Angel Beats第5話は、天使の名誉を失墜させるという作戦を実行するという話でしたが、天使が凄く不憫でした…
一方で、SSSの男達の体を張った作戦遂行には大いに楽しませてもらいましたけどw


今回、天使も音無達と変わらない普通の存在だとはっきりしました。タチバナ(立花? 橘?) カナデ(おそらく奏)という本名もちゃんとありました。そして、どうやら生徒会長としてSSSの行為を野放しにしておけなかったというだけだったようですね。
天使が普通の存在だとするならば、"模範的な生活態度だと消える"という説はかなり疑わしくなってきますね。その理屈が正しいならば、最も模範的であろう天使が真っ先に消える事になってしまいますし。

今回の作戦で全教科の答案がふざけた内容になった事により、天使は会長を辞任させられ、副会長の直井が会長代理に就任。その直井は早速昼食中のSSSメンバー達を包囲。
直井の素早い行動と比べると、天使は決して自分から直接的な制裁を行わなかったという事実がはっきり目立ちますね。天使はSSSに対してはあくまで穏健派であり、彼女の失脚によって強硬派である直井が実権を握ったという所でしょうか。

それにしても、やっぱり今回の天使は不憫… 見に覚えの無いふざけた答案で試験は0点の上に会長を辞めさせられ、慰めに食べたかった好物の麻婆豆腐すら食べられず。それにおそらく他に仲間もいないたった独り…
今なら仲間になれるんじゃないかな」というつぶやきは拒否されましたが、せめて音無には彼女を気にかけてあげて欲しいと思いましたね。

音無が誤魔化した時の天使の反応が良かったですね。
日向君は2人いるの?」「3人以上いるかも知れない」割と素直な反応を見せたので、実は結構天然なのかも?w あるいは天使流のジョークだったのでしょうか?


SSSの男達はいつも苦労させられますねw 天井に向けてジェット噴射、わざわざ毎回スロー再生+ED曲入れるのにかなり笑わせてもらいましたw 日向や高松の物理ダメージはいつもの事で慣れてるだろうけど、大山の精神的ダメージの方が辛いと思うw 竹山はどうしてもクライストとは呼ばれない…
高松は実は脱いだら凄かった訳だけど、何故いつまでも脱いだままなのかw ずっと裸で試験を受け続けたのか… そしてEDでも脱いでるし、何か光ってるww

音無は記憶が無くても物理のテストはすらすらと解けたというのは、音無の過去に関する伏線になりそうですね。
あとユイはガルデモの新ヴォーカルとして普通に受け入れられたのでしょうか? 少なくとも一般生徒は岩沢の時と同じように熱狂していたようですね。


今回のゆりは天使が人間かも知れないと予想した上で精神的に追い込んだ訳で、かなり酷い悪役に見えますね… 作戦の実行も他のメンバーに任せて自分は制裁を科すだけだし。
しかしゆりが悪役にみえるのも、ゆりやSSSが天使とどんな因縁があったのかがはっきりしていないからなんですよね。そもそも何故SSSは天使を敵として認識していたのか、それまでの経緯がまだ見えてこないので何とも言えませんね…
雑誌連載されていた前日譚が6月に発売されるそうなので、それを待つべきでしょうかね。


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ