ミュージック

ハイエンドショートーキョー2009の懸賞

DSC00825

 

 

 

 

ハイエンドショートーキョー2009に行ったとき、YSTのブースにて応募した懸賞に当たって商品であるCDが届く。当選は発送をもってかえさせていただきます、って本当だったんだなあ。

ジャズはあまり聴かないのだけど、これを機に手を出してみようかしら

 

☆コメント返信

>自分はみみけっと行きたい
>マイピクさんとか同人グッズ目当てでw
>いろんな人に見てもらえることを祈ってます
>がんばれー(・∀・)

ありがとーおかげで多くの人に手に取っていただけたよ!
頼まれた品はどうしようかしら・・・?

雑感

オーディオシステムを一新してから、音楽を聴くのが一段と楽しくなってきた今日この頃。

SACDを聴く環境が整ったので、最近はSACDを買いあさってます。

DSC00788

 

 

 

 

最近買った中でお気に入りのSACD

上段右はマーラー:交響曲第1番「巨人」
静かな出だしから力強くい終盤の旋律に至る過程はとても爽快でした。

上段左は中古で買った輸入盤のSACD
ムソルグスキー「展覧会の絵」などがパイプオルガンで演奏されていて、重厚かつ荘厳な仕上がり。付属のブックレットがドイツ語だったので頑張って解読してみようか・・・

下段はどちらもエソテリック社から出ているSACD
右はドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」
左はシェーンベルク「浄夜」、ヴェーベルン「パッサカリア」、ベルク「3つの管弦楽曲」
指揮はカラヤン!

どちらも名盤LPをデジタルマスタリングしたもの。
LP盤の方は聴いたことがないけど、どちらも丁寧にマスタリングされていると感じる。弦楽器のピンと張ったような音、管楽器の冴え渡るような高音、果てはホールの残響音までが手に取るように感じられると、SACD買って良かった!と思えます。

「新世界」はもう生産が完了していて、入手はほとんど絶望的かな、と思っていたら行きつけのオーディオ店に置いてあった。これが灯台もと暗しか。

この「新世界」に限らず、生産完了や廃盤になっているSACDは数知れず。市場規模が小さいとはいえ寂しいことです。
SACDがもっと人口に膾炙すればあるいは・・・
と思いながら今日もまたSACDを買いあさるのでした。

KORG DS-10 PLUS

DSC00768

 

 

 

 

 

 

 

AmazonからKORG DS-10 PLUS Limited Editionが届いたよっと。

DSでシンセサイザーしちゃうこのスグレもの、私は全然音感とかないのですがちまちまと覚えてなんか曲を作ってみようかと思ってたり。

適当にいじって音が鳴るだけでも楽しいね!

Limited Editionには、デモ曲としてYMOの名曲RYDEENが収録。

テクノいいよ
いいよテクノ

同梱の大人の科学マガジンもよく読んで、作曲作曲ゥ!

セブンスドラゴンオリジナルサウンドトラック

DSC00752

 

 

 

 

届いたァー!!

プリメインアンプとスピーカー

ちゃんとしたスピーカーでステレオピュアオーディオ環境を構築したいと前々から思っていたので、思い切ってプリメインアンプとスピーカーを購入〜

DSC00730

 

 

 

 

上が新しく購入したプリメインアンプ、TA-FE570

下はAVアンプのTA-DA3200ES

絶対的な性能はもちろんESの方がいいからなんでわざわざ新しく購入したのとか言われそうだけど、ステレオに特化した手頃なプリメインアンプが欲しかっただけなんだ!

ESのほうはサラウンドの方に特化してるからステレオだといまいち性能発揮できないし

DSC00734

 

 

 

 

新しく購入したスピーカーと一緒に配置してみた図

スピーカーはSONYのSS-B1000
というか全部SONYで揃えました。GK乙!

同じメーカーで揃えるとアンプの幅とかがぴったり合ってうえに乗せるときとか収まりいいのよー

このTA-FE570、単純な作りだけあって操作も簡単でとても使いやすい。入力切り替えもつまみ回すだけ。もちろんリモコン付属なのでそっち使っても良し。シンプルイズベスト。

スピーカーの方は質実剛健な作りでずっしりと重みがあり、共振したりはしなさそう。もちろん下にはインシュレーター付けて家具との共振は極力防ぐ努力はしていますが。

 

オーディオの再生環境は主にPS3からのラインをアンプに入力、スピーカーへ出力。

PS3でCDを再生してみてまず低音がとてもよく体に響いてくるのに気がつく。こればっかりはヘッドフォンではとても味わえないスピーカーの醍醐味だ。不快でなく、心地よい響き。

中音域も耳障りなく、ボーカルのみずみずしい音声が他の音域に邪魔されずそのまま伝わってくるよう。

高音域はこのレベルのスピーカーでは苦しい部分もあるか、と言ったところだけどまずまずに聴こえる。音が割れたりしないのは素直に評価できると思う。

スピーカーケーブルを付属品からオーテクのメートル500円のに変えてみたら心なしか音質が良くなった気が・・・プラシーボかもしれないけど

SACDの狂気を聴いてみた。駆け抜ける音や話し声、笑い声などの息づかいがその場にいるように感ぜられ、また途切れることのない連続した楽曲に包み込まれるようで、改めてスピーカーで聴くオーディオの良さを思い知った次第。あとやはり狂気は良い。SACDのマストバイだと思うね!

 

ん〜、数日間このアンプ+スピーカーで色々なオーディオ(CDとか、ゲームとか、映画とかアニメとか!)環境試してみたけど、やっぱりちゃんとした環境があるのは良いね!音が生き生きとしてくるよ!
買って良かったなあ・・・お財布には厳しかったけど。

これからはこの環境を元手にステップアップしていこう。

俺たちはまだ登り始めたばかりだ、この果てしないオーディオ坂を・・・!

 

☆コメント返信

>なんか分厚くnタイプPカッコイイー!(サッ

ペン入力も出来るしLOOX Uにだって負けませんよ!たぶん

Persona4 Original Soundtrack

P4のサントラ届いたー
でも夜に配達はどうよ佐川

うん、P3のサントラも良かったけどP4はそれに輪をかけて良くなった感じ。
特にテーマソングPursuing My True Selfと
通常戦闘曲Reaxh Out To The Truthは
ループでかけるとテンションも上がるので大好き。
付属冊子に楽曲解説もあって満足。
久々にいいサントラでした。
エヴィデイ・ヤンライフ・ジュ・ネ・ス!

Pure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS  購入

DSC00005






結局休講にはならず。ガク

それはそれとして、SACDのPure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICSを購入してしまいました。SACDとは端的に言うと超音質の良くなったCDのことです。
そしてこれはアクアプラス作品の曲をアコースティック楽器でアレンジして、96/24フォーマットで録音、DSDフォーマットにてミックスダウンして作成したという拘りのSACD作品。
PS3で再生、一通り聴いてみましたが、
本当に素晴らしい音質…!
音の厚みというか、豊かさが一般のCDと比べものにならないぐらいいです。
データの情報量が違うとこうも変わるものなんだなあとしみじみしてしまいました。
ギターの弦が撥ねる音も全然耳障りにならないし、ボーカルのある曲ではSuaraさんが耳元で歌っているよう。
ハイブリッドのSACD(通常音質のCDとしても聴ける)ので、もし買った人がいたら聴き比べてもらいたいぐらいSACDは素晴らしい。

収録曲で個人的にお気に入りなのは夢想歌と永久に。
聴いてるとなんだか癒されますね。
新曲のPOWDER SNOWもいい感じ。

今日は全くいい買い物したなあ。というかなんで今までコレに手を出さなかったんだろうと後悔orz。
SACD市場はだんだん縮小気味で一人でも買い支える人が多くないとこのまま…
もっとアニメ系、ゲームサントラ系が出ればいいんだけどな。
livedoor プロフィール
Flyable Heart
『Flyable Heart 応援中!』
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ