンバル方向で。


~□~

(以下、「アニメ調査室(仮)」さんのフォームに従って)

-評価条件-

だいたい80%以上視聴した作品について、
作品の評価をS,A-Eでお答えください。
(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)

S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い


上記の条件に当てはまらない作品は、
視聴状況を、F,x,zでお答え下さい。

F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)


(リスト)
2011夏調査(2011/4-6月期、終了アニメ、30+1作品)

01,X-MEN,x
02,変ゼミ,F
03,GOSICK,A
04,もしドラ,x
05,フジログ,x
06,昭和物語,x
07,DOG DAYS,F
08,そふてにっ,F
09,世界一初恋,x
10,Aチャンネル,A

11,緋弾のアリア,F
12,電波女と青春男,F
13,星空へ架かる橋,F
14,30歳の保健体育,F
15,イナズマイレブン,x
16,俺たちに翼はない,S A
17,アスタロッテのおもちゃ!,F
18,殿といっしょ 眼帯の野望,x
19,聖痕のクェイサーII (2期),x
20,戦国乙女 桃色パラドックス,x

21,デッドマン・ワンダーランド,D
22,神のみぞ知るセカイII (2期),x
23,よんでますよ、アザゼルさん。,B
24,Dororonえん魔くん メ~ラめら,F
25,まりあほりっく あらいぶ (2期),x
26,ファイアボール チャーミング (2期),x
27,あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。,D
28,[ C ] The Money of Soul and Possibility Control,x
29,Starry☆Sky (ネット配信),x
30,俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE (ネット配信12-15話),C

31,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (全16話),C


{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)

いや―今回、1話切りが多い。びっくり。
ほとんどが1話もしくは2話途中で脱落。
『そふてにっ』も嫌いじゃなかったんだけども、結局見逃し多くて、
8割は越えられず・・・淫乱ピンクは好きだったんだけどね・・・・・・


03,GOSICK,A

Bに近いA。ヴィクトリカかわいい成分を上乗せ。
ヒロインの魅力と、脇役たちの生き生きした活躍、結末の納得度でおまけ。
あと、4‐6月期で涙がほろりときたのは、これだけ。
しかし、やはり推理部分のGDGDさ加減と、あとは灰色狼のなんでもアリ設定、
男性主人公の役立たずさ加減はイライラしたなあ。と、マイナス点も多い本作。
ビジュアルの完成度の高さなど、いい点も多かったので相殺しちゃうんだけども。
それと、OPの完成度、また前期EDの良さは、もっと評価されてもいいと思う。


10,Aチャンネル,A

Sにしてもいいかと思うけれども、Aで。良作。
人を好きになることに付随するウキウキ感と切なさ、
仲良しの友だちの笑顔を見る喜び、日常のちょっとした楽しさとそのかけがえのなさ、
などなど・・・視聴していると、なんか、人の持つ善良な感情を引き出されるようで、
毎週、心洗われる思いだった。
ビジュアルも高水準で、今期では唯一2期を切望するほど。
トオルとにゃんこ(炭酸)とのタッグは最強すぐる(主に可愛さ方面で)。


16,俺たちに翼はない,A

Sでも良かったかもしれない。そのくらい、毎週、楽しませて貰った。
下ネタ中心の下品なギャグがテンコ盛りなので、人を選ぶと思うが、個人的にはツボだった。
お下劣な、エロゲのアニメ化のように見せて、実は
人間の弱さというものにきちんと向き合う物語だった、という練り込まれた構造は、
唸らされた。ラストの、視聴者へのエールも見事。
かなり錯綜した設定に、多くのキャラクターたちの動き、気持ちが盛り込まれていたが、
それらをだいたい、ほどよく、適度に交通整理をして、落し前つけてきたのは感心。
台本、構成、きちんと仕事してる。ビジュアルは正直、好みが分かれると思うが。
ちなみに4‐6月期のアニメで、一番笑った(大声で)のは、この作品の11話。


21,デッドマン・ワンダーランド,D

止め絵的な絵のクオリティだけで言えば、BまたはAなんだけども。
相当原作に忠実なあまり、アニメ的見せ方、アニメ的解釈、アニメ的冒険が
ほとんどみられなかった。構図も動画も平凡以下。
原作ファンとしても、そこは失望点。
まして、最終回できちんとストーリーが完結していないとあっては。
Eをつけなかったのは、原作ファンゆえの情け。(原作への)リスペクトは感じたので。


23,よんでますよ、アザゼルさん。,B

Cに近いB。
楽しませてもらったけれども、最初のインパクト以上の話が続かなかったのが残念。
あと、先の読める展開が多かったのも。
悪魔たちよりも天使の小狡さと独善の方が面白かったので、
そこにもっとボリューム持たせても良かったんじゃないかと思ったり。


27,あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。,D

きっとみんな、AとかSとかつけるんだろーなー、と思いつつ、ウチはこれで。
途中まではホント、AとSを行ったり来たりだったのだけれども。
めんまの物理干渉の一貫性の無さ(法則性を持たせなかったという構成上の問題)と、
結局は「トラウマの大安売り大会」となった終盤の陳腐さで、最後の2話はしらけ通し。
めんまが実はじんたんの幻想だった、というような、『おれつば』的キツさ、
もしくは、もっと別角度からの人間の内面を掘り下げるアプローチがあれば、
間違いなくSをつけたのに。
つか、日本人って、トラウマ大好きだよなー、ホント。


30,俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE (ネット配信12-15話),C
31,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (全16話),C
(まとめて)

3月期までではDだったが、トータルで視終って一応Cにランクアップ。
ただ単純にDにするほど酷いか所が見当たらなかった、という程度のことと、
黒猫高校生バージョンの良さで加算。
というか、作中できちんと「成長」を見せたのは彼女だけか。
相変わらず、主人公は気持ち悪い(内面的に)のが微妙。


(記入ここまで)


~□~

しかし『おれつば』ふつーにおもろかったなー。
ただ、BD買うかというと、難しい。すげえ良作なんだけど。

原作ゲームは購入をかなり迷ってるんだが、
クリアに50時間とかって聞いて・・・んな時間、どっから捻り出せるんだよ、俺。

ソナニル(紫影のソナーニル)の購入の決め手となったのが、
プレイ時間の短さだ、というくらい、ゲームに時間を求めないのよ、こっちは。
どーせクオリティ高ければ、短いゲームでも何回も何回も繰り返すんだから。
(Fateのプレイ時間なんか、凄いことになってるしな。ソナニルも3周くらいしてるけど)

でも、『シュタゲ』はもう予定に組み込んでるんだけど・・・


(と、今日はこんなところで)


8月7日訂正;;「おれつば」はA評価、コメントの通り。一覧の方、SからAへ訂正。
     うーん、Sでもよかったかもしれないけれども、やはりコメント通り。ホントに悩む、これは。