迷い猫第4話… すみませんが私には許容範囲を超えていましたorz
取りあえず、原作にはこんな滅茶苦茶な話はありません、とだけ言っておきたいです。

今回は他のブロガーの方々の反応がかなり気になったので、先にTB送信等でいつもお世話になっている主なブログの記事を一通り読ませて頂きました。
すると肯定的な意見の方も結構多いんですね… ギャグを楽しめたという方も多いようですが、映像や音響面で絶賛されていた方もいらっしゃいました。私には今回の卓球のラリーを単調に延々とやっていたシーンの意味が理解出来なかったのですが、その場面でも人によっては良かったと言う方もいるようで…

結局今回は、"アニメのどの部分を特に重視して見ているのか"によって評価が大きく分かれる話だったのではないでしょうか。
映像の技法や音響面に注目してみるとかなり良い出来だったように見えるかも知れないし、突き抜けたギャグを楽しんだり、かなり過剰気味だったお色気成分をサービス回だと喜ぶ方もいらっしゃるでしょう。
一方で、話の内容やストーリーの方向性を重視していたり、原作既読で原作の雰囲気を大事にして欲しいという見方からすると今回はとてもまともに見られたものではないなと感じてしまうんですね。
私は原作既読なので、今回は原作の雰囲気からあまりにかけ離れてやりたい放題やり過ぎだろうと思ってしまいます。幾らアニメと原作は別だとは言っても限度があるだろうと…

まあポジティブに考えるなら、作品としての大きなインパクトを残したという意味ではある意味良かったのかなと思います。それが高評価に繋がるかどうかは別ですけれども。


こんな回でも一応抑えておくべき所は抑えておきます。
まずは大富豪の令嬢である、竹馬園夏帆が初登場。同じお嬢様の千世とは違ってお淑やかで言葉遣いも丁寧なキャラですね。初回から裸を惜し気もなく披露してしまいましたが決しておっとり系の天然キャラという訳では無く、むしろ最後に大勢のSPを引き連れていた時の表情こそが彼女の本性と言って良いでしょう。今後どのように絡んでくるのか注目ですね。

ギャグ面では大吾郎のキャラは立ったのではないかと。ラブコメ作品における脇役の男はキャラ立ち出来るかどうかが重要ですからね。後はシリアス展開になった時に格好良い役が貰えるかどうかにかかっているでしょう。まさかのBL的展開に巻き込まれた家康にとっては災難ですけれどもw 一方巧は夏帆とのラッキースケベ的展開に遭遇しているという訳で、これが主人公と脇役の扱いの差ですかねw

文乃は胸揉まれたり千世と卓球で張り合っていた位で、これと言って特に目立っていた訳ではありませんでしたね… 希はあまり積極的に胸を揉んだりするようなキャラでは無い気がしますが。もう少しクールっぽいような…


この作品は回ごとに監督が違うと言う事で、その違いがやっぱり大きく出てしまったなという印象でした。前回が良い話で終わったのに、落差が激し過ぎますよね…

今後は千世が作ろうとしているサークル活動が中心になって話が進むと考えられますが、どのような話になるのかは見てみないと分からないですね。原作準拠でやるのかオリジナルなのか、監督によってどう変わるのか?


今回妄想詩人の手記』のおパゲーヌスさんの記事で私の意見と当ブログが紹介されていましたので、こちらからもリンクをお返しします。おパゲさんは今回大絶賛されておりましたね…


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ