無常の流れ

ゲーム・漫画関連のネタや時事ネタ等がメインとなります。 現在のメインは ・うみねこのなく頃に ・とある科学の超電磁砲 ・バカとテストと召喚獣 を中心に取り扱います。 こちらのSS・雑記の部屋も宜しくお願いします。リンクフリーです。 是非コメントお願いします!m(_ _)m

伝勇伝

伝説の勇者の伝説 4話 『ライナ・レポート』

伝勇伝第4話は、ライナが獄中で平和な世界をつくる為のレポートをまとめ、その方法として伝説の勇者の遺物を手に入れる旅に出るまでの話となりました。


↓続きは新ブログへお願いします。

http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-319.html

『伝説の勇者の伝説』第3話より、戦争について少し考えた事

伝勇伝の第3話についてですが、今回の記事は伝勇伝を視聴していない方にも読んでみて欲しいという内容になりました。そして今回の内容に対してどんな反応があるか、是非ともコメントを頂きたいですね。
と言ってもそれ程大した内容ではないかも知れませんが、いつものように『伝勇伝』の感想記事として出したら伝勇伝の視聴者にしか読まれないのは勿体無いなという気がしましたので。
記事の前半の部分には伝勇伝の内容には触れていませんので、未視聴の方でも読んでも大丈夫だと思います。


戦争を止める方法の一つとしては、圧倒的な力を持つ為政者が君臨し、反乱の芽を出さないよう統治する事でしょうかね。
少なくとも日本においては、戦国の世は豊臣秀吉によって統一され、その後徳川幕府によって2世紀半にわたり戦乱の無い平和な時代が続きました
一方、現在の国際情勢においては、世界の警察を称する米軍の存在があってもイラクやらアフガンやらアラブとイスラエルの争いは絶えない訳で。国連もこれらの紛争に対して有効な手を打っていると言えるのか…

こうした中で現在の日本が65年もの間戦火に見舞われる事が無かったのは奇跡に近いのかも知れません。
たとえ日本人1億2千万人全ての人が決して戦争はしないと誓った所で、他国にとっては全く関わりの無い事ですからね。
倫理観も宗教観もまるで違う民族間の争いを全て止める事など、あり得るとはとても思えないのですが… ある宗派の教義を絶対的なものとして盲目的に信仰する者をどうやって止めるのか?

確かに戦争を止めたいという思いは誰もが持つ事でしょうけど、実際に実現させるのは非常に難しいものですよね。
仮に戦争を止めるだけの力を持てるとしても、その力を行使する為の争いは避けられないでしょう。
これまでに多くのアニメやら小説やらの作品で、「戦争を終わらせる為に戦う」という場面が出てきたと思いますが、それでも結局は同じように戦っている、戦争をしている事に変わりは無い訳なんですよね…
多くの国が戦争への抑止力と称しつつ軍備を増強させるのも、同じ事が言えると思います。

まあ結局戦争を止める方法なんて、21世紀の今日に至るまで答えが出せていないという事が全てであるような気がしますね…


そう言えば、今期2期が放送されている『ストライクウィッチーズ』の1期のEDにも
戦い抜くよ 戦いなど無い私達の世界の為に」という歌詞がありました。
まあストパンの場合は人類同士の戦争ではなくて人類以外の侵略者から守る為の戦いですけれども。


↓続きは新ブログへお願いします。
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-315.html

伝説の勇者の伝説 2話 『英雄と寝ぼけ男』

伝勇伝の第2話は、ライナとシオンが出会った当初の話。
1話ではライナとフェリスの掛け合い等に見られたコメディ要素が今回はまるで無く、シリアス一辺倒の重い話になっておりました…


↓続きは新ブログへお願いします。

http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-311.html

伝説の勇者の伝説 1話 『昼寝王国の野望』

7月開始アニメの記事は『伝説の勇者の伝説』から始めます。
取りあえず1話だけ見てみるかというつもりで記事を書く可能性も低かったのですが、1話を見る限りでは意外と結構期待出来そうです。


↓続きは新ブログへお願いします。

http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-307.html
記事検索
Recent Comments
Recent TrackBacks
けいおんオークション (ヤフーオークションの口コミ)
けいおん!! 1話 『高3!』
livedoor × FLO:Q
livedoor プロフィール

落武者A

職業:ソフトウェア開発関連
最近はほとんどアニメ感想記事しか書けていませんね… もっと色々なネタを書ければいいのですが。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ