無常の流れ

ゲーム・漫画関連のネタや時事ネタ等がメインとなります。 現在のメインは ・うみねこのなく頃に ・とある科学の超電磁砲 ・バカとテストと召喚獣 を中心に取り扱います。 こちらのSS・雑記の部屋も宜しくお願いします。リンクフリーです。 是非コメントお願いします!m(_ _)m

アニメ最終回・総評

3月終了アニメ評価まとめ

もう4月も終わりになりますが、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんの恒例企画『今期終了アニメの評価をしてみないかい?8』に私も参加させて頂きます。
ピッコロさんの企画に参加するのは、けいおん1期の時以来3期ぶりになりますね… 昨年9月分は化物語がまだ終わらず、12月分はうみねこの評価をつける気になれず棄権しましたので。

私からは超電磁砲バカテスソラノヲトの3作品について評価を付けさせて頂きます。
以下にそれぞれの作品のの総評記事へのリンクを貼っておきますので、こちらもご覧下さい。
とある科学の超電磁砲 最終話 『Dear My Friends』
バカとテストと召喚獣 最終話 『バカとテストと召喚獣』 その1
バカとテストと召喚獣 最終話 その2・総評
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 総評


○とある科学の超電磁砲
ストーリー          3
キャラクター性     4
画                   5
演出                3
音楽                4
総合的な評価     4
計                  23
レベル5の超能力者である美琴が主人公なのに、美琴がその能力を存分に発揮する機会が少なく、美琴自身の掘り下げも充分とは言えなかったのが残念ですね。無能力者に対する無神経とも受け取られかねない発言に対するフォローも弱かったし…
キャラの魅力は良く出せていたと思います。佐天は良い活躍をしてくれたし、黒子の変態行為には何度も楽しませてもらいましたw 但しキャラ同士の関係は、美琴と黒子、佐天と初春の結びつきと比べて、美琴と佐天・初春の関わりの描写がやや薄かった気がします。
映像面は素晴らしかったし、決戦の場面でOP曲が流れてきたのも良かったですね。


バカとテストと召喚獣
ストーリー          4
キャラクター性     4
画                   4
演出                4
音楽                3
総合的な評価     4
計                  23
試験召喚戦争というこの作品独自のシステムの表現が今一つ伝わりにくかったのが惜しい所ですが、登場人物達が全力でバカをやるというコメディ部分は充分楽しめたと思います。美波のお弁当の話や雄二と翔子の遊園地の話等、単体での良いエピソードもありました。
しかし不満を感じるのはヒロインの一人であるはずの美波が終盤ほとんど目立たなかった事と、優子がKYキャラにされた事ですね… 秀吉も性別ネタ以外の活躍が物足りなかったし。しかし明久は主人公らしく熱い活躍を見せてくれたし、雄二は試召戦争で立てた数々の作戦や駆け引きが素晴らしかったです。姫路さんは良いヒロインだったけど、もう少しはっちゃけてくれても良かったかも。後は続編に期待したいですね。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ストーリー          2
キャラクター性     2
画                   4
演出                3
音楽                4
総合的な評価     3
計                  18
軍隊という舞台でありながら、あくまでもメインは日常の話だったと言う事で、大戦争後の滅び行く世界で懸命に生きる人々を描いたという事だと思いますが、ならば何故軍隊という舞台にしたのかというと、敢えて軍隊で戦いの無い日常を描きたかったという以外の理由が見出せないのですよね… 世界観の設定もただ設定としてあるだけでそれらを生かしきれなかった感じでした。
キャラの魅力も他の作品と比べるとやや弱いかと。個人的には一番良かったキャラは誰かと言われたら、メインの小隊メンバーではなくサブキャラのクラウス少佐を挙げたい位なんですが。
"音"にこだわる作品だけあって、トランペットや様々な音の使い方は良かったと思います。


○ベストキャラクター賞:坂本雄二 (バカテス)
敢えて主人公以外の男キャラである雄二を選びました。主要な女の子キャラはどれも決め手に欠けるので、ならば試召戦争でもう一人の主人公と言っても良い位の活躍を見せてくれた雄二でいいかなと。

○ベストOP賞:LEVEL5 -judgelight- (超電磁砲)
○ベストED賞:棄権
超電磁砲のOPは曲も良かったですけど映像の動きも素晴らしかったですね。
EDはすみませんが該当無しという事で…

○ベスト声優賞・男性:下野 紘さん (吉井明久:バカテス)
○ベスト声優賞・女性:新井里美さん (白井黒子:超電磁砲)
下野さんは明久の良い意味でのバカっぷり、新井さんは黒子の変態行為を見事に熱演されておりました。他にもテレスティーナ役の大原さやかさんの外道な悪役っぷり、秀吉・優子役の加藤英美里さんの2役の演じ分けも良かったです。


全体的に評価はやや厳しい感じになったでしょうか。しかし超電磁砲はもっと美琴の主人公らしい活躍さえあれば、バカテスは美波の見せ場さえあれば、それだけで評価というか個人的な満足度は大分上がっていたかなという気もします。まあ好みのキャラが活躍するかどうかと言う点は作品自体の印象にも大きく左右してしまうのではないでしょうか?


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

バカとテストと召喚獣 最終話 その2・総評

この記事は主にバカテスの総評になります。
最終回に関してはその1の記事の方に大体まとめてありますので、そちらも是非ご覧下さい。
とは言っても、その1の方で書きたい事は大体書いてしまったかなという気もします…

この作品は召喚獣や試召戦争といった独自の要素もありながら基本的には全力でバカをやるコメディがメインとなると思われていましたが、終わってみれば意外にも重要なテーマが込められた作品となっていましたね。


取りあえず試召戦争の意義について書いておきます。
これは最終話での学園長の言葉にもありましたが、学校生活においては単に個人の学力を争うだけではなく、仲間と共に目標に向けて手を取り合い、協力し合う事、自分の為だけでなく仲間の為に努力する事、そして何より仲間と一緒に過ごす時間そのものの大切さを学ぶべきだと。そのような意図で、この試召戦争というシステムを導入したのでしょう。
だから、明久に特例を認めたのもそれが姫路さんの為にとった行動だったからであり、姫路さんが答案の名前を消すという形をとってFクラスに残る事を認めたのも、Fクラスの仲間と一緒に過ごす事を選んだという意思を尊重したからなんですね。もっとも、明久はその姫路さんの気持ちに気付かないからバカだと言われてしまうのですがw

その試召戦争がこの作品の大きな特徴の一つだった訳ですが、やはり演出の物足りなさとルールの分かり難さであまり良い印象を得られなかったのが残念な所です。しかし上に挙げたような意義を理解して改めて見てみたら、この試召戦争の印象も変わって見えるかも知れませんね。
少なくとも、この試召戦争はバカテスという作品を構成する重要な要素であり、欠かす事の出来ないものだと言えるでしょう。


キャラについては、サブキャラも含めて大体それぞれの持ち味を出せていたのではないかと思います。明久は終盤では流石に主人公らしい活躍を見せてくれましたし、雄二も試召戦争で立てた作戦の数々や翔子とのラブコメ等はもう一人の主人公と言ってもいい位の活躍ぶりでした。秀吉に関しては、性別ネタ意外にも見せ場が欲しかった所ですが… ムッツリーニは全然ムッツリじゃないだろうという位堂々とカメラを構えていましたが、出血多量になりながらも彼なりに頑張っていたのではないかとw 久保や根本も中々濃いキャラが立ちましたねw
女子では、姫路さんは単なる癒し系という訳ではなくFクラスの為に頑張ろうという姿勢が良かったし、殺人料理ネタやヤンデレ化も良かったですねw むしろ姫路さんはまだまだこんなものじゃなく、もっとはじけられると思いますねw
翔子は雄二に一途な所は可愛かったし、一方で目潰しやらスタンガンやらで制裁を加えるのは恐ろしかったりw 工藤さんは出番は少なくても実技が得意だというインパクトは残せたのではないかと。どうやらノーブラのようだし…

問題は残りの女子の扱いですね。まず美波は、一応ヒロインのはずだったのに、終盤では姫路さんと比べて目立たなくなる一方で… 明久との関わりも大抵は関節技をかけるばかりで、もっと違う形で絡む事は出来なかったものでしょうか? 4話のお弁当の回は美波らしさが出ていたかなり好印象の話だったのに、結局それっきりでした。試召戦争が姫路さんの為にという理由で行われたせいで割を食ってしまったのでしょうかね…
優子は妙にFクラスを敵視するキツイ性格になっていた上に、12話の最後にやらかしてしまって散々空気が読めない呼ばわりされる羽目に… 最終話になってもまだ空気読めないと言われているのには流石にもう許してやって欲しいと思いましたよ。あと美春はお姉様を襲うばかりだったのが良くなかったかと。でも美春は他に目立てるような場面はあまりかなぁ…


それでも全体的に見ると、コメディ部分も充分楽しめたし、時には真面目に良い話もあったりして、中々の良作だったのではないかと思います。物足りなかった部分は2期に期待したいですね。
そして2期では原作準拠の話を中心にして欲しいと思います。やはり原作の話をアニメでどう描かれるのか見てみたいですよ。3巻や4巻では美波の見せ場も多いですし…
公式サイトに続編決定とありましたが、流石にエイプリルフールのネタでは無いですよね? 期待させておいて落とすような事は公式ではやらないと思いたいですね。


以上でバカテスの記事は一区切りとしたいと思います。ここまで読んで頂きありがとうございました。


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

バカとテストと召喚獣 最終話 『バカとテストと召喚獣』 その1

バカテスもいよいよ最終話。日常を描いた話で終わるかと思ったら、意外にも前回の試召戦争の後日談となりました。

それにしても、美波はヒロインでは無かったのだろうか
最終話は秀吉も大して目立っていませんでしたが。

続きを読む

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 総評

ソラノヲトの最終回から1週間経ちましたが、一応この作品の総評をまとめておきます。

この作品の記事は結局1度も火曜日の内には書けず、最終話の記事を手抜きで済ませ、日曜には書くと言っていたこの総評も遅くなってしまった、といった所からも察して頂きたいと思うのですが、率直に言うと、やはり微妙に物足りなさが残る、どうも今一すっきりしないという印象でした。
先にこの作品を高く評価しているブログの記事も幾つか読ませていただきましたが、主張されている意見も分からなくは無いのですが、それでも個人的には微妙な印象を拭い去るまでにはならなかったですね…


この作品がメインに描いたのはあくまでも10話までの"戦後の日常"であり、最後の2話は戦争という"非日常"に放り込まれる危機を描いたという事になるのでしょうかね。
それはトランペットを演奏出来るようになりたい、という理由で軍に入隊したカナタを主人公に据えた事にも表れているのでしょう。
ほかの小隊のメンバーは、クレハは孤児であり、ノエルは"見えない死神"の開発に関わっていた。フィリシアにはかつての仲間が全滅したという壮絶な過去があり、リオは公女という立場から逃げていた。そんな中でカナタだけが家族も健在である等、戦争に絡んで負っているものは特に無く、ある意味平和な日常の象徴とも言える存在でしょうか。だから日常を描く主人公には相応しかったのかも知れません。
しかし、だからこそカナタには、戦争と平和な日常に関して、自分が軍にいる事、小隊の仲間や街の人々との触れ合い等を通して得た彼女なりの信念を示す場面が欲しかったと思います。
トランペットが奏でる音は自国のみならず敵国の兵士達にも響く、それがカナタなりの信念だったのでしょうが、戦争に関して背負うものが無いカナタにはそこに至るまでの背景が弱かった為に、どうも説得力というか深みがあまり感じられなかったのですよね… その点は惜しかったです。


世界観の設定に関しては、まず世界を崩壊させたかつての大戦争や、"羽の生えた悪魔"の化石については詳しく触れられませんでした。4話の頃、「終盤ではこの化石のような巨大な鳥が街を襲い、修復したタケミカヅチで撃退するのでは?」と展開予想しましたが、見事に外れましたね…
旧時代の大戦争ならまだしも、フィリシアやノエルも直接関わったヘルベチアとローマの戦争についても、リオも関わったであろう停戦協定の締結の経緯も深くは語られませんでした。そもそも何故両国の間で戦争が行われたのかという点は、戦後を描くというテーマの上でも触れておくべきだったのではないかと思います。リオによるとローマの王は話が分かる人物との事ですが、ならば尚更、何故戦争になってしまったのかが見えてこないですね。

ストーリーの構成については、今でこそ日常がメインだったと言えるのでしょうが、7話のフィリシアの壮絶な過去の話の後で、お漏らしをやるというのは流石にどうかと… この世界観で主人公の女の子にお漏らしさせるという事自体やや引き気味だったのですが、いよいよシリアス展開に突入かと思わせておいてこれでは思いっきり肩透かしを食らった気分でしたね…

そして、結局"軍隊に所属している意義"も、軍隊ものの固定概念を打ち破ろうという意図があったのかも知れませんが、結局"あえて軍隊でやる"という以上でも以下でも無かったようにしか思えませんでした。
10話の記事でも書きましたが、ならばやはり軍隊でなくても、私設武装組織でも良かったのではないかと思うんですよね。フィリシアが上官に向けて発砲したり拘束するといった軍人として不可解な行動もあり、特に軍隊である必要はあったのかと疑問に感じます。
まさか"軍服萌え"というだけでは無いと思いますが。


各話個別に見ると、9話のクレハやクラウスの活躍、10話のマダムの話やリオの決意に関しては、単独のエピソードとしては良かったと思います。しかしストーリー全体的には、一貫した大きな軸となるテーマとして戦後の日常を生きる人々を描きたかったというのは、ちょっと伝わり難かったのではないかと感じました。
一回見ただけでは分かり難い部分も多いかと思いますが、個人的にはそう何度も見返したくなるまででは無かったですかね…

やはり何だかんだで長くなってしまいました。
ここまでソラノヲトの記事にお付き合い頂き、ありがとうございました。


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

とある科学の超電磁砲 最終話 『Dear My Friends』

超電磁砲は遂に最終回を迎えました。美琴達それぞれに見せ場があり、木山先生の教え子達も目を覚まして無事にハッピーエンドを迎え、一つのエピソードの締めくくりとしては良かったのではないかと思います。
しかし、この『超電磁砲』という作品全体を通して見ると、私としてはこの作品に対する不満点がとうとう解消されないまま終わってしまったなと、残念に思っておりまして…
超電磁砲に関する記事は今回で最後となるので、この際感じていた事を色々と自由に述べさせて頂こうかと思います。


最終回の内容は、婚后さんの能力が明らかになって黒子とのタッグが実現し、佐天がバットでキャパシティダウンを破壊して美琴が決着を付け、木山の教え子達も無事目を覚ますという展開で、良い形で大団円を迎えたけれども事前に大体予想出来た内容でした。
ここから更に予想を良い意味で裏切ってくれる事を期待していましたけれども… 美琴の見せ場も、AIMバーストの時のような派手な活躍と比べたら若干見劣りするかと。
但し最後に教え子達が木山先生の誕生日にメッセージを贈るのは良かったです。そしてそれは美琴のアイディアだそうで、これは佐天の言う通り、美琴らしいロマンチックな案でした。


ここからは作品全体を通しての総評に移らせて頂きます。
まずこの作品は美琴を主人公として描くはずだったにもかかわらず、佐天達他のメインキャラにも相応の見せ場を作ろうとして、更にサブキャラにも主役となる回を入れた事によって、結局肝心の美琴自身の活躍や掘り下げが不充分なまま終わってしまったというのが一番の不満点ですね…
美琴にはレベル5の超能力者として、その能力を存分に発揮した活躍を期待していた人も多かったのではないかと思います。しかし蓋を開けてみると、レベルアッパー編やスキルアウト編では無能力者の立場を中心の物語となった事で美琴は"能力を持たざる者"の対極にある者として描写され、時にはその発言が無神経だと受け止められてしまう事に… そしてその"無神経な発言"に対するフォローも結局最後まで満足に行われたとは言いがたいですね。

私の記事ではレベルアッパー編の頃に、無能力者側からだけでなく能力を持つ側からの視点、高位能力者ならではの問題点や苦悩を描いた話もして欲しいと書いた事がありました。能力を持たない側からの視点だけでは能力者というイレギュラーな存在の実像が見え難く、美琴達の気持ちも理解し辛いのではないかと思ったのですが、それも結局ありませんでしたね…

そして、ポルターガイスト編では独断専行で問題解決しようとして失敗し、一人で動かずに友達を頼って欲しいと佐天にたしなめられる羽目に。
23話の佐天は確かに格好良かったし、決してそれを否定するつもりはありませんが、一方で佐天に諭される美琴に情けなさを感じてしまうのですよね。
黒子達の頼れるお姉様として皆を引っ張っていくという姿こそ、期待していた美琴の姿だったのですが…
結局の所、学園都市第3位の超能力者としての姿を描き切れなかった訳で。美琴ではなく佐天が主人公だと言われたりする時点で、美琴の物語としては失敗なのではないかと…


もう一つは、禁書目録本編との兼ね合いについて。
このポルターガイスト編では一人ではなく仲間を頼り、仲間が一致団結して敵に立ち向かう事になりました。しかし、禁書本編での時間軸で考えると、この直後に"妹達"の問題があり、ここで美琴は一人で死のうとまで考えるんですよね… 超電磁砲の漫画版ではポルターガイスト編のすぐ後が妹達編でしたし。
妹達の問題はテレスティーナの件よりも更に深い学園都市の暗部であり、かつ美琴自身に関わる問題であって他の一般人が関われるようなものでは無かったという事情はあります。しかし、これではせっかくの佐天の友達を頼って欲しいという訴えも、すぐに反故にされた形になりますよね… ポルターガイスト編が妹達編の後の出来事であればまだ良かったのですが、最終回で日付が8月9日と、明確に妹達編の直前だと示されてしまいました。この部分でも、もう少し配慮が欲しかったですね。

また、今後禁書2期をやるとしても、あるいは超電磁砲に2期があるとしても、佐天の出番はどうなるのかという問題もありますね。
このアニメで佐天を美琴にも劣らぬメインキャラとして活躍させた為、今後の2期でも佐天の登場を望む声が大きくなりそうですが、禁書本編には佐天は全く登場しませんし、超電磁砲漫画版でも今後の佐天の出番はあまりなさそうです。そうなると、禁書ならば初春が登場する場面で一緒に佐天も出す事が出来るかも知れませんが、超電磁砲の2期で佐天の出番もそれなりにつくるとなると、結局その為にオリジナル展開にせざるを得ないかも知れません
個人的には、わざわざオリジナル展開で超電磁砲2期をやるなら、禁書本編を3期までやって欲しいと思うのですが… 既に原作は20巻を迎え、ますます盛り上がってきているのに3期でも足りない位ですからねぇ…
勿論、佐天の活躍がこれでアニメで見納めというのは惜しいなと思ってはいますけれども、その代わりに佐天の出番は漫画版の方で出てくる事を期待したいですね。


さてまだ書き足りない事が結構あるような気がしますが、既に大分時間かけて長々と書いておりますので取りあえずこの辺りで一旦締めさせて頂きます。
異論・反論がある場合は是非コメントお願い致します。もしかしたら改めて別記事を書いた方がいいかも知れませんが、多分そんな余裕は無さそうなので、コメントを頂ければレスを返す形にしたいと思います。
改めて、『超電磁砲』の記事に今までお付き合い頂き、ありがとうございました。


良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor × FLO:Q
livedoor プロフィール

落武者A

職業:ソフトウェア開発関連
最近はほとんどアニメ感想記事しか書けていませんね… もっと色々なネタを書ければいいのですが。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ