前エントリーとテーマ的には完全にダブるんだけども、
やはり
こちらも好きなサイトさんなので、まとめがてらエントリー化してみる。

以下、記述は企画主である
アニメやゲームについてぼそぼそと語る人(ピッコロさん)の内容に則って進行。


~□~

先に、ピッコロさんの基準に従った、評価項目の説明など。


<評価項目について>

今回、作品を評価するにあたって評価項目を6つ設けることにしました。具体的には以下の通りです↓

ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価

続いてそれぞれの項目について説明させていただきます

ストーリー
・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。


<評価項目は各5点満点>

それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。

一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*注意1)評価項目は6つございます。その中の「総合的な評価」は総合点ではございません。お間違いなきよう


(作品一覧は、当該ページの一覧を参考に)


~□~

■『
輪るピングドラム』 24
 ストーリー   3
 キャラクター性   4
 画   5
 演出   5
 音楽   4
 総合的な評価   3
 合計   24/30
(演出、画、音楽と各々は突出していたが、いかんせん登場人物全員が「傷ついた子供」だけで構成というのが、ドラマチック過ぎて作劇的に難というか。好きではあるんだが)

■『
侵略!?イカ娘』 24
 ストーリー   4
 キャラクター性   4
 画   5
 演出   4
 音楽   3
 総合的な評価   4
 合計   24/30
(画もキャラも、毎回の安定度は流石。1期と比べるとどうしても若干のパワーダウンを感じるのは、2期という縛りゆえか。萌えへの媚びすぎもちょっと残念)

■『
C3-シーキューブ-』 
19
 ストーリー   1
 キャラクター性   4
 画   3
 演出   4
 音楽   4
 総合的な評価   3
 合計   18/30
(で、メインヒロインはフィアから委員長さんにチェンジなのか?という中途半端な投げっぱで締められてもなあ。演出、画、音楽は良。難は作劇面のみか)

■『
Fate/Zero』 28
 ストーリー   4
 キャラクター性   5
 画   5
 演出   5
 音楽   5
 総合的な評価   4
 合計   28/30
(ストーリーと総合的な評価が4なのは、まだ完結していないため。基本的には5でも問題はないくらいの出来だけれども、完結するまでそこは評価を出すものではないと思うので)

■『
境界線上のホライゾン』 29
 ストーリー   5
 キャラクター性   5
 画   5
 演出   5
 音楽   4
 総合的な評価   5
 合計   29/30
(なんやかやで秋アニメ最大の楽しみ、そして『シュタゲ』『おれつば』辺りと合わせて2011年の満足度のトップ組。ボーイミーツガール物という王道の物語を、仲間との絆という柱で支えた作劇は見事。2期が待ち遠しい)

■『
たまゆら~hitotose~』 25
 ストーリー   5
 キャラクター性   4
 画   4
 演出   4
 音楽   4
 総合的な評価   4
 合計  25/30
(喪失を取り戻すという前半と、それを踏まえた将来を切り開くという後半の流れを丁寧に作劇してきた12回。作劇的に過剰な飛び道具がほぼなかったのは大きな褒めどころ)

■『
ましろ色シンフォニー-The color of lovers-』 
17
 ストーリー   1
 キャラクター性   3
 画   4
 演出   4
 音楽   4
 総合的な評価   1
 合計   17/30
(それにしても、後味が悪い。画も演出も、あれだけのクオリティだったのに。いや、だからこそ、後味が悪かったんだな、あれ。早めに視聴を切ってれば良かったか)

■『僕は友達が少ない』 23
 ストーリー   3
 キャラクター性   4
 画   4
 演出   3
 音楽   5
 総合的な評価   4
 合計   23/30
(「友達」ができないキャラクターの自分探しというテーマ設定はよかったんだが、それを掘り下げずに寸止めし続けた、という感じ。ビジュアルとギャグは高品質だったんだが)

■『
ベン・トー』 25
 ストーリー   4
 キャラクター性   4
 画   4
 演出   4
 音楽   5
 総合的な評価   4
 合計   25/30
(恐るべしネタアニメ。バカを真面目にやることの大切さが真摯に伝わって来た。スーパーの音楽とか、BGMが実に上手かった。でもって、バトルがほぼ毎回。大したもの)


~□~

続けて。

■ベストキャラクター賞
 葵・トーリ(『境界線上のホライゾン』)
 軟弱なようでいて、仲間を信じ、己のやるべきことをやりきった漢だぜ。というか、まさかここで男性キャラを選ぶことになるとは、思わなかった。トーリかっこイイよ、マジで。

■ベストOP賞
 『僕は友達が少ない』
 楽曲が完全に趣味。ベースラインが好み。超好み。ビジュアルもキャラの性格と相互の関係性の描写がピシッと決まっていた。ただちょっと夜空が綺麗すぎたかもw

■ベストED賞
 『たまゆら~hitotose~
 良曲。だけれども、父の死去という作品の設定と合わせて、ちょっとズルイなーという気もするが。

■ベスト声優賞・男性
 福山潤(葵・トーリ『境界線上のホライゾン』など)
 型月厨としては、『Fate』勢からギルギル(関さん)かイスカ(大塚さん)辺りを推したいところなんだけれども、今期はトーリの軟弱さとそこに立脚したカッコ良さが嵌った声と、嵌った演技の福山さんに。

■ベスト声優賞・女性
 三宅麻理恵(荻野目りんご『輪るピングドラム』など)
 ストーカーから王子様(って女子だけど)まで、ブレの大きかったりんごというキャラを違和感なく2クール通したのは大したもの。『Fate』セイバーの川澄さんも推したいとこだけど、こちらは推す人も多そうなので、今期はりんごちゃん(三宅さん)に。


~□~

と、こちらはこんなまとめで。