超電磁砲の16話はスキルアウト編の解決編でしたが、固法先輩の掘り下げに見せかけて、オリキャラである黒妻が目立ち過ぎだったのではないかと。
それに今回もまた美琴の世間知らずな面が出てしまっていますね…

今回、固法先輩が過去の黒妻達と過ごした日々に囚われてジャッジメントを休んだ事を理解出来ていない様子でした。
過去と決別するつもりで立場を変えたのだとしても、いざ過去の想い人が再び自分の前に現れたとしたら、そう簡単に割り切るのは難しいでしょう。そしてそれを美琴が理解出来ないのは、結局美琴にはまだそういう経験が無かったからでしょうね。
美琴はレベル5に到達するまでに大きな挫折の経験はおそらく無さそうですし、壁にぶつかったとしても自力で乗り越える事が出来たのでしょう。また、誰かを強く慕うという想いもこれまでには特に無かったでしょうね。上条さんを強く意識するようになるのはまだ大分先の事になりますから。だからまだ中学生で、挫折の経験や想い人の無い美琴がそのような子供っぽい考えでいるのも無理はないと思います。
佐天にはレベルアッパーの件での経験があるし、黒子も美琴を慕っていて、美琴との間に積み重ねてきたものがあるから固法先輩の気持ちを理解出来るのでしょう。こうなると美琴は黒子や佐天より年上であるのに分かってないという事で、立場的にも少々キツイような…

この作品は美琴が主人公であるにも関わらず、未だに美琴自身に関する内面の描写がほとんど見られないんですよね。しかも今まではレベルアッパー編にしても今回のスキルアウトの話にしても、能力を持たない側を描いた話なので、能力を持たない者達の中で美琴が浮いた状態になってしまっています。そのせいで美琴の印象もあまり良くない面ばかり目に付いてしまう訳で…
折角レベル5の美琴が主人公なのに、その能力を存分に発揮出来る機会がAIMバーストの時位しか無いのでは美琴を主人公とした意味が無いのではないかと思ってしまいます。
今後は美琴自身の掘り下げや、美琴達能力を持つ側の立場を描く話も期待したいですね。


さて今回の話では、黒妻との過去について思い悩んでいた固法先輩が改めて自分の居場所を確立させる、という様子が描かれていました。
過去の象徴である革ジャンと、今の居場所を示す腕章を組み合わせる事で、過去の思い出と今の立場の両方があってこそ今の自分がいるのだという事を表していたのが良かったです。
しかし、その後のアクションシーンでは黒妻ばかりが目立っていて、固法先輩の活躍があまり見られなかったのが残念でした。透視能力を発揮する機会はありましたが、どうせなら蛇谷が体に巻きつけたダイナマイトを透視する位はやって欲しかったですね。
それに、今回は美琴と黒子は部外者として傍観する立場だったのは仕方ないとしても、おそらく今回限りの登場であろう黒妻と蛇谷の1対1の対決が、『超電磁砲』のストーリー上において意味があるのかどうか疑問に感じますね…
まあ、蛇谷の着メロが"蛍の光"だったのには吹いたけどw
あと固法先輩の胸はやはり牛乳の効果なのか…


今後の展開としては、蛇谷にキャパシティダウンを与えたバックの動向が関わってくるでしょうね。美琴がキャパシティダウンを破壊した事で目を付けられるのではないかと。
そもそもレベル5というだけでも、目を付けられるには充分な理由である気がするのですが。

次回はまたコメディ回になりますかね?
最近初春の出番があまり無いから目立たせてあげて欲しいですね…


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ