あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす

食い意地に任せて『Fate/stay night』に出てきた食事の再現、、、ということで立ち上げたブログ(原作ゲーム準拠。現在、凛√の途中で足踏み中)。今はちょっとアニメ視聴に比重が行っちゃってる感じです。アニメ飯も……と思ったら、『ef』1期飯しかやってない。そのうち、他のアニメ飯やゲーム飯も再現していくつもりで。

アクエリオン

アニメ短評、『偽物語』4話、『戦姫絶唱シンフォギア』『アクエリオンEVOL』いずれも5話。

アクエリオンのやり過ぎ感に、ちょっと違和感。
場合によっては、考察エントリーを考えるかも。
ただ、その時間がなあ。どうつくるかなあ。


~□~

■『偽物語』4話

いよいよ羽川さん登場、そしてロリ吸血鬼はちっぱい美しい件について、の巻。


相変わらず話よりも、圧倒的な映像美に酔いしれる、そんな感じ。

それにしても、ほっちゃんはやっぱりいい役者だなあ、と改めて。
羽川さんマジかわいい。
彼女の毅然としながらも柔らかい、温かい表情と、
ほっちゃんの声色の滑らかさとが、実にマッチしていて、いいねえ。うっとり。

羽川さんは、夏休みでも、制服姿のままか。
休み中なんだから、彼女も私服にしてあげればよかったのに。
(1話と3話の、ヶ原さんの私服は実に素敵だったしね)

それでも、露出がなくても、清楚で素敵だと思ったが。
それこそ、あざとかった2話撫子の動画よりも、
彼女がアララギさんのベッドにごろんとした方が、正直心動かされた。
膝の足さばきなんかも、上品だったというのにね。


加えて今回は、金髪ロリ吸血鬼・忍も登場。

その見せ場となる、Bパート。
この湯浴みシーンの美しさは、圧巻。
つか、普通の家にはあり得ない構造の風呂。
あんだけ広い風呂場の床も、広く浅くお湯が張ってあるのか、あれ。
まあ、そうなりゃあの面積の風呂場でも、あったかいだろうけどな。

でもって、金髪のロリ姫の体にまとわりつく湯気が物凄いw
もう、これはBDでガンガン描写見せてくれるんだなww
なんつー販促。
そして、素晴らしい、つるぺた。


ただ、その割を食ったかというファイヤーシスターズ。
今回は出番が多いようで、
見せ場がイマイチ少ない。
やはり1話30分の尺となると、
ヒロイン2人を据えるのが精いっぱい、というところか。

火憐、月火の、それぞれの背景描写は、まだか。
シスターズのメイン回が待ち遠しいなあ、これは。


~□~

■『戦姫絶唱シンフォギア』5話。

実はノイズの戦いは、国家間の戦略の一環だったんかいな?の巻。
いや、まだよくわからないけど。

Aパートというか前半で、
あのノイズが出所不明の怪しい存在ではなく、
国家間の陰謀というラインだった、という情報が開示。
なんか一気にきな臭くなった。
作劇的には、こうしたリアリティはむしろ歓迎。

でもって、ラスボスというか、まさかあの人が、、、というアレは、
ミスリードではないような。
アタッシュケースにも血がついてたし。


翼は、ようやく復活。
彼女が意識を取り戻す前の、奏との夢見の問答が、実に深い。
同時に、彼女の、奏への深い想いが伝わってきて、ジンときた。

翼はまだこれから立ち直るだろうし、
その道筋は観ていてきっと心が動かされるんじゃないかと期待。


一方で、秘密を隠し持つ響と未来のコンビの方が、先行きが不安でならない。
心配することもできないの(だっけ?)、
という未来ちゃんの思いが響に届くのは、いつの日か。

未来への隠しごとを持つことで、
響はますます(心理的な)苦境に立たされることは確実なわけで、
にもかかわらず、なんとも能天気に振舞う響にはちょっとイラッときそうなんだが。
いや、悪い子じゃないんだけどね。


ただ。
よくあるオタ向けの設定として、
この作品もまた、親不在というか、その不自然さが気になってきた。

ここまでの国家機密に未成年者が関与していることや、
その未成年者に親権者からの承諾も取らずに、命を張らせるというのはねえ。

もうちょっとファンタジーな世界観かと思っていたら、
国家間の抗争的な路線が出てきてしまったんで、
その辺りでもうちょっとリアリティを構築しておかないと、
作品に矛盾というか粗というか、うまく着地点に収まらない可能性もというか、
その辺りがちょっとだけ心配なんだけども。


けどまあ、いい感じで盛り上がってきているのは事実。
次回を楽しみに。


~□~

■『アクエリオンEVOL』5話。

寸止めは世界を救う、の巻。


ネタとして割り切るならば、イイギャグ作品ではあるなあ、と思うものの、
幾つかやり過ぎの点も気になって来たアクエリオン。
でもまあ、童貞力をここまで潔く肯定しているっつーのは、
まあもう褒めるしかないのかもしれないが。

あと、ようやくロリ少女の正体が判明。
(ヒロシは正直、どうでもいい)
この作品一番の良心がやって来た(←すこぶる個人的な感想


面白かったのは、今回、
いろいろな3人組をマッチングさせていきながら、
それぞれのキャラクターの造形を描き出していったところ。

特に、先週も、いいカップル向きだと思った、カタブツ委員長と
穴掘り童貞アンディが、早速チームになっていた点。
委員長、メガネ巨乳で、めっさかわいい・・・ということに、
今回5話に至ってようやく気付いた俺。
まあ、こういう奥手にはアンディくらいチャラい(けど童貞)ヤツの方が
相性いいよね、やっぱ。

あとは、シュレードと兄さんと腐女子という、
明らかに薄い本へのネタ提供のトリオとか。

そしてやはりというか、
キービジュアル通りの、アマタとミコノに割って入る、緑の子。
ただ、キャラクターとしては、緑の子の方が性格は良さそうだけれども。
まー、今後、この三角関係で作劇していくんかねー、という前振りか。
この3人で、(喧嘩しながら)合体でつかw


もうひとつ重要なギャグ要素として、
鬼教官が童貞主人公のケツを追っかけまわして吹矢(じゃないか)を
中てまくっているっつーのが、
笑いを通り越して悲しみを誘った。
一方で、鬼教官は、恋人を戦闘中に亡くしたという
過去の悲劇が作中で語られている分、
余計に現在の不遇が・・・www(゚∀゚)アヒャヒャ

ただその前、地味に、ヒロシと鬼教官が、
ドーナツの穴にまつわる論戦を繰り広げていた(←物は言いよう
のが、地味だけれども、作品の伏線ではあるのだろう。


で。
やはり引っかかるというか違和感があるというかダメかなあ、というのが、
恋愛未満の感情をエネルギーに転換とかっていう、アレ。

某・白い淫獣・キュゥべえさんの絶望エネルギ―的な設定を思い出したけども。


こういう、精神だとか感情だとかっていう、
本来数量化できないものをエネルギーとして扱う的な設定そのものが、
どうにも胡散臭さ、もしくはご都合主義にしかみえないんだよねえ。

感情をよしんばカウントしたり固定化したりエネルギー転換したり、ということが
可能だという世界観って、
要するに、本来比べるべきではない感情同士を比較したり序列化したりということと
やってることって同義だからねえ。

○○ちゃんの絶望の方が△△ちゃんの絶望よりもエネルギーが大きい小さいって、
それは言っちゃいけないことだと思うんだけどなあ。
というか、いいようがないことでしかないと思うんだが。

『まどマギ』の時も思ったんだけども。

それは、このアクエリオンにおける恋愛未満の感情云々も同様で、
ミコノのアマタへの恋愛(未満)感情と、
緑の子のそれとが、どっちが大きい小さいとかってことの比較になっていくわけで。
ありえないっしょ、そんなん。


この世の中に、悲しみを計る機械が存在しないのと、一緒で。


あと、根本にはびこる、
男女間のみの恋愛感情だけが優遇されている世界観だとか、
そもそも恋愛至上主義の価値観を疑いもせず推奨しているところだとか、
そういった価値観を疑うだけの知性の無さ(制作スタッフの)というか、
世間のよくある価値観への無邪気な信仰さ加減が、
正直つまらないなあ、クリエイティビティに思いっクソ欠けるなあ、と
いったところか。

ただまあ、あからさまな「童貞力」をテーマにしているところなんかは、
面白いんだけども。

ネタとして観る分には、充分娯楽の範疇なんだけども、
そうした、従来の価値観に対して何ら疑問に持つことなく肯定しちゃう無邪気さは、
そうした価値観を世間的にあれこれと押し付けられてうんざりしている人間からしたら、
反吐が出そうなものなんだよね、
ということに対する想像力もないんだろうな、と。


~□~

と、いう感じで、とりあえず3本分感想ということで。


そうきたか、アクエリオン!『アクエリオンEVOL』4話短評。

すぐに感想を書けるんだよな、アクエリオン。
ふしぎ。


~□~

さーて、今回、4話のバカップルはっー?

♪はいはい来ましたよ、男女合体再び、の巻。
 あと、地味に、ピアニスト紹介エピだったり、ヒロシお披露目だったり、回。


3話でピアノが披露されたパツキンピアニスト、シュレードの、
能力とキャラクターのお披露目をしつつ、
ミコノさんの兄ちゃんの気持ちにクローズアップ。

兄妹の絆を前面に押し出しつつ、4話の引きへと持って行った、そんな感じ。

てか、シュレードって、『スヌーピー』のシュレーダーから来てるよな、アレ。


と、(現在のところの)メインヒロインたるミコノさんが、
何やかやで学園を離れそうにしながらも結局戻ったよ、という流れになったんだが、
どうして謎のおっちゃん(CV;ヒロシ藤原さん)が 彼女の適性を知っているのか、は
まだ謎のまま。

つか、ヒロシは一番偉い人っぽいな。


アマタ君は、順調に、童貞力を発揮。
さらにアンディ君がアマタ君の心の声を代弁してくれている(←嘘)のが、
楽しさに輪をかける。

つか、この2人の台詞には、
特に狙い澄ましたギャグ要素を噛ませているからなあ、
気を抜いていると紅茶吹くから、要注意なんだけども。


~□~

そして中盤で、
スオミさん(CV;小林さん)とドナール(CV;諏訪部アーチャー)の
漫才込みの会話から、
過去の、男女機合体による事故の話などの情報が開示。
(ここでの、スオミ/小林さんのしれっとした台詞運びが、たまらなくツぼった)

まあ、これ(過去の事故)が
一応、男女合体をダメということにしている要因だというふうに示しつつ、
アマタ君とミコノさんの道筋が一筋ではいかないよ、もしくは
2人の活躍でこの位置づけがドカンと変わるよ、の
伏線まきまき、といったところ。


それにしても、話はともかく、
Bパートでの、
スオミ(小林さん)、ドナール(諏訪部アーチャー)、
さらには謎のおっちゃん(ヒロシ藤原)の掛け合いシーンは、
好きな声優さんが掛け合いやっているだけに、手に汗握った。

てか、おっちゃんの、ミコノさん抱えての司令部への登場シーンのアレは・・・
なんだよあの回り込みwww


次回は、待ちに待った幼女がようやく登場なので、期待。


~□~

まだ何週分か遅れてるんだけども、
(ネットの見出しとかで)、結構マリー辺りが煽ってるようで。

なんかまたマリーさん、
女のドロドロしたのを出したがったるなー、というかなんというか。

つか、Fateの桜ルートばりの黒化ヒロインやってくれたら、
それはそれで面白いと思うし、
俺、ミコノさん頑張って推すけどねー。
(というか、黒桜だって好きだしさー、俺)
女子には嫌われそうだけども。

まー、ミコノさんって、現時点でも、
あまり女性視聴者たちからは好かれ無さそうなタイプだからねえー。
男受け狙い過ぎというか。
まー、わざわざそういう造形にした感じも、
なきにしもあらずだけども。


前作知らないからよくわからないんだけども、
ただ、今まで見てきた作品のカラー・雰囲気としては、
人物描写にそこまで深みとかそういうのを入れ込むよりかは、
もうちょいストレートな話で見せた方がいい様な気もするんだけどねー。


ともあれ、次回を楽しみに。


(OPの完成度、何気にいいよなあー。これと「仮」が一歩抜けてるかなあ、と。

爆笑!アクエリオン!!『アクエリオンEVOL』3話短評。

いやー、いいネタアニメだわ、これ。
笑わせてくれた、第3話。

(比較的)マジな設定とリアル指向の絵を通しつつ、
主人公の童貞力たっぷりの恥ずかしさを惜しげもなく描き出して・・・
これはもう、笑うしかない。


~□~

さーて、3話の『アクエリオン』はっー?

女の為なら土下座もするでござる、の巻。


まー、目が覚めてからも、仕事のことをこれっぽっちも思い出さず、
昨日ナンパした女の行方のことしか気にしていない主人公www

途中、穴掘りに参加するのも、彼女のため。

そして模擬戦でいきなり頑張っちゃうのも、彼女のため。

ある意味純情というか分かりやす過ぎるわけなんだが、
つーても、動機が「女」だからねえ。

もう発情これ一筋、的なナニカ。

とにかく、主人公が「ミコノさん!」と独り言言ったり周囲に話しかけたりするだけで、
声を出して笑ってしまう、楽しさ。

いやー、そのブレ無さ、好きだけどな。


一方のミコノの方は、
名門の家にありながらも適性がないという苦悩を抱えているという設定が開示。
主人公・アマタの、適性がありながらも心的外傷のために実力が発揮できない、というのと
対になるかのような配置にしてある。

というか、きちんとした「男女合体」って、
ミコノとアマタの御両人が揃わないとダメなんじゃね?と一瞬思ったり。
(うーん、4話視聴組、どうなんでしょう?そこんとこ)

あと、キャラデザ的には、ミコノはかなりイイ線。可愛い。ふつーに。
あの小動物も、いい感情表現のパートナーになってるな。
終盤、あの小動物もアマタくんにデレるんだろーか。


まあ、このカップルは笑えるくらい単純なんで、素直に応援したくなるわなー、ははは。


しかし、台詞というか小道具というか、
一々それっぽい(ダブルミーニングな)言いまわしを入れてくるのが、
お約束というか。
今回は、アンディとの穴掘りパートで特に目立ったけども。


ただ、敵側陣営のイケメン率を見ると、
BL向きの要素も入れていこうとしているのかな。
まあ、敵サンの方がカッコイイけどな、今んとこ。


あと、途中で出てきたヒロシ(というか帽子を被ったおっさん)は、
一体何の役なんだ?
(キャラ表だと「不動」と名前しか出てないな、まだ。謎の男、中)


~□~

とにかうネタ部分がツボに嵌ったんで、
次回以降も楽しく視聴予定ということで。


(早くクレアちゃんの動いているところが観たいなー。つづくよ!)

新アニメ視聴いろいろ。『偽物語』『パパの言うことを聞きなさい!』『アクエリオンEVOL』各1話、ときどき2話。

とにかく新アニメの視聴消化が進まない。
既に2話回っているやつもあるんだけども、
出遅れ仕方なしで、1話視聴完了したものから。
感想どころか視聴記録を残していく感じで精いっぱいなんだが、
面白そうなものをピックアップして。


『ガンスリ』最新刊をようやく読破したんだが、
・・・エッタは覚悟していたんだけども、
トリエラとヒルシャーさんが・・・(滝涙 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

というわけで、結構落ち込んでいたり。
あとで口直しに、『イカ娘』最新刊と、『のりりん』『なにかもちがってますか』を
読了予定。

(コミック感想は当面アップできそうにないんで、読んだって話だけで終了)


~□~

■『偽物語』1話。

アララギさんたら、相変わらず女たらしだよな、の巻。

実は『化』は未視聴。
つか、『化』放映の頃って、リアル生活がまじ破綻するほど忙しかったので、
オタ活動そのものから遠のいていた一時だったり。
なので、これが『物語』シリーズバージンだ、いえい。


画像のクオリティの高さは、圧倒的。
あと、話が見えないんだけども、ものすごく面白い。

アニメ的お約束を踏んだ物語展開と、
ジャパニメーションちっくな動画のお約束をいい塩梅に踏み外したアート感覚が、
見ていてものすごく気持ちいい。

あまりの完成度に、Amaポチりそう。

とにかく、物語よりも、映像の楽しさに酔った感じ。

あ、物語も気になるけれどもね。


会話劇としてのつなぎ方は、安定して巧み。
可能であれば、落ち着いたら個別エントリー化の方向で。


~□~

■『パパの言うことを聞きなさい!』1話。

登場人物お披露目だよ、の巻。

個人的には、『ミルキィ』同様、かなりの期待を持って視聴。
結果は、予想通り、1話のヒナちゃんで、萌え死に。
・・・期待通りすぐる。
動くと怖いくらい可愛いよ、幼児。


1話は、登場人物のお披露目と、それぞれの背景の紹介回。
主人公、将来娘になるであろう3人、姉、義兄、そして先輩。
ラノベ原作にしては、登場人物たちが、なんつーかクラシカル。

日本のドラマとかでも古くから度々描かれている、
姉(兄)の娘や息子(含む義理)を育てる主人公シリーズ。
最近では、『うさぎドロップ』もこの傾向か。

近い将来引き取ることになるであろう、姉の娘達のことや
主人公自身の背景を丁寧に描いた1話は、
基本的には状況説明に終始していたんだけども、
織田先輩や友人など、ひと癖ふたくせあるキャラの描写も含めて、
いい感じ。
入学後から夏休みまで、時間が経過していることを描写に入れてきたのも、
上手かった。

一応、メインを張るヒロインは、
恐らく3人娘の一番上の子なんだろうが(ハルヒりぼんっ子)、
血のつながりがない(義兄の連れ子)とはいえ、
姪っ子だから、
法的には婚姻はアウトだよな、この関係、確か。


お話的には年上の女(織田先輩)と、この血のつながらない姪っ子との
三角関係チックな展開に繋がりそうなんだが、
むしろ疑似親子というか、この3人と主人公が、
家族関係をどう取り結ぶかという方の描写を
丁寧にしてほしいなあ、と思ったり。

たぶん、姉夫婦の事故死辺りが2話か3話で展開がやってくるんだろうが
(でないと、主人公が「パパ」化できないんで)
1話での幸せそうな5人家族を見てしまうと、
その不幸、悲しみを想定して、胸がかなり痛い。

とにかく面白かったんで続けて2話を見ようと思ったんだけども、
そこんとこがちょっと怖くて、視聴は先延ばししてしまった。


あ、ヒナちゃん可愛さマックスなんだけども、
その実母たるおねーちゃんも別嬪さんで、とってもナイス。
うう、死なれたくないなあ、おねーちゃん・・・(人妻だけど)


~□~

■『アクエリオンEVOL』1、2話スペシャル

リア充が映画館でナンパに成功したら、敵がやってきて能力覚醒、の巻。

・・・今期のネタ枠、でヨロシイか、これ。

いやー美麗なビジュアル、キアイの入ったバトルシーンなんだけども、
お話そのものはえらく陳腐。

つか、『ギルティクラウン』枠のような、
主役(←例によって妙に自己評価の低い)のリア充っぷりに、ワロタ。

都合の良い能力覚醒と、
いきなりの運命の人との好感度マックスのデート。
なんか、中坊の夢見るライトSF的展開をまんまなぞってて、
声優陣に小林沙苗さんがいなかったら、視聴はスルーしていたかもしれない。

あーでも小林さんのキャラは出番少なそうだけど。。。
いい演技をする人なので、もっと出番の多い役に付けて欲しいのになあ。

作品のつくりそのものは、リアル&生真面目なんだけども、
「やわらか~い!」とかって、あれ、
狙ってるよな。。。やっぱネタ枠じゃね?


視聴継続は微妙だが、もうちょっと我慢する、かも。


~□~

できれば『偽』と、それと『パパの言うことを聞きなさい!』は
別枠、個別エントリー化したいなー。

1月いっぱいは、視聴の周回遅れを取り戻せないかもしれないんで、
とりあえずなんだけど、今日は短評形式で。

プロフィール

トネリコ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ