DSC01160

もっと!もっとヘッドフォンを!

飽くなきヘッドフォンへの渇望が、私にAKG K701を買わせたのだ・・・

以前から目を付けていたのですが、最近とても値が下がっていたこともありサクッと購入。サウンドハウスで3万1500円でした。

白を基調としたデザインは好印象。洗練された感がありますね。
ヘッドホンスタンドが付いてくるのもいい。

K701に関してはネット上にかなりのレビューが寄せられているため、今更私が評することも無いかと思いますが、いちおうちょろっとだけ。
PS3からHDMIでCDをアップサンプリングしてSR6004に接続、同機のヘッドフォン出力で試聴しています。
CDのジャンルはクラシック、JPOP、テクノ、ゲームサントラなど。
やはりというか、高音域の質、量共に他のヘッドフォンを凌駕するものがありますね。ピアノや、ヴァイオリンの弦の音が非常に心地よく聴けます。
中音域、ヴォーカルの声には張りがあって、聴いていて楽しいです。サ行が刺さることもなく、聴き疲れしにくいのもいいですね。
低音域はそれほど出ていなく、おとなしめ。しかし、ドラムの音がぼやけたりせず、締まって聴こえるのでよいです。私は低音重視なジャンルはあまり聴かないので、コレで充分かな。
オープンエアーなので、開放感があり、音もこもらないのでヌケがよいです。周囲の音がまる聞こえ、また盛大に音漏れするのでその点には注意がひつようですが。

音質以外の点としては、着け心地が最高に素晴らしいです。
ヘッドバンド部が食い込んで痛いとか、側圧が少し強くて、長時間付けると痛くなるとか、そのようなレビューが多く心配していましたが、私にとっては杞憂だったようです。イヤパッドはふかふかで、ヘッドバンド部もちょうどよい圧で頭部をホールドしてくれています。勿論個人差があると思いますので、あくまで私にとってはちょうどよい着け心地だった、と言うことで。

結論として、買って良かったと思います。3万ちょっと出す価値は十分にあります。次は上等なヘッドフォンアンプが欲しいところです。