あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす

食い意地に任せて『Fate/stay night』に出てきた食事の再現、、、ということで立ち上げたブログ(原作ゲーム準拠。現在、凛√の途中で足踏み中)。今はちょっとアニメ視聴に比重が行っちゃってる感じです。アニメ飯も……と思ったら、『ef』1期飯しかやってない。そのうち、他のアニメ飯やゲーム飯も再現していくつもりで。

パパの言うことを聞きなさい!

アニメ短評、周回遅れだぜ、『リコーダーとランドセル』4話、『パパの言うことを聞きなさい!』2話、『モーレツ宇宙海賊』2話と3話。

たぶんどれも2週間分くらい遅れてるけれども。


すたこらさっさだぜ!(by『MUSASHI-GUN道』w)


~□~

■『リコーダーとランドセル』4話。

弟の小学校生活、の巻。

単純なギャグテイストということで観れば、
弟の学校生活の方がネタに満ちている。
し、ワロタ。

巨乳先生が女子大出身で男が苦手だとか、
ありがちなネタでべたべたと固めているんだけども、
あつしのキャラがしっかり立っているので、安心・安全・面白い。

今回はヒナちゃんの出番が多かったのも、俺的にポイント高い。
つか、あつしめ、手を繋ぎやがったな!小学生の分際で!!
俺のヒナちゃんに手を出すとは・・・ぐぬぬ!

ただまあ、あのオチは見えていたんだけれどもな。
それでも、ワロタが。


~□~

■『パパの言うことを聞きなさい!』2話。

お試しお父さんの1日、そしていざ、その晩に・・・(涙)、の巻。

まあ、この展開はベタだし、先が読めているものではあったんだけれども、
1話と2話、通して、
尺を大きく割いたわけではないものの、
細やかに小鳥遊家の(しかしスゴイ苗字だな、これ)仲の良さを上手く描いた後だけに、
2話終盤の引きは上手かった。

特に2話では、お試しの1日の終わりに、
美羽ちゃんのいたずらでほんろうされる小鳥遊パパ
(祐太を怪しいと、、、そりゃまあそうだw)
のエピソードを小さく挟んだことで、
この父親が3姉妹をいかに大事にしているかということや、
さらにはこれまで新婚旅行をしないで子育てに頑張って来た祐理ママを
姉たちが認めて背中を押すなど、
この家族っていいなあ、という描写をこれでもか、と入れてきていて、
後の展開が読めるだけに、
Aパートの段階から、既に鼻がむずむず、目がじわじわ来てた。

あの幸せな家族が、、、。・゚・(ノД`)
という両親の事故のシーンを、
TV(祐太は寝てしまってみていない)やツイッター(これも寝ていてみていない)の
描写のみの、
抑えた演出にしたのも、上手かった。

つか、2話ラストまで知らなかったが、
3姉妹の母親は全部別人なのか・・・

祐太が姉弟2人きりで育ってきたという背景があってこその、
彼の申し出という情動の描写も、若干強引ではあるものの(まあ18歳だし)
何とか納得できる範囲のものだったし、
その背景を知る伯母(叔母?)が遺族会議の中にいるというのも、
人物配置が上手かった。

他の遺族たちも、二女・美羽ちゃんの母以外には好意的な上、
相応に姉妹のことを考えていることがきちんと描かれていたし。

ああ、それにしても祐理さんが・・・いい女なのになあ。
帰ってきてくれい!人妻でもいいから!!とマジで泣きそう。


でも、一番は、やっぱりひなちゃんなんだけどなっ!

とにかく、俺的には、もうあとは
ひなちゃんにフォーカスするしかない、という感じではあるのだが。

あ、美羽ちゃんもナイスだけども。
丁寧語がきちんと使えて、空気読めて、でもお茶目で。

おねーちゃんは正直、どうでもいい。
つか、14歳と18歳だろ?
脈、なくはないんじゃね?


~□~

■『モーレツ宇宙海賊』2話、3話。

徐々に宇宙海賊への敷石を固めていくよ、あとヒロインにはその素質ありそうだよ、の巻。


2話で思ったけども、
このヒロインのお母さんは結構いい大人かもねえ。
まー父ちゃんのこと黙ってたのはアレだけども。

つか、カッコイイ大人がきちんとお手本示して、
さらに娘の自我を認めて、その判断を尊重している、というのは、
なんか素敵だと思った。


ヒロインの茉莉香サン、
2話終盤で勃発した電子戦に対するやや好戦的な姿勢、また
宇宙に出てからの船の故障に関しての的確な判断など、
彼女が適性的にも宇宙で海賊をやっていく素質がありそうだというエピソードが
ポンポンと放りこまれている。
まさに、地固めの2話、3話。
ただちょっと、茉莉香サンが(素質的に)出来過ぎな気が
なきにしもあらずだけども。

彼女に絡んで何やかやとフォローし、サポートする黒髪ロングメガネっ子も、
いい感じ。
3話で、きちんとパフェの料金を払ったこと、また
パフェを再度食べにくるなど、
クールなだけじゃないというフックを最初から入れてきているのは、
人格造形的には好き。
キャラ絵的には、メインヒロインと比べると、
ちょっとバタ臭い絵なんだけども。

彼女のデレが待ち遠しい。


あと、久々に宇宙空間の物語を見たんだよなーというのを、
2話の無重力の描写を見てて、思ったり。
つか、こういうシーン(重力無視のフワフワ感)、やっぱ好きなんだよね、俺。
てか、こうしうシーンこそ、アニメで描くのに向いている、というか。

ただ、女子高生たちがみんな、
ミニスカートのまんまで、無重力状態の宇宙船の中でふらふらしているのは、
どうかと。
絵的に。
しかも、ぱんつ出ないし(←ヲイ!

けどやっぱ、女の子がいっぱいいるのは、悪くない。
でも、部長さんとかメガネヒロインとか、絵柄がどうしてもバタ臭いというか、
妙にクラシカルなんで、
入れ込むとまではいかないんだが。
画面のあちこちに何かと女子たちがいっぱい、という絵面が楽しい、程度で。


それと2話で気づいたんだが、
このOP、歌詞の声消してカラオケだけで聴いたら、
スゴイ名曲かもしんない。
コーラスワークが、すごくいいよ、すごく。


~□~

と、とりあえず、3本分をアップ。


新アニメ視聴いろいろ。『偽物語』『パパの言うことを聞きなさい!』『アクエリオンEVOL』各1話、ときどき2話。

とにかく新アニメの視聴消化が進まない。
既に2話回っているやつもあるんだけども、
出遅れ仕方なしで、1話視聴完了したものから。
感想どころか視聴記録を残していく感じで精いっぱいなんだが、
面白そうなものをピックアップして。


『ガンスリ』最新刊をようやく読破したんだが、
・・・エッタは覚悟していたんだけども、
トリエラとヒルシャーさんが・・・(滝涙 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

というわけで、結構落ち込んでいたり。
あとで口直しに、『イカ娘』最新刊と、『のりりん』『なにかもちがってますか』を
読了予定。

(コミック感想は当面アップできそうにないんで、読んだって話だけで終了)


~□~

■『偽物語』1話。

アララギさんたら、相変わらず女たらしだよな、の巻。

実は『化』は未視聴。
つか、『化』放映の頃って、リアル生活がまじ破綻するほど忙しかったので、
オタ活動そのものから遠のいていた一時だったり。
なので、これが『物語』シリーズバージンだ、いえい。


画像のクオリティの高さは、圧倒的。
あと、話が見えないんだけども、ものすごく面白い。

アニメ的お約束を踏んだ物語展開と、
ジャパニメーションちっくな動画のお約束をいい塩梅に踏み外したアート感覚が、
見ていてものすごく気持ちいい。

あまりの完成度に、Amaポチりそう。

とにかく、物語よりも、映像の楽しさに酔った感じ。

あ、物語も気になるけれどもね。


会話劇としてのつなぎ方は、安定して巧み。
可能であれば、落ち着いたら個別エントリー化の方向で。


~□~

■『パパの言うことを聞きなさい!』1話。

登場人物お披露目だよ、の巻。

個人的には、『ミルキィ』同様、かなりの期待を持って視聴。
結果は、予想通り、1話のヒナちゃんで、萌え死に。
・・・期待通りすぐる。
動くと怖いくらい可愛いよ、幼児。


1話は、登場人物のお披露目と、それぞれの背景の紹介回。
主人公、将来娘になるであろう3人、姉、義兄、そして先輩。
ラノベ原作にしては、登場人物たちが、なんつーかクラシカル。

日本のドラマとかでも古くから度々描かれている、
姉(兄)の娘や息子(含む義理)を育てる主人公シリーズ。
最近では、『うさぎドロップ』もこの傾向か。

近い将来引き取ることになるであろう、姉の娘達のことや
主人公自身の背景を丁寧に描いた1話は、
基本的には状況説明に終始していたんだけども、
織田先輩や友人など、ひと癖ふたくせあるキャラの描写も含めて、
いい感じ。
入学後から夏休みまで、時間が経過していることを描写に入れてきたのも、
上手かった。

一応、メインを張るヒロインは、
恐らく3人娘の一番上の子なんだろうが(ハルヒりぼんっ子)、
血のつながりがない(義兄の連れ子)とはいえ、
姪っ子だから、
法的には婚姻はアウトだよな、この関係、確か。


お話的には年上の女(織田先輩)と、この血のつながらない姪っ子との
三角関係チックな展開に繋がりそうなんだが、
むしろ疑似親子というか、この3人と主人公が、
家族関係をどう取り結ぶかという方の描写を
丁寧にしてほしいなあ、と思ったり。

たぶん、姉夫婦の事故死辺りが2話か3話で展開がやってくるんだろうが
(でないと、主人公が「パパ」化できないんで)
1話での幸せそうな5人家族を見てしまうと、
その不幸、悲しみを想定して、胸がかなり痛い。

とにかく面白かったんで続けて2話を見ようと思ったんだけども、
そこんとこがちょっと怖くて、視聴は先延ばししてしまった。


あ、ヒナちゃん可愛さマックスなんだけども、
その実母たるおねーちゃんも別嬪さんで、とってもナイス。
うう、死なれたくないなあ、おねーちゃん・・・(人妻だけど)


~□~

■『アクエリオンEVOL』1、2話スペシャル

リア充が映画館でナンパに成功したら、敵がやってきて能力覚醒、の巻。

・・・今期のネタ枠、でヨロシイか、これ。

いやー美麗なビジュアル、キアイの入ったバトルシーンなんだけども、
お話そのものはえらく陳腐。

つか、『ギルティクラウン』枠のような、
主役(←例によって妙に自己評価の低い)のリア充っぷりに、ワロタ。

都合の良い能力覚醒と、
いきなりの運命の人との好感度マックスのデート。
なんか、中坊の夢見るライトSF的展開をまんまなぞってて、
声優陣に小林沙苗さんがいなかったら、視聴はスルーしていたかもしれない。

あーでも小林さんのキャラは出番少なそうだけど。。。
いい演技をする人なので、もっと出番の多い役に付けて欲しいのになあ。

作品のつくりそのものは、リアル&生真面目なんだけども、
「やわらか~い!」とかって、あれ、
狙ってるよな。。。やっぱネタ枠じゃね?


視聴継続は微妙だが、もうちょっと我慢する、かも。


~□~

できれば『偽』と、それと『パパの言うことを聞きなさい!』は
別枠、個別エントリー化したいなー。

1月いっぱいは、視聴の周回遅れを取り戻せないかもしれないんで、
とりあえずなんだけど、今日は短評形式で。

プロフィール

トネリコ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ