ソラノヲト第9話は台風からの救出劇でしたが、実質的にクラウス少佐メインの話であると言えますかね。しかし彼は本物の英雄クラウスではなく、同名の別人だった訳ですが。

彼は実は一介の通信兵でしかなく、崖を登る時にクレハを先に行かせたのも自分が残るというよりは単にビビッていただけのようでした。しかし、勘違いとはいえ自分に信頼を寄せてくれるクレハの為に奮起する姿は格好良かったですね。例え本当の英雄では無かったとしても、クレハにとってはこの時確かに英雄になったのですから。名誉の負傷も誇らしげに見えました。

一方そのクレハは、セイヤを救出した際に語りかける様子から、彼女も孤児として辛い経験をしてきたのだろうと想像出来ますね。孤児は普通の人よりもしっかりしないといけないとの事でしたが、セイヤにかつての自分の姿を重ね合わせていたのでしょうか。


前回の電話と今回の通信から、リオには"公女"として難航する停戦協定の為に重要な役割を担う事を期待されているようです。実際の身分はともかくこれまでのリオは辺境の小隊の一兵士に過ぎない立場だった訳で、そんなリオに国の平和という途方も無く大きな責務を背負う覚悟を決められるのでしょうか? "英雄クラウス"を見事に演じ切ったクラウスを見て、リオは何を思ったのか…

そして今回タケミカヅチが初の実戦投入。と言っても今回は災害救助の為の出動でしたが、何にしてもここに旧時代の戦車が再び稼動したという事は、本格的に戦いの場に駆り出される可能性も高まってきたように感じられますが… どうなるでしょう?


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ