2012年02月

エバーグリーン DN-HP-606

エバーグリーンの真空管搭載ヘッドフォンアンプ、DN-HP-606が上海問屋にて2499円というセール価格で売っていたので買ってみました(2月19日現在価格が4999円になってますが)。
1週間ほど鳴らしっぱなしにしてみたので簡単な雑感など。


DSC04416[1]
外観は至ってシンプルでコンパクト。しっかりとした金属の感触がグッド。
大きさの割に結構ずっしりとした重さで、ケーブルが揺れて本体が動いたり、カタカタ音を立てたりといったこととも無縁。
ボリュームノブもスムーズに回せます。

DSC04417[1]
サイドにある窓から覗ける真空管。ほのかに光ります。
入力はUSBかラインで、出力はなし。背面に電源スイッチと入力切替トグルスイッチがついています。
視聴環境はPC or SA8001等→HP-A7(DACプリ)→DN-HP-606(ライン入力)及び
PC→DN-HP-606(USB入力)
使用したヘッドフォンはT1、RS1i、K701 という具合で。
USB、ラインともに通常使用の音量でのノイズは確認できず。無音状態で音量最大に数と僅かに聴こえる程度。
入力切替時のポップノイズ確認できず。電源オンオフ時はポップノイズありますがそもそも電源オンオフの時はヘッドフォンは抜いておいた方がよいので問題なし。


USB入力時の音は、なんといったらよいか、全体的にスカスカに聴こえます。
高音域は伸びが足りないと感じるし、低音域は厚みがない。ボーカルはノッペリとしています。2499円の値段相応かなーという印象。


ライン入力はUSBとは違ってかなりまとも。

低音はぐっと厚みが感じられ、気持ちがいい。ボーカルも輪郭が出てきて、温かみが増した印象。高音域がちょっとすっきりしていないかな、という感触がありますが、それでもUSB入力時のようなスカスカした感じはなし。
好みによってSCHIITのASGARDや、HP-A7のHPA部とも使い分けられるなーと思いました。


ライン入力で使うのを前提として、安くて手頃、かつある程度良い音が聴きたい!という人にはとてもオススメ出来る製品です。
今現在値段が上がってしまって、セール時の値段を知っていると手を出しにくいかと思いますが(それでも元値よりは安いけども)、また値下げしたら1つは確保してみてもよいのではないでしょうか

NEWラブプラス

DSC04418[1]

…イエス


rinko

イエス!!!!!

livedoor プロフィール
Flyable Heart
『Flyable Heart 応援中!』
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ