ミルキィ、3話が凄くツボなのに、その話をする前に既に4話が放映済みだ。。。
なので、ミルキィは後回しとして、
その前の放映分の作品から、エントリーに。


~□~

■『妖狐×僕SS』1話。

ヒロインは人外、そしてハンサム完璧野郎のストーカーも人外、の巻。


つか、このタイトル、よくこの字面で「いぬぼくしーくれっとさーびす」とかって
読ませようと思ったな。
つか、狐は犬じゃないし。


ヒロインのキャラデザインに惹かれて視聴。
テーマ的には、ちょっと女性向けすぎて趣味じゃないかなーと思ったものの、
ヒロインの破壊力の凄まじさに継続視聴あっさり決定。

つか、凛々蝶さま、かわいすぎるぅー!!!

ビジュアルのところもだけれども、
生まれ育ちの窮屈さと持って生まれた素質の関係から、
自由に生きられない悲しみを抱えた少女という辺りで、
もう俺のツボすぎた。

彼女が、自分の人生を取り戻すというこの作品のテーマが
もう冒頭の彼女の語りからガチンと描写されていて、泣いた。


途中、夢を見るシーンが、また印象的。
(でもって、目覚めたシーンの御姿が、エロティック)

彼女が、どれだけの苦悩を抱えているのかというその背景を、
夢や回想も含めて、この1話でたっぷりと描写しつつ、
だけれどもそれに負けずに立ち上がろうという(引越しはその一歩)姿勢の表出と、
けれども頑なさで素直に振舞えない、自己嫌悪に陥る何度もの会話が
重ねられていく。

あー、なんて繊細で、そして美しい。


で、お相手の狐野郎が。。。あかん、俺、これ、パス。

この、出来の良すぎるハンサム(でもストーカー)、みたいなのって、
生理的に無理。
つか、この設定だけ見ると、少女まんが的なんだよねー、うん。


うあー、この組み合わせ、辛いわあ。。。

でも、凛々蝶さまの為に、頑張る。


同じSSのカルタちゃん、野ばらさんも、凄くタイプ。
野ばらさんには、頑張ってあの狐野郎を追っ払って欲しいほどに。


近日中に、最低でも2話を消化したいところ。
(追いつくには、まだ時間が難しいんだよなあ、トホホ)


~□~

■『ハイスクールD×D』1話。

主人公は1話のうち2回死亡、んで悪魔に助けられて眷属になったよ、の巻。


今期のおっぱい枠。あ、おっぱいだけじゃなくぱんつと下着と・・・

ゲフンゲフン、
んでもって、開始早々の台詞が、「乳揉みたい」か。

まあ、欲望に正直な主人公は嫌いじゃないんで、別にそこはいいんだが、
お話的にはまあちょっとありきたりな中二病どん詰まり設定なんで、
次回視聴をどうしようかなーというところ。

つか、俺、おっぱい属性ないし。
あのエロゲセンス丸出し(と言っても原作はラノベ)の乳袋制服(のありえなさ加減)とか、
今さら感も、ちょっとばかり手伝って。

てか、一番かわいいと思ったのは、銀髪ロリっ子の方なんだけども。
(塔城子猫ちゃん)

ありがちなハーレム展開もちらついているんで、
ロリっ子の出番の割合によっては、切るかもしれないなあ、これ。


~□~

と、ようやく1話視聴消化組ということで。


(『妖狐×僕SS』は続くよ!もう一個は微妙だよ、っと。)