超電磁砲の第22話はポルターガイストの発生する原因が明らかになり、それはチャイルドエラーの子供達を使った人体実験によるものでした。そしてその実験は超能力者をも超える"レベル6"を生み出す為のものだったと…


初春の能力が今回判明した訳ですが、原作で明らかにされていない事をアニメで初めて明かすのはどうなのかと疑問に感じたりもするのですが、まあでも初春の場合はこのアニメオリジナル展開の中でないと明かす機会も無くて仕方ないのかなという気もします。
その能力は"物の温度を一定に保つ"。今回のたい焼きのように温かい物を冷まさずに済むというのは結構便利かも。そして初春の情報処理スキルは能力に頼るものではなく初春自身の実力という事になりますね。中学1年であの実力とは相当凄いと思いますよ。

しかしその能力について「御坂さん達にも教えてない」と言っていましたが、それは佐天にも教えていないのでしょうか? 流石に親友である佐天には教えていても良いのではないかと思いますが…
春上に能力の事を教えたのは先に教えてもらった事へのお返しだそうですが、これだと佐天の場合はレベル0なので教えられる能力が無いですからねぇ。
あとつぶ餡以外邪道というのはどうかと。


暴走能力者から抽出した"能力体結晶"の投与実験により、チャイルドエラーの子供達は眠りながら暴走能力者にされ、目を覚まそうとするとポルターガイストが起こるのだそうで… 実験の為に目を覚まさせないように保険をかけたという事でしょうか。何とも汚い事をやりますねぇ。

レベル6を生み出そうと企むのは木原だけでなく学園都市上層部には大勢いると考えられます。テレスティーナもそういった上層部の者達の意向を受けて動いている可能性は高いでしょう。
美琴達の前にタイミング良く現れるのも、全ては子供達を再び確保して実験を再開する為であるように感じられますね。
そうなると、美琴は木山を抑える事で、片棒を担がされてしまった事になりますが…

木山の釈放にはカエル顔の冥土返しが関わっていたようですが、彼はレベル6の実験には関わってはいないでしょう。医者として子供達を救う側の人間でしょうからね。

木山は能力体結晶のワクチンソフトが入手出来なければポルターガイストの発生を承知の上で子供達を起こすと言っていましたが、犠牲を省みないやり方はまずいでしょう。子供達を助けたいという願いは報われて欲しいとは思いますが…
ここはやはり美琴の活躍で上層部の企みを阻止してもらい、子供達も無事に目覚められるようになって欲しいものですね。


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ